人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

18.強制生フェラ

 翌日から旦那は仕事だと言って会社に泊まり込みが多くて、徹夜明けに朝帰って来ることが多くなった。
 夜寝室で二人きりに成らないようわざと家に寄りつかなくなったのだと気が付いたけどもうどうにも成らなかった。
 どうやら旦那にセーラー服を着て迫ったのはまったくの逆効果で、すっかり自信をなくしてしまったらしい。
 そのうち旦那は会社に泊まり込んで家に帰らない日が続いた。
 旦那に理由を聞いてみると、もうすぐ納期なので追い込みでチーム全員が会社に泊まり込みだとか。
 自分だけ帰るわけにもいからと言われたけど、旦那が家に帰らないの理由は仕事だけとも思えなかった。
 私はもしかして浮気をしてるのではとまた心配な気持ちが沸いてきた。
 旦那の浮気の相手は芳恵さんが一番怪しい。
 そうなると芳恵さんに相談する訳にもいかない。
 他に相談相手はいないかと思いを巡らすとやっぱり男と女の事に詳しいのは旦那の叔父だ。
 さっそく電話して話を聞いてもらうと叔父も旦那は浮気をしてるのに間違いないと言い出した。
 叔父の知り合いに浮気調査を専門にしている友達が居るので旦那の様子を調べてみるよう頼んでおいてくれる事になった。
 昔からの友達だから金は安くして貰えるから叔父に言われて私は一安心した。
 浮気の調査を頼んだ翌日の夕方に叔父から電話があり旦那がラブホテルに入るのを見つけたから、一緒に二人で部屋に乗り込もうと言われた。
 相手の女性はセーラー服を着てるけど女子高生にしては化粧が濃すぎるし身体も大柄だから人妻らしいとの叔父の話。
 私はそれを聞いてすぐピンときた。
 やっぱり芳恵さんだ。
 黒のストッキングにガーターベルトをしてないか叔父に聞いてみるとやっぱりその通りだ。
 今時黒のストッキングにガーターベルトをしてる女子高生なんて居るわけ無い。
 となると芳恵さんしか居ない。
 芳恵さんと旦那の不倫の現場を問いつめたら、どうなるのかは私には見当が付く。
 この間パソコンを直してもらうなんて口実で二人の中を見せつけに来た芳恵さんだ。
 芳恵さんと私のどっちを取るかを旦那に迫ったりすれば、きっと旦那は芳恵さんに弱みがあるから芳恵さんを取ると言うに決まってる。
 そうなったら旦那にフェラチオしてでも奪い返すしかない。
 私だって本気になったらフェラチオくらいやれるのよ。
 どっちが色気があるかの勝負だったら私だってあの芳恵さんに負けてなんか居ないわよ。
 そう思うと元気がでてきた。
 旦那を奪い返すためならもうどんなことでもする覚悟で私は芳恵さんに絶対負けないように黒のガーターベルトと、黒のストッキングを着けて家を出た。
 叔父と一緒にホテルの近くで待ち合わせをすると、私は叔父と二人でホテルの部屋に乗り込んだ。
 なんて言ってとっちめてやろうと思いながらドアを開けて部屋に入ると、旦那の姿を探してベッドの上やバスルームを探して回った。
 しかし何処を探しても旦那も相手の女性の姿も部屋には見当たらない。
 私はもしかしてと思ってもう一度バスルームに入ってみた。
 バスタブの中を確かめてもやはり誰もいない。
 別の部屋と間違えたのかもしれないと思ってバスルームを出ようとすると目の前に叔父が立ちはだかった。
「男が欲しいんだろう、体が男を欲しがってたまらないんだろう」といいながら叔父は私に抱きついて来た。
 私は何とか身体を捻って後ろ向きになったけど狭いトイレで逃げ場所なんかない。
 叔父に押されて足がトイレの便器にぶつかってつまづいた所を叔父に後ろから抱きかかえられてしまった。
 いきなり叔父の舌が、私の耳たぶをなめ回して来たので私はびっくりして動けなくなった。
 叔父の手が私の脇腹を抱きかかえながらくすぐるようになで上げて来た。
 目眩がしそうになってトイレの便座に両手を付くと、叔父が低い声で私の耳元で囁きかけてきた。
「旦那がランジェリーパブで浮気してるなんて嘘なんだろう、本当は自分がランジェリーパブで男と浮気したいんだろう」
「毎晩でも男と遊びたいんだろう。だけどその前に面接があるからな」
「ランジェリーパブで働くなら生フェラが得意でないと勤まらないからな」
「面接が通るように俺がたっぷり生フェラのテクニックを仕込んでやる」と訳のわからない事を言いだした。
 本気で言ってるのか、遊びで思い付くままの出鱈目を言ってるのかこんな時の男の言葉なんかあてにはならない。
 ともかくなんとか手を振りほどこうとしたが、叔父に力一杯抱きしめてきたら女の力ではどうにもならない。
 叔父の手が私の胸を押さえつけてきつく押し回してくるともう息ができない。
 苦しくて目の前が半分暗くなった。
 急に体の力が入らなくなり足元から崩れ落ちそうになった時、今度はねっとりとした唇が私の首筋を嘗め回してきた。
 首筋なんか今まで旦那にだって一度だって嘗められたことなんか無い。
 ぬるぬるした舌先が首筋を震えながら動くたびに、首筋の筋肉がピクピクと痙攣した。
 舌先が首筋の一番感じる所を探り当てて来たらしくて、舌の動きに会わせて身体がピクピクと引きつってもう止まらない。
 叔父がテクニックを自慢するだけの事はあると私は自分の身体で思い知らされた。
 叔父が私のスカートをめくり上げると、下の黒いガーターベルトとレースのパンティーが丸見えになった。
「やっぱりだな、黒いレースのパンティーなんかはきやがって。ガーターベルトまでしてやがら。男が欲しくてたまらないんだろう」と叔父がいやらしい口調で私の耳元で呟くと私は一気に身体が熱く燃え上がった。
「たっぷり可愛がってやるぜと」と言い終わると、叔父の舌が今度は私の耳に絡みついてねっとりとした舌先が耳の穴を舐め回してきた。
 くすぐったくて気持ちよすぎるくらい気持ちいい。
 私は体から力が抜けて、もう叔父の体を押しのける気力も消えてしまった。
 私がもう逆らわないのを確かめると、叔父は私を後ろから抱きかかえていた両手を解いて今度は脇腹をなで始めた。
 くすぐるように指先を円を描いて廻しながら脇の下の窪みまで動かすと今度は、すこしずつくすぐる場所を変えながらお腹のおへそのあたりを撫で回してきた。
 丹念に場所を変えては反応を確かめて感じる所をさぐり当てると、わざとその場所を避けてじらしながら別の場所へと指先を動かしていく。
 最初はくすぐったいだけだった場所も、なんども叔父の指先が探り当てるたびに魔法にかかったように感じてきちゃう。
 次第にからだが熱くなって頭がぼっとしてくると、だんだんと息が苦しくなってきた。
 叔父の指先が次第にお腹の下の花芯近くまでたどり着くと、もう一方の手で胸を下から支えるように持ち上げてきた。
 軽く胸を揺すりながら、花芯を軽く指先で押さえると叔父は私の耳の裏に熱い息を吹きかけてきた。
 いきなり私の身体に稲妻が通り過ぎたような電流が流れると急に涙がこぼれてきた。
 身体を引き裂かれるような激しい電流が何度も私の身体を襲うと、今度は子宮の奥から熱い噴流が溢れ出して身体がいっきに熱く燃え上がった。
 息が苦しくて喉が詰まると、目尻が痛くなるくらいに涙が溢れて今度は身体が震え出して止まらなくなった。
 自分の身体に何が起きてるのか自分でもわからなかったけど、これから叔父に女の喜びを教えて貰えるんだと思うと嬉しくて胸がいっぱいになった。
 叔父に背中を押されて私は前屈みになってトイレの手すりに両手を付いた。
 スカートをたくし上げて腰のベルトに挟み込むと叔父は私のパンティーの股をひねって細くして上に引っ張り上げた。
 パンティーの股の生地が花園に食い込んでくると私はもう死んじゃいそう。
 私が堪らずに叫び声を上げると、叔父は私の反応を愉しむようにパンティーを何度も強く引っぱってきた。
 叔父にもてあそばれてるのは分かってるけど、止めてなんて言えない。
 叔父の手がパンティーをひっぱり続けながらもう一方の手で私の胸を下から掴んで揺すってきた。
 もうとても耐えきれなくて私は喉を詰まらせて何度も大きな叫び声を上げた。
 叔父の指が今度はパンティーの腰のゴムをつかんで一気に膝の下まで引きずり降ろした。
 花園が叔父に丸見えになって私は恥ずかしくて顔から火が出そう。
 すぐに叔父の指先が触れてくると、火箸が触れたような感触で私の花園は燃え上がった。
 私の濡れ具合を確かめて、叔父は後ろから私を責めてきた。
 奥まで一杯に届いて突き上げてくる感触は始めての経験。
 もう死んじゃいそうになりながら私は何度も喜びの声を上げ続けた。
 叔父は繰り返し私を責め立てると、急に身体を離した。
 私は身体から力が抜けてその場に座り込んで動けなくなった。
 しばらくして息が楽に成った頃を見計らって「おい、旦那に生尺したことあるんだろうな」と叔父が聞いてきた。
「生尺」と聞いてなんのことか分からないで私が困った顔をしてると「生フェラのことだ、生でフェラチオするんだ」と叔父がまた言った。
 そう言えばフェラチオの事を昔は尺八とか言ってたとかどっかで聞いたことがある。
「旦那にはした事ないです」とやっとの事で答えると「生尺しないで男が立つわけないだろう。俺がたっぷり教えてやるから今夜旦那にやってみろ」と叔父に言われた。
 確かにフェラチオされて立たない男はいないと芳恵さんも言ってた。
 生尺なんて言い方をする位だからよっぽど叔父は生フェラのことには詳しいに違いない。
 ここで叔父にフェラチオを教えてもらってフェラ上手になれば万事解決だと思うと急に気持ちが楽になった。
 叔父が立ってる前に向き直ると、目の前には見たこともないような立派な物がそそり立ってる。
 こんな凄いの口に入れるなんてことやって良いんだろうかと急に怖くなったけど今更断れない。
 勇気を出して頑張るしかないと自分に言い聞かせて、顔を叔父の腰に近づけた。
 だけどいったい何をどうすればいいのか分からない。
 叔父が「本当に初めてなんだな」と少し呆れた顔で声をかけてきた。
「まず最初は手のひらで下からすくって揺さぶるんだ」と叔父に言われてその通りやってみた。
 初めてさわる感触にちょっと驚いたけど、なるほど男の人の身体ってこうなってるんだと勉強になる。
「じゃあ、次は先っちょを軽く口に含んでみろ」と言われたけどとてもすぐには出来ない。
 なんとか頑張って唇に軽く触れるくらいに口に含むと、男の香りが鼻にきつく臭って顔を背けそうになった。
 叔父が腰を少し突き出した途端に、舌先に火傷しそうな感触が触れてきた。
 これが生フェラなんだと思った途端、身体が一気に燃え上がった。
 少しずつ舌先を動かしてみると先端のざらざらとした感触がここちよく伝わってくる。
 叔父に言われるままに、唇や舌や手のひらを使うと何だか楽しくて仕方なくて思わず笑みがこぼれてきた。
 自分でもいろいろ工夫してやってみると、上手く出来たときは叔父の身体が微妙に震える。
 一度好きになればもう夢中になっちゃうと芳恵さんもいってたけど確かにその通りだ。
「今度はベッドの上でやってみろ、その方が勉強になるだろう」と叔父が言い出した。
 言われてみると確かに旦那とトイレでなんかする機会は有るはず無い。
 叔父が先にトイレから出ると、私も腰を上げてすぐに後から付いていった。
 ラブホテルのベッドって初めて見るけど、ベッドの枕元にスイッチが一杯付いてる。
 ベッドが動くらしいと話には聞いてたのを思い出してなるほどと思った。
 丸いベッドもあるらしいけど、ここのベッドは安い部屋なので普通のベッドだ。
 叔父がベッドの上に大の字になって寝そべると私は叔父の広げた足の前にしゃがみ込んだ。
 ベッドの枕元は壁が全部鏡になってるので私はびっくりしてしまったけどラブホテルではこれが普通らしい。
 鏡に映った自分の顔は口がだらしなくて空いて、眉もゆがんだだらしない顔。
 自分でも自分の顔に驚いたけど、女は男に生フェラしてる時はこんな顔になっちゃうんだと自分でも納得。
 叔父に言われて、四つんばいの姿勢で前屈みで舌を使うと確かにこっちの方がやりやすい。
 試しに喉の奥まで入れてみると、苦しくて胃袋がひっくりかえりそうになった。
 思わず涙がこみ上げてくると「おいやめるんじゃない」と叔父に怒鳴られた。
「もっと喉の奥まで入れるんだ。胃袋まで飲み込んでみろ」と言われたけどそんなのできるはずない。
 言われたとおりにするしかないので頑張って奥までいれてみると、喉が詰まって息ができない。
 それでも奥まで飲み込んでみると今度は胃袋が裏返しになったように吐き気がこみ上げてきた。
 とても我慢できなくてすぐに奥から戻すとそれが男の人には気持ちいいらしい。
 目を上げて叔父の顔を確かめると、叔父も私の顔を見ていやらしい顔で笑ってる。
 女が苦しい顔をするのを見るのも男にとっては生フェラの楽しみの一つみたい。
「じゃあ、今度は上に載ってみろ」と叔父に言われて私はすぐには意味が分からなかった。
 叔父の身体の上に載ってどうやってフェラチオすればいいんだろう。
「どうするんですか」と聞き返すと女性上位の体位でやれということみたい。
 私が腰をかがめてなんとか叔父の上でしゃがむと、叔父が腰の動かし方を教えてくれた。
 女性が上になる体位って話では聴いたことはるけど始めての体験。
 今日はいっぱい新しい体験ができてなんだか嬉しくて仕方がない。
 しゃがみ込んだままの姿勢で腰を上下に動かすと、なんだか不思議な感触が下から突き上げてきて変な気分。
 腰の位置をいろいろ変えて試してみると、上手く奥まで入ってきて子宮がじんときた。
 叔父はあいかわらずベッドの上に大の字に寝そべるだけで、自分では腰を動かしもしない。
 なんだか物足りない気分だけど、繰り返し腰を動かしてるうちに何だか気持ちよくなってきた。
 天井を見上げて頭を仰け反らせたとき、急に叔父の身体が震えだしてきたので私はびっくりした。
 叔父がベッドの枕元のスイッチを押したらしい。
 くねるようにベッドが波打つと、急に叔父の腰が上に震えながら持ち上がってきた。
 こんなの初めてと思った瞬間に私の身体にも稲妻が走ったように痺れて震えだした。
 叔父が急にベッドの動きに併せて下から腰を突き上げてきた。
 思わず喉の奥から声にならない叫びを上げると、歓喜の熱い噴流が私の体中に溢れた。
 急に叔父が身体を起こすと、私の身体を抱きかかえて位置を入れ替えた。
 今度は私がベッドの上に寝そべって、叔父が私の足の間に座った姿勢。
 叔父が私の足首をしっかりと掴むと左右に広げながら顔を花園に近づけた。
 クンニをされるんだと思って身体が震えたとき叔父が「びしょ濡れだぜ、この雌豚」と酷い言葉を口にした。
「お前みたいなドスケベ女はランジェリーパブより、デリヘルの方が似合ってるぜ」と言うと叔父は急にベッドから降りてしまった。
 私はいったい何がどうなってるのか分からずに寝たまま叔父を見上げた。
 叔父はベッドの枕元からバイブを取ると、私の手に持たせて「あとは自分でやってろ」と言ってバスルームに入ってしまった。
 私はなんでこんな事になるのか分からなかったけど、叔父がすぐ戻ってきて私を可愛がってくれるとばかり思っていた。
 だけどシャワーの音がして、すくには叔父は来てくれそうにない。
 私は我慢しきれずにバイブを花園に押し当てると、急にまたベッドの動きが変わった。
 お尻の下から振動が伝わってきて私はもうとても我慢できなくなってバイブを自分でねじ込んだ。
 ベッドの動きが急に上下に揺れだしたので止めようと思って枕元のスイッチを適当にいじると、今度はバイブが奥でくねくねと動きながら先が回り出した。
 あっと叫び声を上げるまもなく、体中が痺れたように震えて止まらない。
 もう一度スイッチをいれると今度はベッド全体が激しく振動し始めた。
 私は息が止まって気が遠くなり、声が枯れるまで叫び声を上げた。
 気が付いてみるとベッドの振動は止まっていて部屋には誰もいない。
 バイブがまだ入ったままだったけどバイブの振動ももう止まっていた。
 ベッドから身体を起こして部屋の中を確かめてみたけど、バスルームにも叔父の姿はない。
 私をラブホテルの部屋に置き去りにして先に帰ってしまったらしい。
 ようやく気分が落ち着いてくると、自分でも何でこんな事をしてしまったんだろうと自分の行動が信じられない。
 叔父はたぶん最初から私を騙すつもりで、旦那の浮気の現場を見つけたと電話してきたに違いない。
 いくら旦那が浮気してるからと言って、自分が旦那の叔父と浮気なんかして言い訳無い。
 一度でも叔父と浮気なんかしたら、一度だけで済むわけはない。
 たとえ私が断っても、旦那にばらすと脅されて何度でも交際を迫られるにきまってる。
 だけど私の身体を叔父が満足させてくれるなら、それでも良いのかもしれない。
 叔父はあっちの方は結構強そうだし、男と女の事もいろいろよく知ってる。
 でも叔父がいつも相手にしてるのは商売女らしい。
 一通り商売女のやり方を仕込んであとは、叔父が自分が愉しみたいだけだ。
 タダでやらせる商売女と思われるのもしゃくな話。
 なんで私が叔父にタダでサービスしなきゃいけないのかまったく馬鹿馬鹿しい。
 どう考えたって私が馬鹿だったってことだ。
 部屋を出る前に服装と髪を直してから、もう一度ベッドに戻ると枕元に小さなビラが置いてある。
 手に取ってみるとデリヘルのビラ。
 私はさっき叔父がデリヘルのことを言っていたのを思い出した。
 この店で私にデリヘル嬢になって働けと言う事なんだろうか。
 それとも前の客がデリヘル嬢をこのラブホテルに呼んだとき置き忘れたんだろうか。
 気になったけど叔父がランジェリーパブの事をいろいろ知ってるって事は、デリヘル店のことも知ってるはず。
 私は気になってデリヘルのビラをバッグにしまった。

17.不倫疑惑<< ページトップ >>19.強制レイプ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII