人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

11.陵辱

 道が判らなくてともかく目に付く方向に歩き出すと、ちょうど映画館の裏側の門に出た。
 すぐ横にトイレらしい小さな建物がある。
 私は急にブラジャーが半分外れてブラウスの前もはだけてるのに気が付いた。
 このままの格好じゃとても駅まで歩けない。
 ひとまず服装を直そうとトイレに入って鏡の前に立った。
 すると急に私の後から男が数人押し入ってきた。
 顔はスキー帽で隠して、服装もさっきの痴漢みたいな格好。
 すぐに私の身体を抱え込んで私の身体をトイレの個室に押し込んだ。
 後ろと前から挟まれて身体に抱きつかれて怖くて声も出せない。
「このドスケベ女、たっぷり可愛がってやるぜ」と男の声が耳元で聞こえると私は目眩がして倒れそうになった。
 だけどなんか変だ。
 男の声の調子が変に芝居がかってて、旦那が持ってた裏ビデオの場面にそっくり。
 そういえばテレビの深夜番組でもあらかじめ待ち合わせてプレーするとか言ってた。
 携帯の痴漢サイトにやって欲しいプレーを書いておいくとか言う話し。
 私はもしかしてと思って「ねえ、私外で見られないと感じないのよ、ここじゃつまんないからやめてよ」と大声でわめき立てた。
 男は急に私を押さえていた手をゆるめると「この女じゃなかったのかな」と言って携帯を取りだした。
 携帯の小さい画面に映った写真を見て私はびっくりして腰が抜けそうになった。
 さっき研究室の合コンでセクハラされてた時の写真だ。
 おまけに今夜レイプしてくださいと書いてある。
「別の女だったけかな」と他の写真とだすと私はさっきよりもっと驚いた。
 見覚えのあるミニスカートは由香利さんだ。
 それもパンティを膝まで脱がされて泣き出しそうな顔。
 やっぱりさっきの合コンの時に由香利さんもセクハラされてたんだ。
 そのうえ誰かが悪戯してエッチなメッセージと一緒に痴漢掲示板に書き込んだんだ。
 私は腹が立ってはらわたが煮えくりかえった。
 芳恵さんも研究室ではよくセクハラがあると言ってたけどこの事らしい。
 男が由香利さんの写真と私を見比べてるが、どう見たって似てるはずなんか無い。
 由香利さんの写真には「トイレでレイプして下さい、無理矢理レイプされるのが大好きなんですと」書いてあるのでトイレに入ってくる女を待ち構えていたらしい。
「その娘だったら今映画館に居るからちょっと行って呼んできますね」と私はとっさに嘘を付いた。
「あれ、映画館のトイレの方だったのかな」ともう一人の男が言うので私は「そうに決まってるでしょう」と口裏を合わせた。
 男は私の言うことを信用した様子で私の身体から手を離した。
 私は恐る恐るトイレから出ると、辺りを見回した。
 痴漢らしい男は近くには見当たらない。
 私は映画館の裏口までゆっくり歩いて、中に入る振りをして横を向いた次の瞬間に必死で駆け出した。
 全速力で走ってるつもりだけどお酒が入ってるので目眩がして思ったようには走れない。
 裏道を抜けて大通りにでると、どっちに行けばいいのか判らない。
 坂を下りてきたはずだから、帰りは登れば良いはずだと思ってともかく坂道を駆け上がった。
 駆け足なんか女子大の時に体育の授業でやって以来。
 急な坂道なんか駆け上がった事はない。
 それにお酒を飲んで酔った身体で走れるわけ無い。
 すぐに息が苦しくなって気分が悪くなり目眩がしてとても走れない。
 それでも頑張って走ったけどもう駄目。
 坂の途中がしゃがみ込むと目の前がまっ暗でもう動けない。
 誰かが「奥さんだいじょうぶですか」と身体を抱きかかえてくれたのは判ったけどそのまま気を失った。
 目が覚めた時、自分が何処にいるのかすぐには判らなかった。
 天井を見上げると見慣れないランプ。
 必死になって昨夜の事を思い出そうとしたけど、坂を駆け上がった所で倒れた後どうなったのか思い出せない。
 いったい自分はいま何処に居るんだろう。
 不安な気持ちで目を横に向けると大きなテレビが置いてある。
 部屋の中を見る限りではラブホテルみたいだ。
 ベッドには私一人だけど、すぐそばのソファーに男が寝ているのが見えてどきっとした。
 慌てて部屋の中を見回してみたけど他に人影はない。
 誰だか判らないが私をラブホテルに連れ込むとすれば昨夜の中島君か、痴漢かどっちかだ。
 痴漢なら私は昨夜輪姦されたって事になる。
 だけどそれなら一人って事はないから、たぶん中島君らしい。
 中島君が起きる前にこっそり部屋を出てしまおうと思ったけど、服が見当たらない。中島君が私の服の上に寝てるらしい。
 昨日の事を思い出そうとしてみたけどやっぱり全然思い出せない。だけどラブホテルに連れ込まれて何もなかったはずはない。
 服装を確かめると、ブラジャーとスリップは半分脱がされたみたいに胸の下まで降ろされてる。
 肝心のパンティも脱がされちゃってる。
 てことは大変な事だ。
 中島君は昨日の様子では相当遊び慣れてる。
 昨夜このラブホテルでどんな事になったのか大体想像は付く。
 よっぽど上手に責められて乱れまくったにちがいない。
 責められ続けて女の喜びを体験させられたはず。
 だけど何も覚えてない。
 せっかく不倫してドキドキしちゃう体験したはずなのに、全然覚えてないなんて損した気分。
 私はこっそり自分の指で花園に軽く触れた。
 花園が痺れてぴくっと感じる感触はやっぱり普通じゃない。
 指先を花園に軽く押しつけて見ると、感じて来ちゃってもうだめ。
 人妻がナンパされてラブホテルに連れ込まれちゃうのは、旦那の部屋にあった裏ビデオでも見たことがある。
 もう責められまくってもだえて叫んじゃう凄いビデオだった。
 ビデオの場面を思い出すと、勝手に腰が上下に動いて指先に吸い付いてくる。
 そういえば芳恵さんが言ってた。
 プロのナンパ師は酒で酔わせて奪った後、酔いが醒めて目覚めた朝にもう一度女の身体を責めるんだとか。
 それをやられたら人妻の身体はもう男の身体が忘れられなくなるんだとか。
 そうだ中島君もきっと私が目を覚ますのを待ってまた私を責めちゃうのに違いない。
 想像しただけども胸がドキドキして来ちゃってもうとても我慢できない。
 私はもうたまらなくなってもう一方の手で自分の胸を握りしめて押し回した。
 身体が急に震えて来た瞬間に突然昨日の出来事を思い出した。
 そうよ中島君たら立ったまんまで私を責めてきたんだわ。
 私は膝が震えてとても立っていられなくてそんで禁断の喜びを体験したのよ。
 ナンパビデオと同じ体験したのよ。
 だったら中島君、もう一度私を立たせてソファーの背中に両手を着かせて責めたいはず。
 そうよ遊び慣れてる中島君なら絶対そうよ。
 だけど中島君いつまで寝てるのかしら。
 そうだ禁断の喜びを体験した女の身体は自分から男を求めるようになるって芳恵さんも言ってた。
 だったら私から求めても良いって事よね。
 絶対そうよと思い詰めて私はベッドから起きて、中島君の寝ているソファーの横に立った。
 しばらくソファーの側で様子を見たけど中島君起きる気配はない。
 私は思いきって毛布の上から中島君に抱きついて胸を押しつけた。
 驚いたように中島君が毛布を跳ね上げた。
 毛布の下から赤いセーターの胸元が見えた。
 中島君なら昨日着てたのは背広のはず。
 改めて男の子の顔を確かめると私はびっくりして息を飲んだ。
 中島君だとばかり思ってた男の子、さっきからずっとソファーで寝ていたのは長崎君だ。
 なんでこんな事になってるのかさっぱり判らない。
 昨日「奥さん大丈夫ですか」と言って私を抱き起こしたのは長崎君だったみたい。
 じゃ昨夜の禁断の愛の喜びはいったい何だったんだろう。
 長崎君が相手だったて事以外考えられない。
 見かけによらず長崎君、女と遊ぶのが上図だったみたい。
 こうなったら相手が中島君でも長崎君でもどっちだって構わない。
 私の熟れた身体を満足させてくれさえすれば男なら誰でもいい。
 夢中で長崎君にしがみつくと長崎君もすぐに私を抱きしめて唇を押しつけてきた。
 私が舌を入れようとしても、長崎君は口をしっかり閉じたまま。
 すぐには舌をいれて来ないのがわざと焦らすのがテクニックみたい。
 長崎君私の身体を抱え上げてベッドに寝かせた。
 私が足を開くとすぐに私の真上にのし掛かってきた。
 胸を押し回す手つきがぎこちないけどそれがかえって乱暴で男らしい。
 私は膝を持ち上げて長崎君の腰に絡ませた。
 長崎君が腰を押しつけてくると、すぐに長崎君の腰が震えた。
「良子さん」と長崎君がいきなり大声で叫ぶと急に腰の動きが止まった。
 良子さんて誰なのよ、私の名前なら有紀さんでしょうと思ったとき長崎君が身体を離した。
 なんだか変。
 冷たい感触がおへその下あたりに伝わって来た。
 慌てて確かめてみると、長崎君もう終わっちゃったみたい。
 それに長崎君が叫んだ「良子さん」て名前、あの長崎君が五月祭の合コンの時プロポーズした囲碁の中浦二段がたしか中浦良子。
 なんだか急に馬鹿馬鹿しくなって腹が立ってきた。
「良子さんていったい何なのよ」と私は思わず長崎君を怒鳴りつけた。
 不味いことをしたと長崎君もさすがに気が付いて困り果てて言葉がでない。
「奥さんすいません」と平謝りすると長崎君慌ててラブホテルの部屋から出て行ってしまった。
 いったい何がすいませんなのか本当に腹がたってしょうがない。

10.誘惑<< ページトップ >>12.痴漢願望

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII