人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

21.温泉調教

 温泉旅行の当日に旦那の車で待ち合わせの場所のファミレス前まで行ってみたけど、駐車場にはそれらしい人影はない。
 どうなってるんだろうと思っていると約束の時間に少し遅れて車が一台駐車場に入ってきた。
 助手席に乗っていたのは芳恵さんだが車を降りた人影を見て私はびっくりした。
 運転席のドアを開けて出てきたのはあのパソコンスクールの邦夫さんだった。
 なんで邦夫さんが芳恵さんと一緒なのかは判らないけど、芳恵さんが邦夫さんと付き合ってるってのは間違いない。
 いったいいつから付き合ってるんだろうか。
 この間玄関先で邦夫さんと芳恵さんがテレホンセックスした時なのか、それとももっと前からなのか考えてもわからない。
 芳恵さんの話しではたまたまお爺ちゃんがなくなったり、家族が病気になったりして予定してた友達がみんな来れなくなったとか。
 そんな都合のいい話しが有るわけ無いので、最初から邦夫さんが旅行に誘ったに違いない。
 もちろん旦那は邦夫さんなど初対面で一体誰なのか判らないできょとんとしてる。
「あ、この人ね、邦夫さんなの。有紀ちゃんはしってるけど旦那は初対面かも」と芳恵さんが言い出したので私はもう何も言えない。
 大学の時の先輩だと芳恵さんが説明したけど、しょうがないから私も知ってる先輩だということにして誤魔化した。
「もうお金払っちゃったし、キャンセルするともったいないでしょう」とか芳恵さんがいいはるので旦那も仕方ないといった顔。
 すぐに車で出かけようとすると邦夫さんが、「せっかくだから、有紀さんは私の車で行きませんか、その方がいろいろと話しもできますし、芳恵をそちらの車に乗せますから」と言い出した。
 困ったことになったと思ったが旦那も「ゆっくり話しができるだろう」と気を利かせてくれたつもりで特に反対はしない。
 邦夫さんが私の手をひっぱって車に乗せようとするので、私はしかたなく邦夫さんの車に乗った。
 東京の都内をでて、高速に乗ると運転も落ち着いてきたのか邦夫さんがいろいろと話しを始めた。
 私は不安な気持ちで適当に答えていたが、やっぱり話題はエッチな方に巧みに向けられて行った。
 邦夫さんとはビデオチャットしたときもいろいろとエッチな話しはしてるけど、二人きりで車の中で話すのとはやっぱり違う。
 最初は旦那との夜の夫婦生活の事などを遠回しに聞いてきたが、それだけで済むわけがない。
 初めてのオナニーや、初体験などわざと言いたくない事を言わせては面白がってるけど逆らえない。
 高校生の時に初めて痴漢に遭ったときの事を聞かれると、返事をしているうちにいろいろといやな事を思い出して身体が縮こまった。
「痴漢に遭ったときの事を思い出すと、やりたくなることがあるだろう」と邦夫さんが思わせぶりに話しを向けてきた。
 何の事かはすぐ判ったけど、うっかり本当の事など言えない。
「今すぐやりたいんじゃないのか。そうなんだろう」と言われたけど私は返事をしなかった。
「いつもどの指使ってんだ」とまた邦夫さんが思わせぶりな言い方で私をからかった。
 私はいつまでこんな話しが続くのかと思ったけど我慢するしかなかった。
 邦夫さんが「指を使いたい気分だろう」とか言って今すぐやらせるつもりなんだろうと思うと胸がどきどきして来ちゃう。
 だけど邦夫さんはエッチな話しを続けるだけで、なかなか「今すぐ指を使え」とは言い出さない。
 わざと私を焦らしてるんだろうとは判っているけど、次第に身体が熱くなってくのは自分でも止められない。
 車がサービスエリアに近づいたとき「ところで有紀さんプレゼンがあるんですよ」と言って邦夫さんが小さい箱を取りだした。
 ピンクのリボンで包んではあるけどネックレスや指輪にしては箱が大きすぎる。
「今すぐあけて下さい、有紀さんの大好きな物ですよ」と言われて嫌な予感がしたけど、開けてみるとやっぱりバイブだ。
 小さめのバイブは、インターネットの通販でも見たことがあるけど、リモコン操作で振動する調教用バイブらしい。
 こんなのつけさせられたら大変だと思ったけど、もしかして芳恵さんも同じ物をつけさせられてるのかもしれないと思ってはっとなった。
「今度のサービスエリアで止まったとき、トイレでつけてきてもらいましょうかね」と邦夫さんが遠回しな言い方をしたがうっかり断れない。
「そうだ、ついでにパンティーは脱いできて下さいな」とまた邦夫さんに言われたけど、言われた通りにしないとどんな目に遭うのか判ったものじゃない。
「ちゃんと脱いだ証拠に、私の携帯に写真を送ってくるんですよ、必ず送って下さいね、もちろんバイブを入れてパンティーを脱いだ証拠写真ですよ」と邦夫さんに念を押された。
 なるほどそうゆうことなのかと思ったけど逆らえるわけ無い。
 しばらく走ってサービスエリアの駐車場に車が止まると、バイブの入った箱を持って外にでた。
 トイレの方に歩き出すと、ちょうどすぐ隣に止まった車から女性が降りてくる所。
 紫色の超ミニスカートに真っ赤なレースのブラウスは見覚えがある。
 ランジェリーパブのママをしてる京子さんと同じ服装だ。
 私はてっきり京子さんだと思って声をかけそうになったけど、うっかり邦夫さんの前で京子さんに話しかけたりしたら大変だと気が付いてやめにした。
 女は黒いサングラス越しに私の顔をちらっとみたけど、知らん顔で先に歩き出した。
 邦夫さんは自動販売機の前で旦那となにか話してる。
 芳恵さんもトイレに行くので私は慌てて芳恵さんを追いかけた。
 トイレの個室でパンティーを脱いでバイブを入れると、小さなバイブはちょうど花芯とGスポットを挟みつける格好ではまった。
 携帯で写真を撮って邦夫さんの携帯に送ると、私は震える足で外に出た。
 トイレからでて、旦那と邦夫さんと合流して自動販売機のお茶を飲みながら時間をつぶしてると、邦夫さんが携帯を出した。
 さっき私がメールで送った写真確かめてるんだと判ったけど何も言えない。
 旦那は邦夫さんの携帯には無関心に売店の土産物を見ていたので私はほっとした。
 私たちはしばらく休んでからまた車に戻った。
 さっきの京子さんらしい女が降りた車を横目でみると何だか変。
 注意してみると、運転席の男性の腰に横に座った女が頭を近づけてる。
 男に生フェラしてるらしいと気が付いて私は心臓が飛び出しそうになるくらい驚いた。
 邦夫さんも気が付いたらしいけど平然とした態度で知らん顔してるだけ。
 この女わざと私に見せるために生フェラしてるらしい。
 運転席の男の顔を確かめてみたけど、なにか考え事でもしてるみたいに遠くを見てるだけ。
 私は邦夫さんが車のドアを開けてくれたのでまた助手席に戻ろうとしたけど、パンティーを履いてないのが気になってしっかりと足を閉じて座った。
 先に旦那の車がでると、邦夫さんが旦那の後から車を走らせた。
 車がまた高速を走り始めると、すぐとなりに宅配便のトラックらしい車が並んで走り始めた。
 高い座席の運転席からはちょうど私が座ってる助手席が見下ろせる。
 車が混んでいるのかしばらく一緒にトラックが走り続けると携帯の呼び出し音がした。
 旦那からだと思って携帯をバッグから出したけど呼び出し音が旦那の音じゃない。
 もしもしと言って返事をしてみたけど、相手が誰か判らない。
「このドスケベ女」といきなり言われて私はびっくりして「なんの事ですかと」と思わず返事をすると「窓から外を見てみろ」と言われた。
 窓の外にはさっきから並んで走っている宅急便のトラックしか思い当たる物はない。
 変だと思って運転席を見上げると、運転手が携帯を持ってなにかしゃべってる。
「おい俺だどこ見てんだ」と携帯から声が聞こえてやっぱり電話してきたのは隣のトラックの運転手らしい。
「このドスケベ女、パンティー履いてないんだろう」と運転手に言われて私はどきっとした。
「掲示板にこれからオナニーしたいんです」って書いた女はお前だろうと言われてさっき邦夫さんが掲示板に投稿したらしいと気が付いた。
 急に体中に寒気がして背筋が寒くなった。
「スカートをめくって足を広げるんだ」と携帯の男の声が私の耳に響いた。
 私が横目で邦夫さんを見ると、邦夫さんは前を見て車を運転しながら「言われた通りになでも従いなさい」とやけに丁寧な口調で呟いた。
「スカートを腰までめくり上げるんだ」と携帯からまた男の声が聞こえてきた。
 私はどうしていいのか判らずに黙って男の声を聞いていた。
「この雌豚、旦那に写真をメールで送ってやるぞ」とまた男の声が聞こえて私は慌ててスカートの裾に手をかけた。
「そのまま腰の上までめくり上げろ、さっさとやるんだ」と男に命令されて私は仕方なく震える指でスカートの裾を掴んだ。
 そのままスカートを腰の上までめくると、花園の黒い茂みが丸見え。
「やっぱりパンティー脱いだってのは本当なんだな」とまた携帯から男の声がした。
 私は目に涙がこみ上げてきて、返事ができなかった。
「今度は、指をつかってもらおうか、いつもやってるんだろう」と男に言われて私はもう逆らえなかった。
 男に命じられるままに足をいっぱいに広げて指をなぞるように動かした。
 くすぐったいような快感が花園を捕らえると急に縮こまるように力が入って震えた。
 花園の奥でバイブが押しつぶされると位置を変えて奥まで届いてきた。
 小さな震えが繰り返しながら、次第に強くなるともう止まらなくなった。
 奥に入れたバイブが、まるで暴れ回るように位置を変えて感じる所を刺激してくる。
 涙がこらえきれなくて、携帯から聞こえる男の声も耳に入らなくなった。
 しばらく走って急にトラックがスピードを速めて目の前を遠ざかっていった。
 私はやっとほっとした気分でスカートを直したが腰の震えはしばらくは止まらなかった。
 邦夫さんが車のスピードを緩めるとすぐにサービスエリアが見えてきた。
 またしばらく休憩して、私が邦夫さんの車に戻ったとき急に携帯にメールがあった。
 さっきのトラックの運転手からで「今すぐ生フェラしてもらおうか」とメールに書いてある。
 メールには運転席から私を見下ろして取った写真も一緒に送られてきた。
 運転席の邦夫さんにメールを見せると、邦夫さんは顔色一つ変えずに車のアクセルを踏んだ。
 少し先の駐車場に見覚えのある宅急便のトラックが止まっているのが見えた。
 邦夫さんがトラックのすぐ横に車を止めると、トラックの運転席のドアがあいて運転手が姿を見せた。
 旦那の車はもう先にサービスエリアをでてもう見あたらない。
 もうやるしかないと私は必死で口を開けて運転手の腰に近づけた。
 汗臭い臭いが鼻をついて思わず顔を背けたけど、逃げられるわけ無い。
 やっと許して貰えた頃には私の身体は震えが止まらなくなっていた。
 私の目の前でトラックが先に発車すると、私は邦夫さんの車に戻った。
 邦夫さんは何も無かったような顔で車をまた高速に走らせた。
 このあとまた何をされるんだろうと不安で胸が一杯で心臓がドキドキしてもうどうにもならなくなった。
 横をトラックが通り過ぎるたびにさっきのトラックかもしれないと思って身体が縮こまった。
 だけど何も起きないまま、車は高速を降りて山道を登り始めた。
 曲がりくねった細い山道を鬼怒川までドライブすると、温泉旅館に着いた。
 随分と立派な旅館で、見た目はホテルみたいな作り。
 仲居さんに和室に案内されて取りあえずお茶で一息ついた。
 案内のパンフレットを見てさっそくお風呂に入りたいと芳恵さんが言い出した。
 それならいいお風呂があると言って、邦夫さんが混浴の露天風呂に誘った。
 芳恵さんが露天風呂に行きたいと言い張るので、みんなで行くしか仕方ない。
 丹前に着替えた後4人で長い廊下を歩いて外の露天風呂に行った。
 旦那は恥ずかしそうにして、腰にタオルを幾重にも巻き付けてたけど、邦夫さんは平気な顔で風呂に入ると腰に巻いたタオルを半分どけてしまった。
 こんな所でと思ったけど邦夫さんは平気な顔で私と芳恵さんの反応を見て愉しんでる。
 しばらくして、女性が一人更衣室から湯船に入るのが見えた。
 他に客がいないと思ったのか、前も隠さずに丸裸なので私はびっくりした。
 男の人がいるのにと声をかけようかと思ったけど、タオルも持たずに湯船に入ってるのを見ると何も言えない。
 湯船の中を歩いてすぐ近くまで来たけど、眼鏡をかけてないから見えないんじゃないのと芳恵さんが言うのでそうかもしれないと思った。
 何度かお湯を手ですくって顔を洗う仕草を見て私は見たことのある顔だと気が付いた。
 あの東大の五月祭の時に長崎君にプロポーズされた女流棋士の中浦二段みたいだ。
 中浦二段の後ろから男性が一人近寄ってくるのが見えた。
 びっくりして見ていると、男性は中浦二段の知り合いらしくて二人でなにか話してる。
 男が湯船に入ると、中浦二段の前に立ったので私は湯船から飛び出しそうなくらいに驚いた。
 男が腰を中浦二段の顔の前に押しつけるように近づけてる。
 こちらからは男の後ろ姿しか見えないけど、生フェラしてるに違いない。
 芳恵さんもさすがにびっくりした顔で、男の背中を見ている。
 旦那は何が目の前で起きてるのか理解できないらしくて平気な顔であらぬ方向を見てるだけ。
 しばらくして男の腰が前後に小刻みに動くと急に止まった。
 腰の動きからして、中浦二段の口の中に出したのは間違いなさそう。
 みんなの見てる前でなんて事をするのかしらと思って芳恵さんを見るとやっぱり同じ思いらしくてあきれ顔。
 男が先に湯船から出ると、中浦二段も後を追うように湯船から出て行った。
 お風呂から出た後部屋に戻ると、マッサージを呼ぼうと邦夫さんが言い出した。
 来たのは女性のマッサージ師だったので旦那はちょっと困った顔をしている。
 私はてっきり邦夫さんと旦那がマッサージを受ける物とばかり思ってたけど邦夫さんは芳恵さんにマッサージを勧めた。
 旦那も芳恵さんにマッサージを勧めたので芳恵さんは畳の上に寝そべった。
 私も邦夫さんに勧められて芳恵さんの横に並んで寝そべった。
 マッサージ師の女性は見た目は普通のおばさんだけど、指が太くてマッサージ師らしい手をしてる。
 マッサージなんて旦那にもしてもらったことなんか無いけど、肩や腰を揉んでもらうと結構気持ちが良い。
 なんだか気分がぼんやりとして半分寝ながらマッサージを受けた。
 しばらくしてマッサージが終わった後、マッサージ師の女性にオイルマッサージを勧められた。
「女性の方は、オイルマッサージはとっても気持ちいいんですよ」と言われて困ってしまった。
 邦夫さんが勝手に「じゃあお願いします」と返事をしてしまったのでもう断れない。
 丹前を脱いで下さいと言われて、旦那はばつが悪そうに「俺ちょっとまたお風呂に入ってくる」と言って出て行ってしまった。
 マッサージ師の女性は、手にたっぷりと香油をつけて私の身体を揉み始めた。
 指先が肌の上を油で滑る感触は柔らかくて結構気持ちいい。
 しばらくしてマッサージ師さんは、四角い箱を取りだした。
 取っ手が付いていて、スイッチを入れるとプーンと音を立てて動き出した。
 マッサージ用のバイブらしいけど、大人のオモチャなんかより振動が凄い。
 手慣れた手つきでバイブを使ってマッサージ師さんは私と芳恵さんを虐め始めた。
 ようやくマッサージが終わると芳恵さんは身体が震えて立てなくなってる。
 私が立ち上がろうとすると、芳恵さんがいきなり私に抱きついて唇を重ねてきた。
 芳恵さんの身体はオイルでべっとりしていて、身体が重なると滑って気持ちいい。
 芳恵さんが私の身体の上から強く胸を押しつけてきた時に旦那が部屋に入ってきた。
 旦那は何が起きてるのか判らなくて困った顔をしてまたすぐ部屋から出て行ってしまった。
 しばらくして仲居さんが夕ご飯のお膳を部屋に用意した頃に、旦那が部屋に戻ってきた。
 お酒も勧められて、旦那も滅多に飲まないお酒を飲んで顔が赤くなってる。
 夕食の後邦夫さんに、この旅館では面白いショーがあるからと誘われた。
 宴会場に行くと舞台には頭に毛糸のスキー帽をかぶせられた女性が、変な格好をしている男に鞭で打たれてる。
 調教師の男は皮で作った半ズボンに皮でできた穴だらけのシャツを着て、やはり皮のお面をつけていてる。
 調教師が女を怒鳴りつけながら鞭を振るうと、泣き叫ぶ声が部屋一杯に響き渡って、耳を塞ぎたいくらい。
 観客の男の人達はお酒もはいってるせいか「もっとやれ」と声をかけたりして盛り上がってる。
 女の人も何人かいるけど、目のやり場に困って下を向いてるだけ。
 芳恵さんもいっしょに来てるはずなのに見あたらない。
 男が鞭を振り上げる度に、風を切る鋭い音がして、女性のお尻に叩きつけられてるのは目の前で見てるとすごい迫力。
 お尻は紫色に腫れ上がり、とても見ていられない。
 旦那は平気な顔をして「あれはショーだから痛くないように打ってるんだ、お尻のあざもお化粧用のアイシャドーかなんか使って色つけてるだけだから」と平気な顔。
 しかしあまり趣味のよくなショーだと思ったらしく、ずっと目をそらせていた。
 しばらくして調教師の男が鞭を休めると、女は膝を着いて四つんばいになりすすり泣きを始めた。
 本当に泣いているにしては声が大きすぎるので演技で泣いてる振りをしてるらしい。
 不意に宴会場の客から「俺にもやらせろ」と声がかかると、数人のサラリーマン風の男が舞台に上がった。
 皮の衣装を着た調教師に鞭を渡されて、男達はかわるがわる鞭を使っては歓声を上げていた。
 男達が四つんばいになった女のお尻を観客の方に向けると、花園が丸見えになった。
 うす紫色の花園の両脇にタトゥ−が小さく入れてあるのが見えた。
 蛇が絡み合った模様は不気味で何を意味してるのか判らない。
 旦那はそれを見てひどく機嫌が悪くてすぐにでも出て行きたい様子だった。
 不意に鞭を持った男が客席から今度は女性の手をひっぱりあげた。
 紫色のミニスカートに赤のブラウスは、昼間サービスエリアで生フェラしてた女だ。
 なにか大声で叫んでるけど何を言ってるのか判らない。
 調教師に手をねじり上げられると、女はそのまま舞台までひっぱりあげられた。
 すぐに頭にスキー帽が被せられて顔は判らなくなった。
 スカートを膝まで降ろされると、下にはパンティーを履いてない。
「このドスケベ女」と男が大声で怒鳴りつけると、鞭の音が響いた。
 女の叫び声が宴会場いっぱいに響き渡ると、すぐに女は泣き出した。
 旦那はとても見ていられなくて、もう帰りたくてもじもじしてるけど邦夫さんが引き留めて立ち上がらせない。
 ようやくショーは次の出し物になって、音楽に合わせ銀色のスパンコールの衣装の女の子達が踊り始めた。
 邦夫さんがやっと「あとは見てもつまらないから帰りましょう」と言ってくれたので私達は部屋に戻ることにした。
 部屋に戻ってみると私たちが居ない間にもう布団の用意が出来ていた。
 まだ寝るには早い時間なので、邦夫さんがビデオを見ようといいだした。
 ロビーでレンタルビデオが借りられるからと言って邦夫さんが旦那と部屋をでていった。
 だけど旦那は浮かない顔で手ぶらで戻ってきた。
 旦那の話では、普通のビデオは無かったから借りてこなかったという話し。
 普通のビデオがないという事はアダルトビデオしか無かったという事みたい。
 邦夫さんが借りてきたのはやっぱり「人妻温泉調教」という題名でアダルトビデオらしい。
 さっそくビデオプレーヤに入れてみると、テレビの画面に映ったのはアダルトビデオにしてはちょっと変。
 人妻らしい女性が、縛られて鞭で打たれてるのを延々と撮したビデオで、さっき宴会場で見たのとよく似てる。
「どうです、すごいでしょう、さっきのよりもっとすごいんですよ、有紀さんもこうゆうの好きだってさっきで車で話してたんですよ」と邦夫さんが言うので私は困ってしまった。
 しばらくさっきの宴会場と同じような場面が続いたあと、急に場面が変わって縛られた女性が宙づりにされて、ぐるぐる回されながら蝋燭を垂らされる場面が始まった。
 女性がすすり泣きを続けながら、とぎれとぎれに悲鳴を上げる情景はすごい迫力。
 旦那はさっきよりは少しは興味があるみたいで、邦夫さんがいろいろと説明してくれるのに聞き入っていた。
 こんなビデオを旦那に見せられても困るのにと思ったけど、邦夫さんはビデオを全部旦那に見せるつもりらしい。
 私と芳恵さんはしかたなく一緒にビデオを見つづけた。
 ようやくSMビデオも終わって電気を消してもらって寝ることができたので私はほっとした。
 真夜中になって、なんだか変な声が聞こえるので私は目が覚めた。
 女性のすすり泣く声がかすかに聞こえてくる。
 もしかして邦夫さんが芳恵さんに変なことをしたのではと気になったが邦夫さんは、旦那の横の離れた布団で寝込んでいてそんな気配はない。
 枕元のすぐ横で聞こえてくるすすり泣きは、芳恵さんらしいと判ったけどなんで夜中に泣いてるのか判らない。
 芳恵さんが息をかすかにふるわせてすすり泣く声は明け方まで聞こえた。
 朝早く朝風呂に誘うと、芳恵さんは少し気分が落ち着いた様子で一緒に朝の風呂に入る事にした。
 芳恵さんは女同士なのに体を見られるのがいやらしくタオルを体に巻いたまま着替えをしていた。
 朝早くの露天風呂は風呂はお湯も透き通って見えて、入浴客も少なくて快適だった。
 だが私達がゆっくりとお風呂に浸かっていると、数人の男性が入ってきました。
 男達は私達に気が付くと、わざと近くにきて湯に浸かり始めました。
 昨日宴会場で一緒だった男の人達らしくて、昨日のショーの話しをしてるのが聞こえてきた。
 わざと私たちにも聞こえるように大きな声で話してるらしくて大声で笑いながら奇声をあげてる。
 私達はせっかく気分良くお湯に入っていたのに、いやな気分になった。
 部屋に戻ってみると、旦那の寝床は空で荷物もなくなっていた。
 邦夫さんが部屋でテレビを見ながら「旦那なら会社からさっき連絡があって客先で急なトラブルになってすぐ車で帰ったよ」と事情を話してくれた。
「どこに行ったのか分からないから、帰ったら話しといてくれと頼まれてね」と言われて、私は芳恵さんと二人だけで露天風呂に入ったのをした後悔した。
 朝の食事の後は近くの牧場まで行って時間をつぶして昼食のあとはドライブをしてから旅館に戻った。
 車の中は邦夫さんと私と芳恵さんだけでなにか変なことになるのじゃないかと心配だったけど結局旅館に戻るまで何事も起きなかった。
 夜になり食事も済むと、隣の部屋のサラリーマン風の男性が麻雀を誘いに来た。
 昨日宴会場で女性のお尻におもしろがって鞭を当てていた男達で、今朝露天風呂でも一緒だった顔ぶれだ。
 芳恵さんは、いやな顔をしていたが邦夫さんは「ちょうど退屈してたんですよ」と気軽に返事をした。
 隣の部屋に入ると麻雀をしながら、男達は昨日のショーの話しを始めた。
「思い切り叩きつけてやったら悲鳴を上げてやがる、もっと強く叩いてやるんだった。あの女よっぽど好きなんだな」と誰かが話すと「そうなんですよ、痛ければ痛いほど喜ぶんですよ」と邦夫さんが知ったような口ぶりで相づちをうってる。
 私と芳恵さんは麻雀の事など分からないので、男達が麻雀をしているのを側で見ているだけだった。
 邦夫さんが調子に乗って「負けたらこの女の身体で払いますから」と言うと他の男がいっせいに笑った。
 冗談で言ってるのか本気なのか、私は聞くのが怖くて黙ってた。
 しばらくして麻雀をしていた男が一人立ち上がって、横で見ていた私と芳恵さんに「試しに麻雀で遊んでみないか」と声をかけてきた。
 さっき「負けたら身体で払わせる」とか邦夫さんが言っていたのでうっかり誘いには乗れない。
「やり方なら教えてやる」としつこく誘われてしかたなく芳恵さんが男の座っていた席に入って麻雀を始めた。
 初めてすぐに芳恵さんが凄い手で勝ったらしくて芳恵さんはすっかり上機嫌。
 その後も芳恵さんが勝ち続けて、すっかり夢中になってる。
 だけどだんだんと思うようには勝てなくなって来た様子。
 わざと最初だけ芳恵さんに勝たせるのが男達の魂胆だったらしい。
 しばらくして芳恵さんが大負けしたらしくて男に何か言われて涙ぐんでる。
 男はしつこく「身体で払え」と言ってるらしいけど本気で言ってるのかそれともお金を出させるために脅してるのか本心は分からない。
 邦夫さんは横で見てるだけで何も言ってくれない。
 しかたなく芳恵さんが財布からお金をだして男に渡してるけど結構な金額だ。
 男達が「これじゃあ足りない」と何か言うと「どうすればいいんですか」と芳恵さんが聞き返した。
「自分で考えろ」と男に言われて芳恵さんは「パンティー買って下さい」と言い出したけど「パンティーなんか金になるわけ無いだろう」と言い返された。
 芳恵さんは諦めた顔で座布団に座って両足を広げて、自分で胸を揉みながら丹前の上から花園を何度も撫で上げた。
 何度か喘ぎ声のような苦しそうな息を吐き出すと、腰をゆっくりと上下に動かし始めた。
 なんでこんなことさせられてるのか訳が分からないけど、邦夫さんには逆らえないらしい。
 繰り返し大きく喘ぎ声をあげながら身体をくねらせ続けると腰の震えが止まらなくなった。
 喉の奥から絞り出すような叫び声をあげて身体を仰け反らせると芳恵さんの身体は力尽きたように動かなくなった。
 男達はそれで満足したようで、それでお金の話しはすんだので私はほっとした。
 もう面白くないと思ったのか麻雀はそれで終わりになった。
 だけどまだ他に面白い事があると言って引き留められてすぐには部屋には帰して貰えない。
 男の一人がビデオカメラを取り出して「昨夜面白いビデオ撮ったからお見せしますよ」と言ってビデオカメラをノートパソコンに繋いだ。
 パソコンの画面にはすぐにビデオの画像が再生された。
 昨日の夜に宴会場でやってたSMショーを撮影したらしくて女の泣き叫ぶ声も一緒に録音されてる。
 下の角度からズームレンズを使ってカメラをあおるように撮ってあるので、花園がはきりと映っている。
 花園の両側の蛇の模様のタトゥーが大きく映って気持ち悪いくらい。
 男の一人が「いまこれインターネットにつなぎますから、インターネットに投稿するんです、投稿ビデオのページにね」と言い出した。
 小さなノートパソコンをいろいろいじっていると、ビデオ投稿のページにすぐつながった。
「ほかにもいろいろ投稿ビデオあるんですよ、みんなモザイクなしの本物ですよ」と言いながら男がホームページをいろいろ説明しだした。
「いいから早くアップロードしろ」と男の一人に言われて、パソコンをいじっていた男が画像をアップロードしようと操作を始めた。
 するとそのとき急に「お願いやめて、お願い」と芳恵さんが泣き出しまた。
 麻雀のテーブルの横にしゃがみ込んで泣き出した芳恵さんを男達が不思議そうな顔をしてしばらく見ていた。
 しかしその次の瞬間に男の一人が芳恵さんの浴衣をめくり上げた。
 浴衣の下には紫色の縞模様のアザがお尻に大きく広がっていた。
「おい、この女、昨日の女だぜ」と男達が声を上げた。
「このビデオをインターネットにアップロードされたくなかったら、言うこときいてもらうからな」と男達が脅すような口調で言い捨てた。
 私は邦夫さんがなにか言ってくれると思ったが「この女は私の奴隷ですからお好きにして下さい」と言うのを聞いて私は声もでなかった。
 邦夫さんが私を指さして「そっちの女もご自由にどうぞ」と言うのを聞いて私は寒気がして凍えそうになった。
 芳恵さんは必死で部屋から逃げ出そうと四つん這いでドアまで進もうとした。
 その途端に急に芳恵さんが悲鳴を上げて真上に身体が飛び上がると、床に倒れ込んだ。
「おい判ってるのか逆らったらどうなるのか」と邦夫さんがどなると芳恵さんは返事もできなかった。
 私はいったい何があったのか判らなかった。
 邦夫さんは私の顔を見て、小さなリモコンの装置を見せた。
「これがなんだか教えてやる、このリモコンで低周波バイブが動くんだ」
「一万ボルトの高電圧のパルスで、子宮が感電しするように作ってある」
「逆らえばこのスイッチをいれるから、この女は俺には絶対逆らえないんだ」と邦夫さんが得意げに話した
「インターネットの通販で簡単に手に入るんだ、最近は技術がすすんでるからな」と邦夫さんに言われて確かに見たことがあるような気がした。
「お前にもこれを入れてやる、それがいやなら何でも俺の言うことを聞くんだ」と邦夫さんに言われたらとても逆らえない。
「何でも言う通しますから、それだけは許して」と邦夫さんにお願いするしかなかった。
「これから露天風呂に行こうか」と男の一人が声をかけた。
 それで話しは決まったらしくて、男達が丹前を着直してタオルを手にしてる。
 渡り廊下を歩いて混浴の露天風呂に行くと、夜遅いせいかあまり客はいない。
 私はタオルで身体を隠そうとしたが、男にタオルを取り上げられて丸裸にされた。
 芳恵さんも諦めて身体に巻き付けたタオルを男に渡してる。
 温泉のお湯の置くに女性客らしい姿が見えてはっとした。
 裸を見られるのは恥ずかしいけど、男性に見られるよりはまし。
 ひとまずお湯に入って一息つくと不意に男が私の前に立った。
 そそり立ったものを私の目の前に自慢げに見せびらかすと先端を唇に押しつけてきた。
 私の隣でも芳恵さんが同じ目に遭ってる。
 少し遠くから女性客がなにか話してるのが聞こえて私は恥ずかしくて死にそうな気分。
 女性達は卒業旅行の女子大生らしくて、いつの間にか人数が増えてる。
 なんでこんな事になるのと思いながら私は必死で舌を使った。
 口の中で逞しさと固さを増していく男性を舌先で感じると、体中が一気に熱くなった。
 思い切って喉の奥までむさぼると、男は焦らすように腰を引いた。
 すぼめた唇で先端をしゃぶると、またすぐ男が奥まで押し込んできた。
 露天風呂を出た後は「面白い所に行こう」と誘われて旅館を出た。
 旅館の前の坂道を降りてしばらく行ったところの角を曲がると、すこし後ろに女の子達が歩いてるのが見えた。
 さっきの露天風呂の女子大生が私達の後から付いてきてるらしい。
 角を曲がった先には、けばけばしい看板が見えた。
 赤と青のネオンサインには、ストリップの文字が読める。
 受付から中に入ると暗い部屋はやっぱりストリップ劇場。
 うるさいくらいの大きな音楽が響いて舞台では派手な衣装の女の子が踊ってる。
 昨夜宴会場でショーをやっていた女の子達はここから来ているらしい。
 なんでこんな所に連れてこられたのかしらと思ってしばらく踊りを見ていると、踊り手の女の子は順に服を脱いで最後に全裸になった。
 大きく足を広げて、腰を前に突き出すような格好で花園が丸見えになってる。
 客の男達はよく見えるようにとかぶりつきに集まると、さっきの女子大生達が壁際に大勢並んでいるのが見えた。
 旅の恥は掻き捨てということで、普段だったら来れないストリップ劇場に遊びにきてるらしい。
 場内に男の声で何かアナウンスがあると、かぶりつきに寄りついて居た男が何人か舞台に上がった。
 温泉客らしい男達は酒に酔った顔で、見ていても足元があぶない。
 ズボンを脱いで下半身を丸出しにするともう我慢しきれないのか、いきり立って大きくなってる。
 もう待ちきれないのか最初の男がいきなりトリップ嬢の上に重なって腰を使い始めた。
 すぐにストリップ嬢が悲鳴を上げて狂ったように腰を振り始めた。
 男の腰の動きにあわせて巧みに腰を上下させるとすぐに男の腰の動きが早くなった。
 私は目の前で起きてる事が信じられなかったけど、温泉場のストリップ劇場では普通のことらしい。
 生板ショーとかいうがストリップ劇場の前にあったけどこの事だったみたい。
 私はびっくりして事の成り行きを見守っていると、客の男が順に舞台に上がっては歓声を上げて楽しんでる。
 ストリップ嬢の大げさに泣き叫ぶ声はわざとらしくて演技だとすぐ判るけど男にはその方が楽しいらしい。
 最後にはストリップ嬢の身体が仰け反って激しく震えだすと止まらなくなった。
 観客席の壁際で見ていた女子大生達も、びっくりして声も出ないのか立ちつくしてるだけ。
 それでもしっかりと目をそらさずに舞台の方向を見てる。
 一通り男達の順番が済んだ後は、今度はストリップ嬢が寝そべった男の上にしゃがみ込んで左右に立った男の腰に口を使い始めた。
 交互に舌を使いながら、その合間に喘ぎながら叫び声をあげるのは随分と大変そう。
 男からは下から突き上げられてストリップ嬢の胸が大きく揺れてる。
 旦那の持っていたアダルトビデオでも見たことのあるけど、実際に目の前で見てると凄い迫力。
 女子大生達もあまりの凄さに、顔が凍り付いてる。
 急に場内の照明が暗くなると、私の身体が後ろから押された。
 誰かが両手を掴むと、私の身体が宙に浮いて舞台に載せられた。
 暗くて何が起きてるのか全然判らない。
 私の浴衣と丹前がすぐに身体から脱がされると、私の下着もすぐはぎ取られた。
 照明がもう一度明るくの成ったとき、私と芳恵さんは丸裸で舞台の上に寝かされていた。
 ストリップ劇場の場内の壁際では、女子大生達が平然とした顔で見てるだけ。
 これも何かのショーだと思ってるみたいで退屈そうなそぶりで。
 急に照明が明るくなると、赤や青のスポットライトが回りながら私の周りを照らし始めた。
 私の周りに男達が大勢取り囲んでいるのに気が付いたけどもう遅い。
 男の身体がすぐ私の上に重なってきて私は気が遠くなった。
 繰り返されるリズムからはもう逃げようが無かった。
 男達の順番が一通り済むと、さっきのストリップ嬢と同じ姿勢で私と芳恵さんが向かい合った。
 下から突き上げられながら、私は必死で左右に口を使い続けた。
 口からよだれがでて止まらなくなって、揺れる胸に滴り落ちた。
 芳恵さんの泣き叫ぶようなかすれた声が私の耳に響いてきた。
 体中が熱くなって汗が吹き出すと、息が苦しくなって喉が痛くなった。
 時間が止まって、闇が支配する永遠の時が続くと身体ごと奈落の底に落ちていった。
 気が付くとストリップ劇場の場内は、照明が消されて薄暗い明かりだけになっていた。
 舞台に散らばった浴衣と丹前を拾って着直すと、私と芳恵さんはまた男達に囲まれて旅館に帰る坂道を登った。
 旅館の少し手前の路地に小さな店があり大人のオモチャの看板がでていた。
 男の一人が店にはいると、手にいっぱい包みを抱えて戻ってきた。
 旅館の部屋に戻ると、麻雀をしていた奥の部屋にはもう布団が敷いてある。
 またここで男達に朝までもて遊ばれるとは判っているけど逆らえない。
 男がさっきの包みを開けると、お色気たっぷりのベビードールが出てきた。
 一枚は黒のレース模様で、もう一枚はピンク。
 芳恵さんが私にピンクのベビードールを渡したので、丹前を脱いで着替えた。
 黒のベビードールに着替えを済ませた芳恵さんが今度は黒い皮の道具を取りだした。
 私の手と足に皮の紐を縛り付けると、真ん中についた棒を左右に広げた。
 仰向けになったまま足を広げた変な格好をさせられると、芳恵さんが私の花園に顔を近づけてきた。
 芳恵さんの唇の感触がなま暖かく触れてくると、すぐにぬっとりと濡れてきた。
 隣の部屋に物音がするので、顔を横に向けると半分締まったふすまの間からさっきの女子大生の顔が見えた。
 いつの間にかさっきの女子大生達、麻雀をしていた部屋に大勢座ってこっちを見てる。
 面白い見せ物だと思って見ている顔は、腹が立つけどどうにもならない。
 芳恵さんが私の上に身体を重ねて、今度は唇を吸いながら胸を揉み始めた。
 私が身体を震わせて仰け反ると、芳恵さんの身体が押しつけられて一緒に震えてる。
 いきなり鞭の鋭い音がして、芳恵さんが叫び声をあげて身体を引きつらせた。
 繰り返し鞭の音が響くと、芳恵さんの身体が凍えたようにガクガクと震えだした。
 小さな声で女子大生が何か言ってるのが聞こえると、私の身体も震えてきた。
 急に鞭の音が弱くなったので、見上げてみると鞭を手にしてるのは隣の部屋で見ていた女子大生の一人。
 男に鞭を渡されたらしいけど打ち方が下手で上手く出来ない。
 女子大生が男に鞭を返そうとしたとき、奥の部屋の女子大生の様子がなにか変。
 真面目そうな顔の女子大生が二人抱き合ってキスをしてる。
 目の前のショーを見ていて興奮して我慢しきれなくなった様子。
 鞭を持った女子大生が隣の部屋に戻って、抱き合った二人を鞭で叩くと二人とも身体を震わせて泣きじゃくってる。
 他の女の子も鞭を渡されて、抱き合った二人を繰り返し鞭で打ち付け始めた。
 男達が女子大生の部屋に入ると、すぐに女子大生達は男にしがみついて自分から身体を預けてる。
 私は気が遠くなって、時の過ぎるのを待つだけだった。
 翌朝は疲れて昼過ぎまで寝てからゆっくりと温泉旅館を出ると、私と芳恵さんは邦夫さんの車で帰路についた。
 夕方近くになって車が高速を降りると、細い道を通ってラブホテルの前についた。
 やっぱりと思ってたけど、これから何をされるのかはもう覚悟するしかない。
 部屋に通されると、煉瓦造りの壁にはSMの調教道具が並んでる。
 もうここまで来たら、邦夫さんの言いなりになるしかない。
 芳恵さんが私に抱きついてベッドに押し倒すと、唇を押し当ててきた。
 口を吸いながら手順良く私の服を脱がすと、今度は壁の十字架に立たせて私の両手を縛り付けた。
 邦夫さんに渡された鞭を掴むと「あなたは、奴隷なのよ、これから立派な奴隷に調教してもらうのよ」と言って私のお尻に鞭を叩きつけてきた。
 私の叫ぶ声を聞いて、芳恵さんは済まなさそうな口調で「ごめんなさいね」と小さな声で言うと「今なんて言ったんだ」と邦夫さんに怒鳴られた。
 芳恵さんはまた大声で「奴隷の分際で生意気なのよ」と邦夫さんに聞こえるように大声で叫ぶと鞭を叩きつけてきた。
 邦夫さんはソファーに座ってお酒を飲みながら、芳恵さんに指図をしてるだけで自分では何もしない。
「もっと強く叩くんだ」と邦夫さんが何度も芳恵さんに怒鳴りつけたが、女の力ではいくら強く叩いてもそんなに力は入らない。
 たまりかねた様子で邦夫さんがソファーから立ち上がると、芳恵さんから鞭を取り上げて、思い切り強く私のお尻を叩きつけてきた。
 あまりの痛さに悲鳴も上げられずに、涙も枯れてでない。
 一通り鞭が終わると、邦夫さんは芳恵さんに浣腸器の用意をさせた。
「今までのはただのお遊びだ、これからが本当の調教だ」と邦夫さんに冷たい口調で言われた。
 こうなったらもう何をされても従うしかない。
 暗黒の闇をひたすら耐え続けるしかない。
 翌朝まで厳しい調教を受けると私はもう邦夫さんの奴隷になっていた。
 調教の様子は全部裏ビデオに撮影されて、逆らったら裏ビデオを業者に売っても良いですと念書を書かされた。
 念書には私が自分から邦夫さんの奴隷に成りたくて調教をお願いしたとも書いて署名もさせられた。
 芳恵さんの話しでは、調教はこれからまだまで続きがあって今日は最初だからこれくらいで済んだ言うことだった。

20.ランジェリーパブ<< ページトップ >>22.ドスケベ女

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII