人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

13.バイブレータ

 翌週の火曜日に分子遺伝発達学教室にいってワープロを打った後に地下鉄の駅まで歩いて電車に乗ると結構混んでる。
 後ろから男が腰を押しつけてきたのでまた痴漢だとやだなと思って避けようと前に少し動こうとした。
 するとすぐ前の男が私の前に立ちはだかってどこうとしない。
 男の目を見るとわざと顔を横に向けて携帯を見ながら知らん顔。
 急に私の携帯の呼び出し音がして、メールが入ってる。
 旦那からかもしれないと思って携帯を開けると画像が送られてきていて開けてみたら、スカートの下から盗撮したらしい写真。
 スリップが破けているのを見るとこないだの朝痴漢に遭ったときの写真だ。
 指が根本までずっぽりはいってるのがはっきり見えてる。
 私が携帯を閉じようとすると、私の前の男と目が会った。
 いやらしい顔で男は自分が持ってる携帯の画面を私に向けた。
 同じ写真が男の携帯の画面にも表示されてる。
 今の写真、この男がたったいま送って来たんだ。
 ていうことはこの男も、後ろの男も痴漢に違いない。
 今度こそ逃げられないと思って覚悟を決めた。
 太股にそって痺れるような感触がいきなり触れてきた。
 かすかに振動する音は、バイブレータとかいう大人のオモチャらしい。
 こんなことまでされても逆らえないなんて酷すぎる。
 女の宿命を思い知らされる絶望の時間を必死で耐え続けるしかなかった。
 やっと降りる駅に電車が止まって、駅のホームに降りても痴漢は電車に残ったまま。
 後を付けられないので一応は安心して家に帰ったけど、どうにも身体の火照りがおさまらない。
 夕食の用意も済ませた後、旦那が隠してある裏DVDを持ち出した。
 人妻痴漢調教といういかにも危ない題名の痴漢物の裏DVDをプレーヤに入れると、すぐに痴漢の盗撮画面が始まった。
 スカートの下から隠し撮りしてる画像は指の動きがはっきりと見えて、人妻の膝が震え出して止まらなってる。
 居間の大型テレビで見るとすごい迫力。
 そうよ痴漢のテクニックに責められたら、誰だって膝が震えて立ってられなくなっちゃうのよと自分でも納得できる画像。
 痴漢に遭わない女なんかいないのよと思うとビデオを見てても気分が楽になった。
 痴漢の後は帰り道を追いかけられて公園のトイレに追い込まれるというストーリが続く。
 トイレで生フェラさせられたあとバックで責められる場面はもう本当に凄い。
 自分もこんな目にあったらどんなに凄いんだろう思うともう身体の芯からじんじんと熱くなってくる。
 構わずソファーに座ったまま足を開いて自分で指を使った。
 目の前のビデオと同じ事をされてると妄想を膨らませるともう止められなくない。
 なんども息を吐き出しながら繰り返し指を動かし続けた。
 実験医学研究所でアルバイトした帰りには地下鉄でかならず痴漢に遭う毎日が続いた。
 地下鉄の駅で待ち伏せしてるのに間違いない。
 だけどいつ私が実験医学研究所に行く日なのか痴漢に判るわけがない。
 誰かが私が私の帰る時間を掲示板にでも書いてるとしか思えない。
 研究室で宴会をしたとき私や由香利さんにセクハラした男性の誰かがやってる事なのは確かだけど証拠がない。
 いったいどうしようかと思い悩んだ末に、私は芳恵さんに痴漢の事を相談してみることにした。
 研究室でのセクハラの他にもいろいろ裏の事情を知ってるかもしれないと私は期待して受話器を取った。
 芳恵さんに電話をして「あの相談したいことが有るんだけど」と話しを切り出すと「あ、旦那さんの事」とすぐ聞き返された。
 やっぱり芳恵さん旦那のことをなにか知ってる様子。
「そうじゃなくて痴漢の事なんです」と実験医学研究所の帰りの地下鉄で必ず痴漢に遭うことを話した。
 てっきり同情してくれるとばかり思って話しを終えると「なんで有紀ちゃんばっかり痴漢に遭うのよ、私なんか最近痴漢になんか全然遭ってないのよ」
「女子大生の頃は毎朝きまって痴漢にあってたのに」
「ほら私いい身体してるしお色気も満点だからさ」と的はずれな返事が返ってくるだけ。
 うっかり相づちを打つわけにもいかずに私は言葉に詰まった。
 ともかく痴漢の話しを聞いてもらおうと思って「普通の痴漢なんかじゃないんです、ともかく凄くて」と半分言いかけると「じゃあ指入れられたの、奧までどのくらい入れられたのよ」といきなり聞かれた。
「そんなんじゃなくて、もっと凄い事なんです」とうっかり答えてしまったのが大失敗。
 まさか痴漢にバイブで遊ばれてるなんていくら相手が芳恵さんでも言えない。
「指を入れられるよりすごいって、電車の中でやられちゃったの。それは凄いわね」と芳恵さんに驚いた口調で言われたけどそんなこと有るわけ無い。
「そんなこと有るわけ無いでしょう」と慌てて答えてはみたものの「じゃあトイレで生フェラでしょう、それっきゃないわよね」と言われてしまった。
 どうやら痴漢物の裏DVDってみんなストーリが同じらしい。
 芳恵さんもどっかで裏DVDを見たことがあるに違いない。
 私が答えずに黙ってると「そうかやっぱりトイレで生フェラしちゃったんだ、生フェラしたらもちろんバックでずっこんよね」とまた言いたい放題。
「生フェラやらされたら、もうあとはおねだりしたくなるわよね、有紀ちゃんも女なんだから」と言われて返す言葉もない。
 私はうっかり答えても不味いと思って黙ってるしかなかった。
「やっぱ生フェラの味は一度覚えたら止められないわよね」と芳恵さんが言い張るけどうっかり返事なんかできない。
「痴漢に遭いたい女はミニスカートにTバック穿いてるからすぐ判るんだそうよ。あんたも毎日Tバックでしょう」と言われてさすがに「Tバックなんか持ってません」と言い返した。
 芳恵さんは私が痴漢に遭うのが羨ましいらしくて「それで、そのすごい痴漢て、何時頃なのよ」と言い出す始末。
 これは相談しても駄目だと思って電話を切ろうとすると「ねえ、旦那さん浮気してるんじゃない」と出し抜けに芳恵さんが言い出した。
「それで有紀ちゃんに嫌がらせで、痴漢に帰宅時間の情報をながしてるんなら話しが合うでしょう」と言われてみると確かにそう。
「有紀ちゃんがトイレで痴漢に生フェラてれば離婚のいい口実になるわよ、きっとそうよ」と言われてなるほどと思った。
 そう言われてみるといつも帰り際に旦那にメールで今から帰ると伝えてる。
 旦那がそれを痴漢掲示板に載せてるってのはあり得ない話しではない。
 最近旦那があっちの方が無沙汰なのは不倫してるからに違いない。
 旦那は自分が不倫してるくせに、遊んでるのは私の方だって事にしてしまいたいらしい。
 私を欲求不満のドスケベ女に仕立て上げて、離婚の口実にするなんて絶対許せない。
 旦那が不倫してると思うだけでもはらわたが煮えくりかえるけど、証拠が有るわけではないから問いつめる訳にもいかない。
 それに今のところはとりあえず痴漢をどうするかが問題だ。
「それでなんとかならないかしら」と私が愚痴をこぼすと「ガードルを穿けば痴漢に遭わないって聞いたこと有るわよ」と芳恵さんが旨い話しを教えてくれた。
 一番きつい超ハードタイプのガードルを着けてれば触ってもかまぼこの板を触ってるような感触だから痴漢がよりつかないという話し。
 確かにそれは上手く行きそう。
 私は痴漢に遭っても大丈夫なように、デパートでピッタリしたロングガードルを買ってきた。
 高級なガードルなのでレース模様のフリルがお色気たっぷりだけど穿いてみると確かにきつい。
 丈も膝上くらいまであるから指なんか入れられっこない。
 翌日のアルバイト、さっそくガードルを着けて家を出た。
 最初に付けてみた時はちょっときついくらいだったけど駅まで歩いてみるとやっぱり苦しい。
 実験医学研究所でワープロを打っていても、座ってる姿勢が苦しくてもうとても我慢できない。
 私は少し用事があると言って少し早めに実験医学研究所を出た。
 旦那にこれから帰るとメールを打とうと思ったけどふとアイデアが浮かんだ。
 わざと時間を遅らせて旦那にメールを打ってみたらどうなるんだろうか。
 帰り道を歩いて地下鉄の駅の入り口でしばらく様子を見たあと、旦那にこれから帰るとメールを打った。
 旦那が掲示板に私の帰り時刻を載せてる犯人なら、掲示板を見た痴漢が駅に集まるはず。
 しばらく待ってみたけど、痴漢らしい人影はない。
 恐る恐る階段を降りてホームに降りてみたけど、ホームには電車が通り過ぎたあとで誰もいない。
 ホームで電車を何本かやり過ごして見たけど、私の回りに痴漢らしい男はいない。
 これなら今日は痴漢にはあわずに済みそうと思って私は電車に乗った。
 これで大丈夫だとおもっていると次の駅で男の客が数人乗り込んできた。
 私は男の顔を見て冷水を浴びせられたみたいに背筋が寒くなった。。
 いつも同じ駅から痴漢が乗ってきていると思ってたけど、いつも痴漢は次の駅で乗り込んでたらしい。
 私を待ち伏せしてた痴漢達、私が乗る駅で待ってたんじゃないんだ。
 駅で別の男が見張りをして、次の駅で痴漢達が待ち構えてたんだ。
 だけど痴漢に取り囲まれても私は今日はなんとか大丈夫だと思った。
 固いハードタイプのガードルはバイブレータを押しつけられても硬い生地でお尻が跳ね返すだけなはず。
 男の指先が私のお尻に触れるといつもとは違う感触に気が付いたらしく手のひらがお尻から離れた。
 さすがに痴漢は諦めたらしいと私は一安心して窓の外を見た。
 透明な窓ガラスにはうっすらと私を取り囲んでる痴漢の姿が映った。
 急に男の指が私のスカートの横から奧にはいると、バイブレータの先をガードルのお腹の縁に押しつけた。
 ガードルのお腹の所に男が指を差し込むとバイブレータがガードルの下に押し込まれてきた。
 窓際のガラス越しにみると他の男がレインコートで隠しながらハンガーの針金を曲げたような形の道具を使って、巧みに奧までバイブレータを押し込んでくる。
 ちょうどバイブレータが股の間にまで降りていくと震えが直に伝わってきて私はもうとても我慢しきれなくなった。
 バイブレータが急に強くなったり弱くなったりを繰り返し始めると私はもうとても立っていられない。
 膝が震えてしゃがみ込みそうに成ったとき、急に携帯にメール着信の音がした。
 旦那かもしれないと携帯を取りだそうとしたけど、手が震えてすぐにはメールが開けられない。
 私が痴漢に遭ってるのを知っていてわざとメールを送ってきたのに違いない。
 いったいなんのつもりよと腹が立ったけどどうにもならない。
 必死でメールを確かめると、いつも痴漢が私に盗撮写真を送ってくるメールアドレスからだ。
 たった今痴漢がメールを送ってきたらしい。
 メール開いてみるとやっぱりたった今バイブを押し込んだ痴漢から。
「このドスケベ女、今度ガードルなんか穿いてきやがったらもっと酷い目に遭わすぞ」と書いたメールを見て私は怖くて膝が震えが止まらない。
 何通もメールが続けざまに届いて、今までに痴漢に遭ったときに写真がいっぱい送られてきた。
 一番最後にメールで送ってきたのは動画でトイレで生フェラさせられてる女子高生の裏ビデオらしい画像。
 今度逆らったら今度こそトイレで生フェラさせるという脅しらしい。
 私は涙がこみ上げて泣き出したいけど電車の中で泣くわけにも行かない。
 しゃがみ込む訳にもいかないのでドアの横の手すりに必死でつかまった。
 電車が止まると私は転がり落ちるようにホームに降りた。
 足が震えてとても歩けない。
 目の前のトイレに駆け込んでドアを閉めると必死の思いでガードルを脱ごうとした。
 だけどきついガードルはお尻の肉に食い込んだようになかなか脱げない。
 バイブはまだ私の一番感じる所でぐいぐいと震え続けてる。
 もう我慢しきれなくて目から涙が溢れてとまらない。
 やっとのことでガードルを下にずらすとやっと少し楽になった。
 だけどガードルの股の所でバイブがまだ震え続けてる感触が太股に伝わってきたもうとても我慢できない。
 ガードルの間に指を押し入れると指先にバイブレータが触れた。
 ぐいんぐいんと震える感触が指先に伝わるってくるともう止められない。
 バイブを指先で挟むと、一番感じる所に押し当てた。
 捻るように押し回すと、感じすぎて止められない。
 気持ちよくて死んじゃいそう。
 腰の震えが止まらなくなると私はしばらく泣き続けた。
 しばらくしてバイブが動かなくなった。
 電池が切れたらしい。
 私は急に身体の力が抜けて今度はトイレから立てなくなった。
 ようやく息が楽になった時携帯にメールが届いた音がした。
 もしかしてまた痴漢からメールが来たのではとびっくりして息が止まりそうになった。
 恐る恐るメールのアドレスを確かめると芳恵さんから。
「今日痴漢どうだった」と書いてある。
 なんで芳恵さんが今日私が痴漢にバイブレータをガードルの中に入れられたのを知ってるんだろうと一瞬驚いた。
 だけどそんなこと芳恵さんに判るはずはない。
「今日は大丈夫だったの」と返事を折り返し送ると「がっかりだったわね」とまたメールが来た。
 なんでがっかりなんだろう、意味がわからないけど返事を書く気にもなれないのでそのまま携帯を仕舞った。
 するとすぐ「今トイレで生フェラしてるんでしょう」とメールが届いた。
 口の悪い芳恵さんの事、冗談のつもりらしい。
 なんて返事をしていいのか判らない。
 こちらも冗談で返せばいいと思って「もっと凄いの」と返事をすると「じゃ後ろから前から」とまた芳恵さんがメールしてきた。
 やっぱり冗談らしいので「もう死んじゃいそう」とまた返すともう芳恵さんからはメールは来なかった。
 家に戻って一息ついてから、バイブを何処かに隠そうと思ってバッグを開けてみた。
 濡れたバイブの下に小さな紙切れが入ってる。
 ちらっと見るとピンク色のビラには変な形の物が印刷してある。
 怪しげなその形はバイブの通販の広告らしい。
 痴漢が嫌がらせに入れたらしいけどなんだか気になってそのまま捨てられない。
 恐る恐る広げてみると、変な格好をしたバイブが一杯載ってる。
 私が今持ってるバイブは小型の携帯用で痴漢プレーにはぴったしと書いてあるのが腹立たしい。
 このバイブ捻るとスイッチが入るらしい。
 試しにバイブを手にとって捻ってみるとまた動き出した。
 強弱も変えられるらしくて最強にするとブーンと音がしてとても持っていられないくらい。
 一度はバイブを引き出しの奧にしまってはみたもののとても気分がむしゃくしゃして我慢できない。
 旦那の裏ビデオを机の奧から引っ張り出してビデオデッキに入れると、さっきのバイブを持ってソファーに座って足を広げた。
 どうせ誰も見てないからとスカートを自分でたくし上げた。
 さっきの痴漢がまだ目の前にいるんだと想像すると身体がすぐ熱くなった。
 ビデオのリモコンで早送りして、痴漢の現場をスカートの下から隠し撮りした場面を探した。
 前見たとき一番凄かった場面をもう一度見ると、自分がたった今痴漢にあってるような感触が体中に広がった。
 鳥肌が立つような悪寒と、期待に熱くなって脈打つ心臓のドキドキ感はもうたまらない。
 痴漢の指先がテレビ画面で大写しになると、私は画面から目が離せなくなった。
 前見たときは何だかわからなかったけど今見直してみると痴漢がバイブを使ってるのが判った。
 バイブの取っ手だけ映ってるのを見ると、本体が奧まですっぽり挿入されてる様子。
 バイブの振動に合わせて腿の肉が震えてるのまで見える。
 さっきの通販のビラで見たけど、バイブの先って男性自身よりすごい形をしてる。
 そんなバイブを奧まで入れられて振動が直に伝わってきたら普通の女だったらとてもたまらない。
 もうそうなったらトイレに連れ込まれて生フェラしたくなるのも当たり前。
 私だってそんな目に遭わされたらとても逆らえない。
 生フェラだってやっちゃうかもしれない。
 トイレで強制的に生フェラさせられてる自分を想像するともう止められない。
 私はバイブを捻ってスイッチを入れた。
 バイブの振動が直に伝わってくると私の身体は夢の中で宙をさまよった。
 ビデオの画面では痴漢に遭ってる女性の膝がガタガタと震えて画面が揺れてる。
 よっぽど奧に入ってバイブの振動が気持ちいいに違いない。
 自分でもバイブで腿の内側を擦りあげると気持ちよくてもうたまんない。
 こうなったら頭の中の妄想はもうどうにも止まらない。
 私は今電車の中。
 足元から電車の揺れがガタンガタンと伝わってくる。
 いつの間にか痴漢に回りを取り囲まれてもう逃げられない。
 痴漢が手にしたバイブが軽く腿の内側に触れてくるれてくる。
 こっそりと偶然触れたように何度も軽くぶつかってくるバイブの振動。
 わざと焦らすように、離れるのを繰り返しながら急に強く押しつけられてくる。
 振動を急に強くしたりわざと弱くしたりとバイブを使う痴漢のテクニックは巧みすぎるほど巧み。
 いつの間にか別の手がスカートをめくり上げて、バイブが腿の内側に直に押しつけられてくる。
 肌の直接触れる微妙な振動が腿全体に鈍く伝わてくる感触に膝が震えて止まらなくなる。
 痴漢にあってる妄想なんて馬鹿馬鹿しいことは止めようとは思ってももう一度妄想を始めたら途中で止めるなんかできやしない。
 痴漢ビデオを見ながらじゃなおさら止められない。
 もっと凄いこと痴漢にされたくてたまんない気分で痴漢妄想が止まらなくなった。
 私が抵抗しないのを確かめるとお今度は痴漢の手は私の胸を揉み始める。
 最初は手を広げていっぱいに軽く掴んで胸の感触を楽しむと次は思い切り力を込めてねじり上げてくる。
 痛くて目に涙がいっぱにこみ上げてきて、喉の奥から出そうになる喘ぎ声を必死でかみ殺す。
 目の前に写ってる痴漢ビデオの画面が急に変わってトイレの中が映った。
 今度は生フェラの場面が大写しになってる。
 裏ビデオだけあってすごい迫力に圧倒されてもう目眩がしそう。
 涙をいっぱいに浮かべた女性の顔は演技なんかじゃない。
 私だって生フェラさせられたいと思いこんだらもう妄想の止めようがない。
 急に電車が止まって私はトイレに駆け込むともうトイレの中には痴漢の男が待ち伏せしてる。
 後ろから背中を押されて私は口いっぱいにしゃぶらされる。
 喉の奥に届いてくると息が出来ずに苦しくて咳き込むけど許してなんかもらえない。
 両側から腕をねじり上げられてもっと喉の奥に届くまで前屈みにさせられる。
 思い切り奧まで押し込まれると今度は吐き気がして胃袋が喉までひっくり返って飛び出しそうになる。
 スカートが後ろからたくし上げられてパンティが膝までおろされる。
 想像するだけで自分が可愛そうになって泣けて来ちゃう。
 急に携帯にメールの着信音がして私は痴漢妄想の夢の世界から引き戻された。
 今頃メールが来るのは旦那が今日は遅くなると知らせてくる時刻。
 携帯を確かめると、メールのタイトルに「いま痴漢に遭ってるの」と書いてあるので私はびっくりした。
 旦那が痴漢に遭うはず無い。
 メールアドレスを確かめると芳恵さんかららしい。
 メールを開いてみると、タイトルだけで中身はない。
 すぐに次のメールが来た着信音がした。
「指入れられちゃってもう逆らえないの」とまたタイトルだけのメール。
 痴漢にメールを送れと脅されてるからとしか考えられない。
「トイレで生フェラさせられそう」とまた続けざまにメールが来たけど今度は写真も一緒。
 メールを開いて確かめるとたった今スカートの下から自分で撮したらしい。
 なんのつもりでこんなメール送って来るのか訳がわからない。
 もしかしてまた私をからかってるのかもしれない。
 私がたった今痴漢ビデオを見てたのを判っていてわざとメールを送ってきたのかもしれない。
 だけどそんなこと判るはずない。
 もしかしてたったいま本当に芳恵さんが痴漢にあってるのかもしれない。
 わざわざ痴漢に遭いに地下鉄に乗る女なんかいないと思ってたけど、芳恵さんならやりそう。
 前から痴漢に遭いたいような言葉を繰り返し言ってたけど冗談じゃなかったんだ。
 だけど痴漢に遭ってるなんてメールしてこられても、いったいどう返事をしたらいいんだろう。
 うっかりした事も言えないと思って返事をしないでいると、今度は動画を送ってきた。
 スカートの中で痴漢の指が奥まで届いてるのがはっきり見えてる。
 返事もできないで困っているともう次のメールはいくら待っても来ない。
 本当に痴漢に遭ってるんだろうか、それとも誰か友達と一緒になって私をからかうつもりでメールを送ってきたんだろうか。
 どっちなのか考えても判らない。
 こうなると気分がむしゃくしゃしてどうにも成らない。
 痴漢が私のバッグに入れたバイブの広告のビラににテレクラの電話番号も載ってるのが目に入った。
 ずっと前にテレクラに電話したときも地下鉄で痴漢にあった日の夜だ。
 テレクラだったらどうせ一回きりで相手も誰だかなんか判らない。
 インターネットのビデオチャットなんかよりテレクラの方がずっと安心だ。
 それにテレクラの男の方が遊び慣れてるから、誘い方も上手。
 前にテレクラに電話したときだって、体がガクガクに震えちゃうほど興奮した。
 受話器から響いてくる男の脅かすような低い声を思い出すともうてても我慢できない。
 こうなったらテレクラに電話するしかない。
 テレクラに電話したら何をさせられるかは判ってるけどいやなら電話を切ればいいだけ。
 ともかく男のいやらしい声だけでも聞こうと思って受話器を取ってテレクラの電話番号を押した。
 電話の呼び出し音が一度鳴っただけで、すぐに「もしもし」と男の声が耳に響いた。
 ドスのきいた低い声は、直接子宮に響いてくるような男の色気で耳に入ってくる。
 こうなったら何が何でも楽しまなきゃ損、そのためにテレクラに電話してるんだと思うともう止められない。
 私は「たったいま痴漢にあったんです、バイブを押しつけられて。そんでトイレで生フェラさせられちゃったの」と勢い込んで出まかせの嘘をついた。
 そこまで言って男の返事を待つと「この雌豚、痴漢に遭いたくて電車に乗ったんだろう、スケスケのTバックのパンティ穿いて」といやらしい口調でなじられた。
 耳元で太く響く男の声は女の扱いに慣れた遊び人の声。
 虐めれば虐めるほど女が喜ぶのをよく知ってる男の声だ。
 こうなったらもっと虐められたくてたまんない気分になるのは女だったら当たり前。
「嘘、そんなことないです」とひとまず逆らってみると「嘘つくんじゃねえ、このドスケベ女、痴漢が大好きな癖しやがって」と脅すような口調でまた攻められた。
「はい、本当はTバックはいてます」と今度はわざと素直な口調で答えてみると「生フェラだけで済むわけ無いだろう、そのあとどこに連れ込まれたんだ」とまた問い詰められた。
 テレクラでする女の話など全部嘘にきまってるのに、この男本気にしてるのかしらと急に面白くてたまらなくなった。
「駅前のラブホテルです」と面白くなって答えてみると「そこで輪姦されたんだな」と乱暴な口調で言われた。
「そうです」とまたデタラメを言うと「それだけじゃないだろう、ラブホテルから出た後も無事には帰れなかっただろう」とまたしつこく問いつめられた。
 私は裏ビデオの場面を思い出して「バイブをいれたまま、公園まで歩かされたんです」 と私が言うと男がつかさずに「公園でバイブを入れたまま立ったまんまでやられたんだな」と畳かけるように言った。
「そうなんです」と答えて私はなんだか変な気がした。
 バイブなんか入れたままだったら、どうやっても立ったままなんかでやりようがない。
「このドスケベ女、本当はデリヘルでバイトしてるんだろう」と男に言われて私はどきっとした。
 デリヘルって聞いたことはあるけど実際になにをするのかはテレビでもちゃんと紹介なんかしない。
「バイブ入れたまんま痴漢に遭うのが止められなくて、それでデリヘルか。女なら誰だって一日中バイブをしてたらデリヘルで働きたくなるからな」と男に言われてよけい訳がわからなくなった。
 男が私の事をデリヘル女だと思ってるらしけどいったいデリヘルってなんなのか判らない。
 返事をせずに私が黙っていると「今バイブ持ってるだろう」と言われた。
「はい」と不安な気持ちで答えると「どんなバイブだ」とまた聞かれた。
「小さいのです」と答えるとその次には男に「今どんな格好だ」と聞かれた。
 私は前にテレクラに電話したときも「今どんな格好してるの」と聞かれたのを思いだした。
 テレホンセックスをやらされたの「今どんな格好してるの」と聞かれた後だ。
 テレビでもやってたけどテレホンセックスを始めるときは男の人はかならず「今どんな格好してるんだ」と聞くのが決まりらしい。
 男の人ってやることがみんな同じなんだと判っておかしくてしょうがない。
 とりあえず男を喜ばせた方がいいと思って「ネグリジェ」ですと答えてみた。
「スケスケのネグリジェなんだろう」と男が言ったとき声の調子がすこしうわずってるのが判った。
 やっぱり男の人はエッチなスケスケネグリジェが大好きらしい。
「そうなんですピンクのスケスケなんです」と答えると男が喜んで電話口で笑う息が聞こえた。
「パンティはどんなのはいてるんだ」とまた男が聞いてきたがもう口調がうわずってる。
「ピンクのスケスケでレース模様のついてるお気に入りのTバックのパンティなんです」と言ってみるとやっぱり男の吐く息の音が聞こえてきた。
 ネグリジェやパンティの話をしただけで相手の男が興奮するなんておかしくて笑い出しそうになった。
「いますぐパンティを脱げ」と男が乱暴な口調で電話口で命令してきた。
 どうせ電話でのテレホンセックスなんて本当にエッチな事をする訳じゃない。
 適当に言われた通りにしてる振りをすればいいと思って「はい、脱ぎました」と答えると男がいきなり「嘘着くんじゃねえ」と怒鳴り返してきた。
「ちゃんとパンティ脱ぐんだ、今すぐ電話切るぞ、この雌豚」と怒鳴られて私は急に怖くなった。
「なんですかいったい」と思わず私が言葉を返すと「デリヘル女の癖して偉そうな事いうんじゃない、脱がないなら電話切るぞ」とまた怒鳴られた。
 男の口汚い言葉には腹が立ったけど、このままで電話を切られて途中で止められたりなんかされたら困る。
 男の言うとおりにするしかないと思って諦めてパンティを脱いだ。
「バイブを膝の内側に当てるんだ」と言われてバイブの電源を入れた。
 バイブの振動する音が電話越しに男の耳にも聞こえたらしくて、男のいやらしい息使いが聞こえてきた。
 男に命じるられままにバイブを使っていると頭の中がピンクに霧がかかってきて何が何だか判らなくなってきた。
 男の声が夢の中で響き続けると私は快楽の絶頂を何度も登り詰めた。
 テレホンセックスが終わった後も受話器からは男の声がまだ聞こてる。
 このまま話を続ければ、これからどこかに出てこいと呼び出されるのは決まってる。
 テレクラに電話しておいてテレホンセックスだけで済む訳がない
 断れば言いがかりをつけられて脅されたりされるのも困る。
 私は何もいわずに受話器を置いて一息ついた。
 急に何でこんな事したんだろうと後悔したけど、とりあえず楽しめたんだからいいやと思い直した。
 ベッドに戻って布団に潜り込んだけど男の言ってたデリヘルってやっぱりなんだか判らない。
 一日中バイブをしてるとデリヘルで働きたくなるっていったいなんの事なんだろう。
 ラブホテルなんかに監禁されるんだろうか。
 それで毎日男の相手をさせられるんだろうか。
 それはそれで凄いけど眠る時間がないから死んじゃいそうな気がする。
 いろいろ考えるとなかなか寝付けなかった。
 夜中過ぎに携帯にメールが届く着信音が聞こえた。。
 さっきのテレクラの男が私の携帯にメールしてきたんだろうかと思って怖くなった。
 これからどっかのラブホテルに出てこいと命令されるのか、それともこれから私のマンションまで来るからドアを開けておけと脅されるのかもしれない。
 恐る恐る携帯のメールを開けてみると長崎君から。
 研究室が学会のためしばらく人が居なくなるので当分、アルバイトはおやすみという連絡だった。
 私はこれでしばらくは痴漢に遭わずにすむと一安心した。
 なんでこんな夜遅くにメールしてくるのかと思ったけど、長崎君はまだ仕事中の時間らしい。

12.痴漢願望<< ページトップ >>14.スケスケネグリジェ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII