人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

5.テレホンクラブ

 毛布を被って目を閉じると、さっき見た電車の中で痴漢にあっていた由香利さんの姿が目に焼き付いて離れない。
 スカートをめくり上げられて泣き出している顔は普通に女の子が見せる顔じゃない。
 私も痴漢にあってあんな顔をさせられたいと急に身体の奧から沸き上がってくる欲望が止まらなくなった。
 次に駅前のラブホテルに連れ込まれそうになってる女の子の後ろ姿が浮かび、そのあと公園のトイレの裏でフェラチオをさせられてる女の子の顔が目に浮かんだ。
 自分もあんな目に遭わされたい。
 ラブホテルに強引に連れ込まれたり公園でフェラチオさせられたり、そんな凄いことを無理矢理させられたいという欲望が子宮の奧から沸き上がって体中が熱くなった。
 私は指を一番感じる所に押し当てると、地下鉄で痴漢にあってる自分を想像した。
 押し回しながら指先を強く押し当てると、泉がわき上がるように快感が体中に広がった。
 私はもう止められなくなって、痴漢に追いかけられてトイレに連れ込まれるのを想像した。
 身体を押さえつけられて無理矢理前屈みにさせられて、さっきのテレビ見た公園でやってた人妻みたいに後ろと前から責められるんだ。
 口の中に一杯に押し込まれて息が出来ないくらい苦しくて、後ろからも思い切り奧に届くまで繰り返し突き上げられる。
 想像しただけで、体中が震えて止まらない。
 もうとても我慢できない。
 ベッドの中で足をいっぱいに開いて膝を立て、腰を上にかかげて上下に揺すった。
 だけど思ったようには、絶頂までたどり着けない。
 もうこれ以上は我慢できない。
 私はパジャマのままベッドから抜け出して、台所のゴミ箱まで行った。
 ゴミ箱の中には今朝出かける前に、郵便受けに入っていたテレクラのビラがあるはず。
 破いて捨てた切れ端を見つけると、今度は電話機の前まで行った。
 電話番号を確かめながら掛けてみると、すぐに男の声がした。
 ひとまず「今晩は」と言ってみると男から「よろしくね」とすぐに返事がきた。
「今どこから」と聞かれて「家からかけてます」と答えると「年幾つなの」とまた聞かれた。
 私はすぐにエッチな会話がしたくていちいち答えてなんかいられなくなった。
「私今日痴漢にあったんです、それも凄い痴漢なの、もう本当に凄くて」ととっさに思いついた作り話を始めた。
「指入れられたんだ」男から返事が返ってきた。
 もう何でもいいやと思って「そうなんです、回りを取り囲まれちゃって、スカートめくられて、奧まで触られたんです」と半分泣き声で演技をしてみた。
「じゃあ、いまエッチな気分なんだね」と男が畳みかけるように話しを向けてきた。
「そうなんです、私今夜このままじゃ眠れなくて」と私は思いきって言ってみた。
「今どんな格好してるんだ」と男のがすぐエッチな話しを切り出した。
「パジャマです」と答えると「すぐにパジャマを脱ぐんだ」と命じられた。
 もうどうなっても良いと私は半分やけっぱちの気分。
「はい」と答えてパジャマのズボンを膝まで降ろした。
「パンティも脱げ、脱いだら一番感じる所を指で押さえるんだ」と男の低い声が耳に響いた。
 腰が上下に引きつったように痙攣を始めると、止まらなくなった。
 なんども身体を仰け反らせて、体中を突き抜ける快感に身を任せていると時の経つのが判らなくなった。
「おい、今からすぐしゃぶらせてやるから、かもめ公園まですぐ来い」といきなり男の声がした。
 かもめ公園はさっき私が通り過ぎた公園だ。
 なんでかもめ公園が私の家の近くだってしってるんだろうと私は急に不安になった。
 私がすぐに返事を返さないで黙っていると「おいお前さっき、かもめ公園でのぞき見してた女だろうちゃんと判ってるんだからな」と男がまた言った。
 この男さっき公園で女にフェラチオさせてた男なんだろうか、そんなはずはない。
 だけどなんで私がさっき公園でフェラチオを見てたのを知ってるんだろうか。
 そうだきっと適当に作り話をして知ってるふりしてるだけなんだ。
 きっとそうだと私は自分に言い聞かせた。
「これからすぐお前の家まで行くから待ってろ、玄関を開けておけ」と男が怒鳴りつけてきた。
 私はに急に怖くなってすぐ電話を切った。
 さっき家まで後をつけられたんだろうか。
 そんなはずはない、誰か後をつけてきたかどうかは、ちゃんと確かめた。
 もしかして電話番号で場所がわかるのかもしれない。
 だけどそんなこと出来るはずないし、簡単には場所が判らないはずだし心配することはないはずと思い直してベッドに戻った。
 夜中近くに半分夢の中で玄関の開く音が聞こえた。
 ドタバタを騒がしい音がして男が数人、ベッドルームに入ってきた。
 やっぱりさっきの電話は嘘じゃなかったんだと思ったけどもう遅い。
 逃げようとしたけど、身体が凍り付いたように動かない。
 毛布が急に引きはがされると、いきなり両手を両足を縛られた。
 パジャマを半分脱がされて、足が大きく開いた姿勢で身体を押さえ込まれた。
 なんとかしようとは思ったけど身体が全然動かせない。
「このドスケベ女、構わないからやっちまえ」と耳元で男の声がした。
 何をされるのかは判っていたけど、助けを呼ぼうとしても声がでない。
 男の手が私の胸を掴んで乱暴に押し回してきた。
 痛くて目眩がしそうになり、そのまま気が遠くなった。
 朝になって目をさますと、まだ縛られていて身体が動かない。
 昨夜の男達がまだ部屋に居るんだと思うと、怖くて目が開けられない。
 だけど急に身体が軽くなってはっきりと目が覚めた。
 縛られているはずだと思ったけど、身体が妙に軽い。
 手を動かしてみると縛られているはずが自由に動く。
 よくよく確かめると寝る前のパジャマもそのまま。
 部屋にはだれもいなくて、縛られていたのはただの夢だったみたい。
 ズボンは膝の辺りに降ろされてるけど、自分で寝ながら降ろしたような気がする。
 だけど確かに真夜中で玄関でもの音がしたはず。
 パジャマ姿のまま部屋を出て玄関を確かめてみると、居間のソファーで旦那が昨日の服装のまま身体を丸めて寝ていた。
 夜中にタクシーで帰ってきたらしい。
 玄関での物音は旦那が帰ってきたときのドアを開けた音らしい。
 酔っているのでドアがなかなか開かなかったので大きい音がしたらしい。
 それで変な夢をみただけみたい。
「ちょっと」と私が声を掛けると旦那は自分が何処に寝ているのか気が付いて「俺なにもしてないからな、ホントに何もしてない」と急に言い訳を始めた。
 どうも酔った勢いで私に何かしようとしたらしい。
 それであんな夢を見たんだ。
 ちょっと腹がたったけど、ここで旦那に怒っても大人げない。
 よくよく旦那の服装を確かめると、ズボンの前が空いてる。
 昨日の夜ズボンの前を開けてそのままにしてるみたい。
 なるほどそうゆう訳ねと私は思わず笑いそうになった。
 旦那だって男、酔った勢いでエッチな事をしたくなる時もあるみたい。
 よくよく見るとパンツの下から突き出してる物がはっきり見えた。
 旦那が大きくなってるのを目にするのは本当にひさしぶり。
 おっきいのを目の前にすれば、私だってフェラチオくらいやってみたくなる。
 昨日公園で見たようなことやってみたい思ったけど自分から言い出せるわけ無い。
 私が「ねえちょっと」と言って胸を旦那の顔に押しつけたが旦那は気分が乗らないのか相手をしてくれない。
「昨日の夜はおそかったじゃない」とちらっとつっこみを入れてみる。
「俺なにもしてないからな、ホントに何もしてない」とまた旦那が言い訳をした。
 やっぱりエッチな事をしようとしたらしいのは間違いなさそう。
「このドスケベ女」という台詞も旦那が言ったらしいと何となく気が付いた。
 だけど夫婦なんだから、ちょっとくらい強引なこと位はしたって別に構わない。
「最近、冷たいのね。あっちのほうはご無沙汰じゃない」とまた遠回しに言ってみた。
 旦那は急に身体を起こすと「ビデオの編集急がないと」と言いだしてパソコンの部屋に行ってしまった。
 まったくいざと言うときには役に立たない旦那だと私はがっかりしてしまった。
 私は仕方なく台所でコーヒーを入れようとしたが何か変。
 昨夜洗ったはずのコーヒーメーカにコーヒーの粉が残ってる。
 誰か夜中にコーヒーを入れたらしい。
 それも二杯。
 旦那が二杯飲むはずはなく、誰か他に旦那の一緒に来た人がいるらしい。
 それが旦那がさっきから「俺は何もしてない」と言い続けてる理由らしいとピント来た。
 だけど旦那が内緒にしてる事を聞き出そうとしても旦那はしらを切るに違いない。
 私は黙って旦那の部屋にコーヒーを運んだ。
 旦那は脇目もふらずにパソコンの操作に夢中。
 私は邪魔をしないように旦那のパソコンの机にコーヒーを置いた。
 洗濯と掃除を一通りすませてまたパソコンの部屋に行ってみると、ビデオをパソコンに移し替えてバックアップをとる所まではすんだらしい。
 私は昨日の長崎君の事が気になって「それで長崎君はどうだったの」と聞いてみたが「たしか、あいつは用事があるとかで先に帰ったはずだったけどな」とあまりはっきりしない返事。
 旦那は長崎君が中浦二段にプロポーズしたのは知らないらしい。
 昨日の中浦二段の返事が気になって私は「プロに勝てる囲碁のソフトって作れるの」と旦那に聞いてみた。
 旦那はなぜ私がそんな事を聞くのかと怪訝な顔。
「ほら昨日、もう少しで中浦二段に勝てそうだったでしょう」と話しを向けると「あれは中浦二段が最初手を抜いてたから勝てそうになっただけだから」
「まあチェスだったらそこそこのソフトは作れるんだがチェスと囲碁は違うからなあ、まあ百年かかっても勝てるソフトはできないだろうな」と言うことなので私は長崎君がかわいそうに思えてきた。
 絶対出来るはずがないと分かっていて中浦二段があんな約束をしたのは断る口実とは言えずるい女だとちょっと腹がたって来た。

4.痴漢プレー<< ページトップ >>6.ビデオチャットの女

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII