人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

3.フェラチオ狂い

 由香利さんの後から、私も切符を買って駅のホームに降りた。
 ちょうど地下鉄が一台発車したばかりで由香利さんはもうホームには見当たらない。
 私も次に入って来た地下鉄に乗り込もうとしたが、どうゆう訳か飛んでもなく混んでる。
 仕方なく身体を押し込んで地下鉄が動き出すと、私はすぐにまずいことをしたと気が付いた。
 痴漢だ。
 後ろからお尻を触りながら、スカートをめくり上げてくる。
 混んだ地下鉄の車内ではとても大声なんか出せない。
 痴漢なんて大学時代に何度かあったきり、ずっと縁がなかった。
 私もまだ、痴漢に狙われる何てまだ結構行けてるのねとか思ったけど、喜んでる場合ではない。
 我慢するしかないと思って黙っていると、スカートの下から手が届いてきた。
 これは不味いことになりそうだと、急に足が震えてきた。
 うっかりしてたら何をされるのか判ったものではない。
 痴漢の指先がパンティの縁をさぐるように動き始めた。
 そう言えばここしばらく旦那とは相手をしてもらえない、こんな時くらいしか楽しめるときはないとふと思ったとき急に指先が奧までしっかり届いてきた。
 腰が膝から震え出すと、とても立っていられなくてしゃがみ込みそうになった。
 もうどうにでもしてと思った途端、急に地下鉄が止まった。
 乗り換えの駅で乗客が一斉に地下鉄から降りだして私もホームに押し出された。
 もう一度地下鉄に乗り直すと、車両の中はもうすっかりがら空きでさっきの痴漢の姿は何処にもない。
 ちょっとがっかりした気分で窓の外を見ていると、反対側のドアの様子が窓ガラスに映って見えた。
 だがどうも様子が変。
 よくよく見るとドアの端に追いつめられているのはまだ中学生らしい女の子。
 顔が引きつって今にも泣き出しそう。
 すぐ両脇から男達が身体を押しつけて隠しながら、痴漢をしているのに間違いない。
 回りの乗客は気が付いていないのか、知らん顔をしているだけ。
 私は女の子の顔を見て、さっき長崎君に助けられた由香利さんだと気が付いた。
 痴漢はさらに大胆になって由香利さんのスカートをめくり上げている。
 由香利さんはしゃがみ込みそうになるのを無理矢理立たせられてもう泣き出してる。
 私は急に自分が同じ目にあったらどんなに凄いだろうと思って膝が震えてきた。
 急に電車が止まって目の前でドアが開くと、私は降りる駅に着いたのに気が付いた。
 このあと痴漢に遭っている由香利さんがどうなるのか気にはなったけど、電車を降りない訳にはいかない。
 開いたドアから足をホームに踏み出すと、膝が小刻みに震えた。
 さっきの由香利さんの替わりに、自分が痴漢にあってそのまま終点の駅まで連れて行かれたらどんなに凄いだろうという思いが頭をよぎった。
 後ろでドアがしまると電車はすぐに動き出して、もう痴漢に遭うチャンスは消えてしまった。
 地下鉄の階段を上がって、出口を曲がるともう夜遅くて道を通る人も少ない。
 暗い通を歩いていると、曲がり角の奧にラブホテルが見えた。
 ちょうどラブホテルの前をカップルが歩いてる。
 男の手が横を歩いている女の子のスカートをめくり上げて、お尻を後ろから押すように女の子を歩かせてる。
 これからラブホテルに二人で入るに違いない。
 もちろん夫婦だったらラブホテルなんか使うわけ無い。
 不倫の関係でしかも男が無理矢理口説いてるに違いない。
 女の子がラブホテルの前で立ち止まると、男が女の子のお尻を撫で上げた。
 ピンクのパンティが暗い街灯の明かりで見えた。
 そういえばさっき痴漢にあっていた由香利さんのパンティもピンク色だった。
 私はとても見ていられなくて足早に帰り道を急いだ。
 街灯の明かりが薄暗い夜道を歩いていると、さっきのラブホテル前の女の子のピンクのパンティが目に焼き付いて離れなくなった。
 普段とは違ってお酒を飲んでいるので、酔った勢いで自分に話し掛けるのが止められない。
「そうよ私だって合コンの帰りに男の子に口説かれるくらいの事は普通よ」
「帰りを送りますとか言われて途中まで一緒に帰って、そんで電車の駅を降りたら強引に駅の裏のラブホテルなんかに連れ込まれたりして」
「強引に口説かれると女は弱いのよ」
「ちょっと酔ってたりしたら口説かれるとすっかりその気になっちゃうから」
「口説くのが上手い男の子なんか、手を握ると手のひらを指先でくすぐってくるんだから」
「そんなことされたらもう女の身体は抵抗できなくなっちゃうんだから」
「私だって口説かれたら弱いんだから」
「不倫なんてあたりまえ、上手に口説かれたいのよ誰だって」
「上手に口説かれたら、落ちない女なんかいるわけないんだから」とかなんとか、酔ってぼんやりとした頭の中で自分でも訳が分からない怪しげな言葉がぐるるると回り続けてとまらなくなった。
「今すぐ誰かに声かけられて誘われたら何処にでもついて行っちゃおう」
「そうよ私だってラブホテルくらい平気よ」とすっかり大胆な気分だけど暗い夜道でほかに歩いてる人なんか誰もいるない。
「誰でも良いから声掛けてくれないかな」と思いながらふらつく足元に時々ころびそうになって歩いた。
 ようやく5分ほど歩いてもう少しでマンションに着く少し手前の小さな公園に着いた。
 公園の中を通ると近道なので私はいつものように公園の噴水を通り過ぎた。
 暗い街灯の中ですぐ横のベンチに二人で抱き合ってる影が見えた。
 そういえばこの公園夜中はカップルが来てエッチな事をしてると近所の奥さんが言ってた。
 よくよく公園の中を眺めて確かめると、それらしいカップルがベンチに座って抱き合ってる。
 みんなキスに夢中で私のことなんか全然気づきもしない。
 いきなり私のすぐ後ろで女性のうめき声が聞こえた。
 振り返って見るとベンチに座った女性の股を男の手が大きく拡げて、太股の内側を撫で回してる。
 女の方はヒクヒクと腰を引きつらせて男にしがみついて震えてる。
 短いスカートはたくし上げられて腰に絡んでるだけでパンティが丸見え。
 公園の薄暗がりの中でも、白い太股がはっきりと目に焼き付いた。
 私はもうとても見て居られなくて、慌てて噴水の前を小走りに駆け抜けた。
 丁度公園の出口の横のトイレ前を通りかかると、すぐ横のベンチの裏の木陰に男が立ってる。
 男が一人でそんな場所にたってるのは変だを思ってよくよく見ると、女が膝をついて立ってる男の腰の前に顔を埋めてる。
 よくよく見ると、女がなにをしているのかすぐに気が付いた。
 女の子の頭が前後に揺れながら、ほっぺたが大きく膨らむのがはっきり見えた。
 頭を後ろに引き寄せると、舌先が先端に絡みつきその次の瞬間には喉の奥まで飲み込んだ。
 男が腰を押し出すように動かすのに合わせて、女がすっぽりと口をすぼめてる。
 私は急に体中が熱くなってもう我慢できなくなった。
 目の前のトイレに駆け込むと女子トイレの個室にはいり、自分でスカートをめくり上げて感じる所を押さえつけた。
 ついさっき電車で痴漢にさわられた感触がお尻によみがえってきた。
 ラブホテルの前でお尻を触られてる女の後ろ姿や、公園のベンチで男にスカートをめくられ股を拡げてる女の白い太股が目に焼き付いて離れない。
 もう一方の手で胸をきつく握りしめると、私は必死で指を押し回した。
 身体が一気に熱くなって頭の仲が真っ白になった時、急にドアの外で人の声が聞こえた。
 呟くような小声で何を言ってるのかは判らないが、男の声には間違いない。
 私はきっと痴漢に後をつけられたんだと気が付いた。
 トイレの中に追いつめられたらもう痴漢に何をされるか判らない。
 頭を押さえつけられて口でやらされるかも知れない。
 急に背筋が寒くなり、身体が震え出して立って居られなくなった。
 今すぐドアを開けて男が入ってくると思ったが、そのまましばらく待ってもなにも起きない。
 男の声がかすかに聞こえてくるが、トイレのドアの外ではなくトイレの裏から聞こえてくるらしい。
 よくよく耳を澄ませて確かめると「おい、もっと舌を使うんだ」と小さい声がかすかに聞こえてきた。
「奧まで入れて、そんで舌を使うんだ」と男が言ってるみたいに聞こえる。
 どうもさっきフェラチオをやらせていた男が相手の女に声を掛けてやり方をあれこれ指示しているらしい。
 話しの様子ではテレクラで知り合った女を男が公園まで呼び出したみたいな感じ。
 そういえば今朝郵便受けにテレクラのビラが入ってた。
 あのビラを見て実際にテレクラに電話する女性もいるというにはびっくりした。
 私はそっとトイレのドアを開けてみたが、トイレの中には誰もいない。
 トイレの入り口からそっと公園の中を見回したが、ベンチにカップルが座っている以外に人影はない。
 ちょうどさっきから声が聞こえる木陰に女が膝を付いて口を使っているのが目に入った。
 半分目がつり上がって口からよだれを垂らした顔はとてもみっともなくて見ているのも恥ずかしいくらい。
 テレクラで呼び出されてフェラチオするなんて、よっぽどフェラチオが大好きで毎晩でもしたくてたまらないドスケベ女だ。
 ほかに怪しい人影はないかと、辺りを何度も確かめたが痴漢らしい人影は無い。
 私はフェラチオをしているカップルに気づかれないようにこっそりと公園を出た。
 マンションの前まで急いで歩くと、階段を上がり玄関を開けて台所まで一気に駆け出して水道の水を一杯飲むとやっと気分が楽になった。
 少し休んでから風呂に入ると次第に気分が落ち着いてきた。
 お湯に浸かっている間も、さっき見たフェラチオの場面が目から離れない。
 だいたい私はフェラチオなんかしたことはない。
 旦那からフェラチオを求められたことなんかないし、やれと言われたって絶対断る。
 だけど女なんだから、やっぱり一度くらいはフェラチオくらいやってみたい。
 無理矢理フェラチオしろと男に迫られた経験なんて女なら一度くらいあってもいいはずなんだ。
 そうなったら私だってフェラチオくらいできるはず。
 だけどどうやればいいんだろうか。
 口の中に一杯に押し込まれるのを想像してみたけどそのあとどうするんだろう。
 そうよきっと舌を使うんだは、舌先でなんとかするのよとは思ってみたけど、どう使うのかは判らない。
 やっぱり男に教わるしか無いのよね。
 さっきの女も、男にやりかた教わってたみたいだし。
 そうよきっと舌先を使ったり、吸ったりするのよね。
 だけど旦那に教わるわけにもいかないと思うとがっかりした気分になるだけ。

2.突然のプロポーズ<< ページトップ >>4.痴漢プレー

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII