人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

19.強制レイプ

 ラブホテルの玄関を出て、裏通りから大通りに出てみると近くにすぐ地下鉄の駅がある。
 私は案内板を確かめて地下のホームに降りた。
 電車を待っている間、私は気になってさっきのデリヘルのビラを確かめてみた。
 もしかしていつか玄関に落ちていたランジェリーパブのビラと同じ所が経営してるのかもしれない。
 だとすれば、玄関に落ちていたビラは叔父が落としていったことになる。
 ビラの裏表を確かめてみたけど、経営者の名前などは見あたらない。
 デリヘル嬢らしい写真の横にバーコードの模様が印刷されてる。
 携帯のホームページでデリヘル嬢を選べるらしい。
 電車が入ってきたので開いたドアに乗るともう夕方の時間で結構混んでた。
 立ったまま手すりを掴むと、さっきの叔父の感触が口の中に残っていてよだれが出てくる。
 さっきの生フェラの感触が唇と舌によみがえって来ると身体が震えてちゃいそうになる。
 生フェラなんか教えてくれる男性と付き合うチャンスなんて滅多にない。
 やっぱり今日叔父に生フェラを教えてもらったのは絶対得だったと思うとなんだか嬉しい気分になった。
 窓のガラスに映る自分の顔がなんだかいつもの顔と違うのが自分でも分かった。
 まゆが上につり上がって、口元もゆるんだ顔は女の喜びを感じた後の顔だ。
 不倫くらい当たり前、これで私だって一人前の女なのよと思うとやっぱり嬉しい。
 デリヘルのビラをもう一度見直して見たとき、もしかして旦那がパソコンでデリヘルのホームページにアクセスしてるんじゃないかと思い浮かんだ。
 それならとデリヘルのホームページに今すぐ携帯でアクセスして見たくなった。
 バッグから携帯を取りだしてみると、叔父からメールが入ってる。
 メールに何が書いてあるのか怖くてとても開けられない。
 やっぱり携帯をしまおうとした時に、後ろから誰かがお尻を触ってくる感触があった。
 後ろからくすぐるように指先を使ってお尻を撫でてくる感触は間違いなく痴漢だ。
 痴漢から逃げようとして、前に動こうとするといきなり私の目の前に男が立ちはだかった。
 男の顔を見上げると、以前の実験医学研究所からの帰りに毎日あっていた痴漢の男。
 待ち伏せされてたらしいと気が付いたがもう逃げられない。
 すぐに私の両脇も別の痴漢の男が挟み込んで取り囲んだ。
 私のスカートが後ろからたくし上げられると、お尻に指の感触が触れてきて寒気がした。
 前からもスカートの下に手をいれられて、パンティーの股の間に指先が滑り込んだ。
 さっき叔父に責められて濡れたままのパンティーを指がさぐると、痴漢の男の顔がいやらしくゆがんだ。
「濡れてるじゃないか」と微かな声で囁かれて私はとても立って居られなくなった。
 男の指先が花園にそって動き始めたがなんだか変な感触。
 人差し指が長すぎる。
 いきなり指先が花園の奥まで押し入れられると、中で微かに震え始めた。
 指の先にバイブをつけて押し込んできたらしい。
 急に足が震えてきたけど、痴漢の手が私を下から持ち上げるように支えて座り込みそうになるのを止めている。
 ともかく我慢するしかないと、気が遠くなりそうな時間が過ぎると電車がホームに止まった。
 慌てて開いたドアからホームに降りると、いそいで階段を駆け上がった。
 バイブがまだ花園の奥に挟まって震え続けていて、足がもつれてとても走れない。
 階段の途中の身体障害者用のトイレに入ってバイブを外そうと思ったけど、後ろから痴漢が追いかけてくるのが見えた。
 トイレに入ったところを痴漢に捕まれば何をされるか分からない。
 私は必死で駅の階段を上がると、改札口の外に飛び出した。
 バイブの振動は急に強くなったり弱くなったりを繰り返してくるので、足がもつれてとても歩けない。
 怖くて後ろを振り向けないけど、ともかく急いで家に戻るしかない。
 公園の側までなんとか歩いたとき、急にまたバイブの振動が強くなってとても我慢しきれない。
 勇気を出して後ろを振り返って確かめると、さっきの痴漢らしい男達はいない。
 私はこれで何とかなると思って慌てて公園のトイレに入ると、個室のドアを閉めてバイブを外した。
 やっと息が楽になって少し休んでから、トイレのドアを開けようとして私はまた急に怖くなった。
 トイレの外でさっきの痴漢達が待ち伏せしてるかもしれない。
 こんな所で痴漢に捕まれば、それこそ何をされるか分からない。
 しばらく様子を見た方が良さ法だと思い直して私は物音に耳を澄ませた。
 微かに聞こえてくるのは女性の喘ぐような鳴き声だけ。
 トイレの近くのベンチできっとカップルが抱き合ってエッチな事でもしてるに違いない。
 小一時間程様子をみたが、女性の声が急に泣き叫ぶような声になった。
 今なら痴漢が待ち伏せしていても、女性の声に気を取られてるに違いない。
 私はそっとドアを開けて、まず最初にトイレの中を確かめた。
 見渡しても誰もいない。
 トイレの入り口から近くのベンチの様子を確かめてみるとやっぱりカップルのエッチな場面が見えた。
 女の子がベンチの背中に両手を付いて、男が後ろから責めてる。
 公園の中には他にもカップルが何組かいるのに、わざと見せてるみたい。
 逃げ出すには今がチャンスと私はこっそり公園を出て家の前に戻った。
 部屋の窓を見上げると、旦那のパソコンの部屋の明かりがついてる。
 これでもう大丈夫と思うと私は急に腰が抜けたようにしゃがみ込んだ。
 座り込んだまま立ち上がろうとしても、足に力が入らない。
 遠くから近づいてくる車のクラクションの音で私はやっと立ち上がって家に戻った。
 寝室に入ってベッドに倒れ込むとすこしずつ身体が楽になって、気持ちがしっかりしてきた。
 気が付くとさっきから痴漢に入れられたバイブを握りしめたまま手が汗ばんでる。
 今すぐ私にはしなきゃいけないことが有るはずと自分を奮い立たせた。
 旦那はパソコンの部屋に居るはず。
 叔父に汚されたこの身体、旦那にきれいにしてもらうしかない。
 そうよ我慢して叔父にバックから責められて、フェラチオまでさせられたのはみんな旦那のためなのよ。
 寝室の壁にブルセラショップで買ったセーラー服がまだハンガーに掛けてあるのが目に留まった。
 そうよ、まずはセーラー服に着替えて旦那の前で色気のあるポーズで誘って。
 そんでだめならフェラチオで立たせて、とりあえず旦那にバックからやってもらうのよ。
 旦那はセーラー服が好きだし、黒のガーターベルトに、黒のストッキングも好きだから服を着たままなら絶対上手く行くはず。
 その後は旦那が駄目でも私が上になって腰を使えば男なんだから出来ないはずなんかないわよ。
 そう思うとなんとか元気が出てきた。
 私はセーラー服をハンガーから降ろして着替えると、こんどこそと意気込んで旦那の部屋のドアを開けた。
 パソコンに座ってる後ろ姿を見て私はどきっとした。
 旦那とばかり思ってたけど、長い髪の真っ赤なセーターは長崎君。
 部屋を見回してみたが旦那の姿はない。
 そう言えば旦那は今日は帰りが遅いと朝出かけるときに言ってた。
 旦那は几帳面だから、早く帰るときは必ずメールで知らせてくる。
 私はこの際もう長崎君でもいいやと思って、わざとスカートの裾をめくって下のガーターベルトを見せた。
 男はガーターベルトには弱いはず、そして女に誘われたら断れる男はいないはずと私は心のなかで確信した。
 だが長崎君は目の前で何が起きているのかまだよく理解できない様子で私のセーラー服姿を見つめてるだけ。
 私はここでもう一押しと思って、スカートの裾をもう一段めくって下の黒いレースのパンティーがよく見えるようにしてみた。
 そこまでされ長崎君も私に誘われてるってことに気が付いた様子。
 長崎君はパソコンの椅子から立ち上がって、大きく目を見開いたまま私の前に歩み寄った。
 ズボンの下が大きく盛り上がってるのがはっきりと分かる。
 こうなったらもう生フェラするしかない。
 旦那にフェラチオするつもりだったけどこの際もう誰だっていい。
 フェラチオさせて貰えるなら相手が誰かなんてどうだっていい。
 私はゆっくりと長崎君の目の前に膝を着いた。
 長崎君も私が何をしようとしてるのか分かったらしくて、膝が小刻みに震えてるのが可愛い。
 ズボンの上からそっとさわって確かめてみると、もうピンピンで我慢しきれないのが伝わってきた。
 長崎君のズボンのジッパーを下げると私は叔父に教わったように舌をからませた。
 とりあえずフェラチオの後は叔父にされたようにバックからやってもらおうと心に決めて私は舌を使った。
 舌先を震わせながら奥まで飲み込もうとしたとき、急に舌先に冷たい感触が飛び跳ねた。
 口の中に男の味が広がって鼻先がつんと来た。
 長崎君たら、もう終わっちゃったみたい。
 なんとかもう一度頑張って舌を使ってみたけどまたすぐに終わってしまった。
 これじゃあ何度やっても一緒。
 とてもバックからなんか出来やしない。
 長崎君は自分でもどうにもならないらしく泣き出しそうな顔で「奥さんごめんなさい」とだけ言って玄関から飛び出していってしまった。
 結局私はパソコンの前で一人で取り残されたままで情けな言ったりゃありゃしない。
「おい雌豚」と急に男の声が聞こえてきて私はびっくりした。
 部屋には私しか居ないはずと見回してみると声はパソコンのスピーカーから聞こえてきたらしい。
 そういえば長崎君さっきパソコンでなにかやってたのを思い出してパソコンの画面を確かめると、画面のウィンドウにあの時の邦夫さんが映ってる。
 どうやら長崎君は邦夫さんとビデオチャットしてたらしいと分かって私はまずいことになったと気が付いた。
 邦夫さんとはビデオチャットでいろいろとエッチな話もしてるしチャットセックスまでしちゃった相手だ。
 たぶん長崎君がインターネットにアクセスしてるときに、邦夫さんに見つかってビデオチャットに誘われたに違いない。
 いくら長崎君が見た目は赤いセーターで長い髪でもボイスチャットなんかすれば男だってすぐ分かる。
 長崎君が邦夫さんといったいどんな話をしたのか。
 邦夫さんが私の事を長崎君から聞き出したのか、それとも長崎君が邦夫さんから私のことをあれこれ聞いたのか。
 どっちだか分からないけどどっちでもそれはそれで大変なことになっちゃう。
 ともかく今何を話してたのか確かめないといけないと思って私は「今晩は」と取りあえずパソコンに向かって言ってみた。
 マイクが入ってたらしくて、邦夫さんがすぐに「おいご主人様と呼べって言ってあるだろう」と言い返してきた。
「今晩は、ご主人様」と私が言い直したとき私は大変なことに気が付いた。
 たった今長崎君に生フェラしてた所をビデオチャットで見られたのかもしれない。
 もしかして私が生フェラしてる所を録画して、どっかの掲示板にでも載せられたら大変だ。
「見てたんですか」と私が思わず邦夫さんに話しかけると邦夫さんは「全部見えてるに決まってるだろう」とまた言い返した。
 いったい何をどこまで見られたのか、これじゃあ分からない。
「さっきまで何話してたんですか」と私はとっさに口をついて言葉が出た。
「さっきまでって、さっきビデオチャット出てた赤いセーターの女の事か」と邦夫さんがすぐ返事を返してきた。
 どうやら長崎君キーボードだけで話してたらしくて、邦夫さんは長崎君の事を女の子だと思いこんだらしい。
 これは好都合、うまく話を聞き出せるかもしれないと思って「まだ中学生なんですよ、中学生なのに生フェラ大好きなんです」と試しに言ってみた。
「お前の妹か、可愛いじゃないか、名前はなんて言うんだ」と聞かれて「由香利ちゃんです、親戚の姪っ子なんですよ、まだ中学一年なんです」と出鱈目を言ってみた。
「由香利も今度は俺の奴隷にしてやるぜ」とまた邦夫さんが的はずれな返事をしてきた。
 邦夫さんはさっきまでビデオチャットをしてた長崎君を女の子だと思いこんでるらしい。
 きっと長崎君が顔が映らないようにして、ごまかしてビデオチャットしてたに違いない。
「それで、なんの話してたんですか、由香利ちゃんと」と試しに話を向けてみた。
「いつも学校に行くとき痴漢にあって困ってるんだってな」と邦夫さんに言われて私はそれは有りそうな気がした。
 うまく邦夫さんから話を聞き出そうとして作り話をしてたには違いないけれどもそれだけでもないみたい
 長崎君はどちらかと言えば小柄だし、赤いセーターに長い髪なら後ろから見たら女の子に見えないこともない。
 痴漢に狙われるのもあり得ない話ではない。
 それに長崎君が邦夫さんに痴漢の話を聞き出そうとしたのにはまだ他に理由があるに違いない。
「あの子ね、本当は痴漢に遭いたいんですよそれでわざとスカート短くしてるんです」
「だけどなかなか痴漢にあえなくて、痴漢に必ず逢えるか方法とかあるんですか」と探りを入れてみると「だったら痴漢の掲示板に載せればいいよ」
「電車に乗る前に今から乗りますからって、写真を載せておけば必ず逢える」
「それに、駅や公園のトイレなんかで待ってるのもよくあるんだ」と邦夫さんが教えてくれた。
 やっぱり変だ、邦夫さんがそんなことを知ってるというのは絶対あやしい。
「じゃあ、その痴漢掲示板のアドレス教えて下さい」と私が言うとすぐに折り返しURLがメッセージで届いてきた。
 邦夫さんとビデオチャットをしながらアドレスを確かめてみるとやっぱり痴漢に遭いたいとかいう書き込みがいっぱいある。
 急に邦夫さんが「おい、いま手にもってるのはバイブだろう」と言い出したので私はびっくりして自分の手元を見た。
 気が付いてみるとさっきから地下鉄で痴漢に入れられたバイブをしっかりと握りしめたままだ。
「さっきは姪の由香利にそのバイブの使い方教えてたんだろう、ちゃんと判ってるんだからな」
「ビデオチャットでそこで二人でなにしてたか全部見えてたんだぜ」と邦夫さんに言われて私は邦夫さんが出任せをいってるんだとすぐ気が付いた。
 私が長崎君に生フェラしてたのはビデオチャットのカメラではよく見えなかったに違いない。
「由香利もお前も生フェラが大好きでその上レズか。たいしたもだんな」と邦夫さんに言われて私は慌てて「そんなことないです」と言い返したがどう言い訳していいのか判らない。
「バイブの使い方教えるなんて口実で本当はレズなくせしやがって、嘘つくんじゃねえ」と邦夫さんに言われて「私、由香利さんに相談されただけなんです、オナニーが止められないって」と途中まで私が言うと「痴漢に遭った夜は、痴漢の指が忘れられなくて、自分で指を使いたくなるんだぜ、女ってそうゆうもんだ」と邦夫さんが言い出した。
 私は適当に話しを合わせればいいと思って「そうなんです、女って痴漢にあうと感じちゃって、だから誰にも相談できないんです」と思いつくままに返事をした。
「それでバイブの使い方を由香利に教えたって訳か。お前も電車で痴漢に遭ったときは、夜はバイブを使ってるんだろう」と邦夫さんに追求されて私はうっかり「そうなんです、ホントよくご存じですね」と答えてしまった。
 すると「おいドスケベ女、いつもそのバイブ使ってるんだろう、今すぐそのバイブを使うんだ」と邦夫さんが急に脅すような怖い声で命じてきた。
「ビデオでよく見えるように足を広げろ。一言でも逆らったら、その掲示板にお前のビデオを載せてやるからな、逆らえると思ってるのか」と怒鳴りつけられて私は急に怖くなった。
 以前邦夫さんとビデオチャットしたときのビデオを録画してあったりしたら大変だ。
 インターネットの掲示板にそんな物を載せられたらいつ旦那にばれるか分かったものじゃない。
 言われた通りにするしかないと思ってバイブのスイッチを入れると、プーンという振動が手に伝わってきて子宮の奥まで痺れたように引きつった。
 このままだったらこの後なにをさせられるのか分かり切ったこと。
 チャットを止めようと一瞬思ったけど、やめたら掲示板に危ないビデオを本当に載せられちゃうかも知れない。
 だけどこのまま邦夫さんの言いなりに成るわけにはいかない。
「私今度デリヘルでバイトするんですよ、面接があったんです」と上手く話をそらそうと思って言ってみた。
 男だったらデリヘル女なんか相手にしたって金をせびられるだけだと思っていやがるはずだ。
 だけどデリヘル女とタダでつき合えたら得だと思う男だっているはずだとすぐに気が付いて私は不安な気持ちで邦夫さんの返事を待った。
「俺がもっと良い店紹介してやるぜ、一晩中入れっぱなしにしてもらえる店だ。監禁されて逃げられないんだぜ」と邦夫さんに言われてやっぱり私はまずいことをいってしまったと後悔した。
「デリヘルよりは、ランジェリーパブの方が向いてる勧められたんです」と取りあえず言ってみると「お前みたいな、ドスケベのド変態女が、ランジェリーパブなんか勤まるわけないだろう。お前はデリヘルで毎晩生フェラするしかできない女だ。生フェラ女のくせしやがって」と邦夫さんに言い返されて私は急に身体が熱くなった。
「今日は入店の面接で生フェラさせられちゃったんです。上手だって褒められちゃって」と話すとなんだか気分がよくなった。
「毎晩生フェラしたくてたまらないんだろう、それで毎晩バイブ使うのがやめられないんだろう」とわざと虐めるような口調で邦夫さんに言われるとまた身体がかっと熱くなった。
 邦夫さんの男の色気たっぷりの声を聞いてると、子宮が奥から痺れて花園が濡れてきちゃってとても我慢しきれない。
 私は手に持ったバイブを一番感じる所に押し当てた。
 強い刺激がバイブから伝わってきて私はもう止められなくなった。
 邦夫さんに指示されるままに足を開いてバイブを奥まで入れると時が経つのが分からなくなった。
「おいいますぐしゃぶりたいんだろう、しゃぶらせてやるぜ」といきなり邦夫さんの大きな声が聞こえて私はパソコンの画面に視線を戻した。
 画面には大きくそそりたった邦夫さんの鉄柱がはっきりと映っていた。
 先端が不気味に膨らんだその形と色は、さっき見た長崎君の子供みたいなのとは全然違う。
 叔父のあの立派な物に比べても異様なくらいの黒紫に光って反り返って凄すぎる位の迫力。
 私は目眩がして気が遠くなりそうな気分で、邦夫さんの鉄柱から目が離せなくなった。
 邦夫さんが腰に力を込めると、生き物のようにぴくんと反り返って上下に揺れる光景には目が丸くなって声もだせない。
 画面が急に変わって、生フェラさせてる所をビデオで撮ったらしい光景がウィンドーに映った。
 トイレで生フェラさせてるらしくて、セーラー服を着た女子高生の顔は半分しか見えない。
 女の舌が太い先端に絡みつくのがビデオに映るのが見えて私はもういますぐしゃぶりたくて口が渇いて唇を噛んだ。
 女の子顔が上を向いたとき私はセーラー服に見覚えがあるのに気が付いた。
 いつかブルセラショップで私が買ってきたのと同じで、芳恵さんがパソコンの修理に来たとき着て帰ったやつだ。
 私はもしかしてこのビデオ芳恵さんに生フェラさせてる所かもしれないと一瞬思った。
 だけど女の子の顔がまた下を向いたので顔までは確かめられない。
「いますぐまで出てこい、今すぐしゃぶらせてやるぜ、お前がいやなら由香利にしゃぶらせてやるぜ」と邦夫さんに言われて私はびっくりしてしまった。
 女子大生とはいってもまだ子供の由香利さんにこんな凄いのをしゃぶらせるなんてとても想像できない。
 きっとまだ生フェラなんて経験したこと無いはず。
 由香利さんにこんなすごいの無理矢理しゃぶらせるなんてとてもさせられない。
 だったら私がしゃぶるしかない。
「私がしゃぶります、いますぐ公園まで行きます」と返事をして私はさっきまで邦夫さんとビデオチャットしてた長崎君を由香利さんだと嘘を話したのを思い出した。
 由香利さんがしゃぶる訳じゃないけど、長崎君が邦夫さんに呼び出されたりしたらもっと大変だ。
 もう行きますと返事をしてしまったし、それにしゃぶらせて貰えるんならその方がいいに決まってると私は自分に言い聞かせた。
「いますぐしゃぶりたいんだろう、しゃぶらせてやるから、バイブいれたまま、公園まででてくるんだ。今着てるセーラー服でそのまま来い」と邦夫さんに言われて私はびっくりした。
「いやらな、出てこなくていいんだぜ、そのときはお前はもう死ぬまで生フェラなんかするチャンスはないからな、分かってるんだろうな」と邦夫さんが脅すような口調で畳みかけた。
「お前みたいな女の相手をする男なんて居るわけない、もう男とは一生つき合えないんだぜ。生フェラさせて貰えるのは今しかないんだ」とまで言われても私は言い返せなかった。
 このさき死ぬまで生フェラさせて貰えないなんて絶対やだけど、なんで私が今すぐ邦夫さんに生フェラしないと、一生できないなんて事にことに成るんだろう。
 どうしてなんか分からないけど、生フェラさせてもらえる相手なんて頼んでも居るわけ無い。
 私は旦那にだって相手をしてもらえないし、長崎君は肝心の時は役立たず。
 私の相手なんかしてくれる男は居るわけ無い。
 やっぱり今すぐ邦夫さんに生フェラするしかないってのは本当だと思うしかない。
 この間の芳恵さんがビデオチャットしてた相手が邦夫さんなら芳恵さんもやっぱりにセーラー服を着たまま公園出てこいと誘われたはず。
 バイブを入れたまま公園に誘っておいて生フェラさせただけで、返して貰えるはずはない。
 きっと駅前のラブホテルまで連れて行かれたに違いない、その後は車に乗せられて山奥の人のいない別荘に連れ込まれちゃうんだ。
 邦夫さんが前言っていた調教というのをするならやっぱり場所はどこかの山奥しかない。
 私も同じ目にあわす気なんだろうか。
 遊ぶだけ遊んだあとはデリヘルに売り飛ばす気なんだろうか。
 売り飛ばされたら監禁されて調教とかをされるんだろうか。
 旦那が役にたたないまま、何の体験もせずに年をとるよりは、監禁されたほうがよっぽどまし。
 それに芳恵さんが邦夫さんに何をさせられたか確かめるためにはやっぱり私が公園に行くしかない。
 バイブの電源を入れて花園に入れてみると、少し押しただけですっぽりと奥にはまった。
 痴漢に入れられた時は、先がちょこっと入ってただけだったけど自分で入れてみると結構簡単に奥まで入る。
 すっかり奥までいれてしまったほうが、かえって楽でなんとか歩くくらいは出来そうな気がした。
 バイブを入れたままドアを開けてマンションの廊下を歩くと、歩くたびにバイブの先が奥に食い込んでくるような感触があってびっくりした。
 エレベータのドアを開けて中に入ると腰が震えてしゃがみ込みそうになっちゃいそう。
 下に降りるボタンを押そうとしたけど指先が震えて止まらない。
 エレベータが止まる瞬間に下からバイブが突き上げてる感触が襲ってきてとても立っていられない。
 やっとのことでエレベータを下りてマンションの玄関を通り抜けて、外の風に当たると歩くたびに腰が震えてとても歩けない。
 一歩先に進むたびににバイブが奥まで挟まってきつく締まってくる。
 バイブの振動が体中に伝わって、膝が震えてとても歩けないけど、ばんばって歩くしかない。
 やっとの事で公園まで来ると広場の周りのベンチにはカップルがいつものように並んでいる。
 邦夫さん言われたとおりトイレの裏で待ってるとすぐに声を掛けられた。
 そのまますぐに木に寄りかかったまま耳たぶを嘗め回されるともう逆らえない。
 邦夫さんの舌ががすぐに口の中に入ってくると舌がもう溶けてしまいそう。
 もうしばらく旦那とは夫婦生活もないし、ついさっき叔父に乱暴に扱われたばかりの身体は優しくされるともう逆らえない。
 手慣れた手つきで邦夫さんの手が私のセーラー服の脇腹をなで上げてくると、息が苦しくて目眩がしてきた。
 邦夫さんの手が私のセーラー服のスカートの下からバイブのスイッチをいじると急に振動が強くなったり弱くなったりを繰り返し始めた。
 もうとても立っていられないけど、邦夫さんが私の身体を押さえつけて支えながら胸を押し回してきた。
 気持ちよくて頭の中はもう空っぽで、邦夫さんにならもう何をされてもいいと期待で胸がいっぱいになった。
「生フェラ好きなんだろう、いますぐやらせてやるぜ」と邦夫さんにささやかれて、私ははっと気が付いた。
 ずっと前この公園でちょうのこの辺りの木に寄りかかってる男に生フェラしてる女を見たことがある。
 もしかしてあの時の生フェラ相手の男性はこの邦夫さんだったのかもしれない。
 わざと人に見せるためにこんな所で生フェラさせられちゃうなんてやっぱりやだ。
「トイレに行かせて」とそれとなく誘ってみると「トイレで生フェラしたいんだね」と邦夫さんが言ってくれた。
 邦夫さんに身体を支えてもらって私はなんとかトイレまで歩いた。
 個室のドアを開けると、邦夫さんが身体を入れ替えて先に入ると、ズボンを降ろしてトイレの便器の上に浅く腰をかけた。
 すっかり大きくなった鉄柱がトイレのちいさな明かりの中でまぶしく見えた。
 私が口を近づけて舌を触れさせようとしたとき、邦夫さんが私の髪の毛を掴んで、顔を上に向けさせた。
 何をするんだろうと思ってると、私の口に白いプラスチックの口枷のようなものを挟んだ。
 なんのつもり何だろう生フェラだったら自分でちゃんとやるからいいのにと思って声を出そうとしたが何か言おうとしても声にならない。
 邦夫さんがまたポケットから何か出すと、長い紐のさきに手錠が付いてる道具が見えた。
 私の両手に手錠をかけると、トイレのパイプを通して私の頭の上に締め付けた。
 口枷の金具に通してひっぱると私の口の奥まで邦夫さんの大きな物が押し込まれた。
 両手と頭が紐でひっぱられて痛くてとても立ってられない。
 膝をついて屈み込もうとしたとき、いきなりトイレのドアが開いて私の後ろに誰かが立った。
 男の身体が後ろから私のお尻におしつけられてくると、大きくなった物がはっきりと分かった。
 いったい何が起きてるのか自分でも分からなかったけど、邦夫さんが最初から仕組んだことには間違いない。
 私のセーラー服のスカートをたくし上げて、お尻を撫で回す手つきに私はすぐにさっきの地下鉄の痴漢と同じ手つきだと気が付いた。
 黒いレースのパンティーが膝まで降ろされると冷たい感触がアナルに滑るように押しつけられてきた。
 何かの軟膏みたいな薬を塗りつけられたらしくて粘膜が急に熱くなると痺れて感触がなくなってきた。
 痴漢の男の指先が少しづつ滑るように押し込まれると、中で押し広げる動作を何度も繰り返した。
 指の動きが不意に止まると、逞しい鉄柱が狭い入り口に押しこまれて来た。
 ゆっくりとした動きと激しい動きを交互に繰り返してくる鉄柱は快楽の時を告げる鐘を鳴り響かせた。
 後ろから押し込まれるたびに身体が前に押しつけられて、喉の奥まで邦夫さんの逞しい物が届いてきた。
 何でこんな目に遭わなきゃいけないのか訳が分からないけど、こんなすごい体験させてもらえて涙がでちゃうほど嬉しい。
 私の身体が引きつって止まらなくなると、不意に男が身体を離してトイレのドアから出て行った。
 すぐに別の男が身体を入れ替えて私の後ろに立つと、同じ動作を繰り返してきた。
 気絶しそうなくらい強烈な快感が私の中から吹き出すと身体を突き抜けて通り過ぎた。
 時間が止まったまま永遠の時を繰り返し、天国の快楽が私の身体を奈落の底に突き落とした。
 ようやく邦夫さんが私を縛っていた手錠を外してくれたとき、私は泣きじゃくって邦夫さんにしがみついた。
 私の身体をトイレの壁におしつけて支えながら、邦夫さんの舌がもう一度私の口の中に入ってきた。
 優しいすぎるほどの優しさで胸から脇腹を撫で回されて、もうこれ以上の喜びなんてないくらいに私は泣き続けた。
 邦夫さんが私の耳を嘗め上げながら「まだ帰りたくないだろう」とささやいて来た。
 私だって邦夫さんに、もっともっと可愛がってもるならその方が良い。
 ここまでされたらもうとことん最後までしてもらわなきゃもうとても我慢なんか出来ない。
「お願い、二人っきりになりたいの、今すぐ」と精一杯のおねだりの言葉を言ってみた。
 邦夫さんも私の気持ちをすぐ察して「駅前のラブホテルでいいだろう、あそこはちょっと変わった部屋もあるんだ」と誘ってくれた。
 こうなったら断れる気なんか起きるわけはない。
 トイレから出て辺りを見回すと、さっきの痴漢達はもうどこに行ったのか姿が見えない。
 駅前への近道に通じる公園の出口に向かって歩きかけたとき私は人影に気が付いた。
 公園のすぐ外からこちらの様子を伺ってる様子。
 赤いセーターに長い髪は長崎君みたいだ。
 私は長崎君にたった今の出来事を全部見られてしまったと思い、一瞬身体が強ばった。
 だけどよく考えてみると、トイレの中の出来事までは長崎君の場所からは見えるわけはない。
 それにさっき私が寄りかかっていた木も、トイレの裏手で長崎君の場所からは見えなかったに違いない。
 どっちにしろセーラー服を着たまま男と手を繋いで歩いたりすればすぐに私だとばれちゃうのは当たり前。
 このまま長崎君の見てる前を歩いて駅前のラブホテルになんか行けるわけはない。
「ね、家にきて、今旦那いないから」と私は恐る恐る邦夫さんを誘ってみた。
 いくら遊び慣れた男でも不倫相手の人妻の家になんか来るわけ無い。
「じゃあ、そうしようか」と邦夫さんが言ってくれて私はほっとした。
 邦夫さんの手が後ろから私のセーラー服のスカートの下からお尻を触ってきた。
 さっき薬を塗られて痺れたままのアナルをさぐるように指先で撫でられると、背筋が寒くなった。
 邦夫さんの指先がアナルに押し入れられると今度は急に目眩がしてくらくらしてきた。
 こんな所を誰かに見つかったら大変だとおもうと、身体が急に熱くなって溶岩が流れ込んだように燃え上がった。
 マンションの玄関からエレベータに入ると、邦夫さんはすぐに私をエレベータの壁に押しつけた。
 胸を揉まれながらエレベータが動き始めると邦夫さんの手が私のセーラー服のスカートの裾をめくり上げた。
 エレベータが止まっても、邦夫さんはドアを閉めるボタンを押したまま私の唇を吸い続けた。もうどうなってもいいと思ってると、エレベータのドアが開いて邦夫さんがドアの外に私をひっぱりだした。
 エレベータの出口のすぐ横の非常口を邦夫さんが開けると、目の前は非常階段。
 真っ暗な曇り空の下にはさっき私が居た公園も見える。
 邦夫さんは私を非常階段の手すりの前まで歩かせ、背中を押して前屈みにさせた。
 すぐにうしろからセーラー服のスカートをめくり上げると、レースのパンティーの裾に指をくぐらせて股の生地を後ろからひっぱりあげてきた。
 叔父にも同じ事をやられたけど、バイブが入ったままやられちゃうと強烈。
 生地が花園に食い込んでバイブを奥まで押し込んできて感じちゃってもう駄目。
 邦夫さんが私のパンティーを今度は膝の下まで引きずり降ろすと、アナルに指が入ってきた。
 押し回すように入り口を広げると、すぐに邦夫さんの鉄柱が押し込まれてきた。
 バイブの振動が鉄柱を包み込むように伝わるともう死んじゃいそう。
 目眩がするような快感が嵐のように私の身体を突き抜けた。
「おい、下を見てみろ」と邦夫さんに言われて私は公園の裏通りに気が付いた。
 電柱の陰で下から見上げているのは、赤いセーターを着た長い髪のさっきの長崎君だ。
「由香利って中学生は、親戚の子だったな」
「二人そろって、痴漢が大好きで、生フェラも得意なド変態女だな」と邦夫さんに言われて私は返事ができずに涙がこぼれた。
 ようやく邦夫さんが私の身体から離れると、私は非常階段の床にしゃがみ込んで立ち上がれなかった。
 邦夫さんは私が落ち着くのを待って立たせるとエレベータの前に戻り、廊下を歩いて私にマンションのドアを開けさせた。
 旦那は居ないはずだが、こんな所を旦那に見つかったらと大変だと思って身体が震えた。
 私の後から邦夫さんが玄関に入ると、いきなり邦夫さんが身体を入れ替えて私をドアに押しつけた。
 邦夫さんの手がドアのロックを回すと、私の頭をドアに押しつけながら唇をふさがれた。
 胸を乱暴に押し回されて息が苦しくなってため息をつくと、今度は後ろを向かされてドアの郵便受けに両手を付いた姿勢を取らされた。
 スカートをめくられてさっきの非常階段の時と同じような格好でまた後ろから邦夫さんが入ってきた。
 ゆっくりとした腰の動きを繰り返しながら急に激しく突き上げてくる腰の動きに私は自分が何処にいるのかも分からなくなって頭を仰け反らせて涙ぐんだ。
 いきなりドアのチャイムの音がして渡しはびっくりして震え上がった。
 たった今このドアの外に誰かいて私の声を聞いていたに違いない。
 近所の奥さんだろうか、それとも宅急便の配達人か、それとも旦那が帰ってきたのか。
 誰にしてもこんな所を見つかったら大変だ。
 私は急に背筋が寒くなって体中が縮こまった。
 邦夫さんはドアのチャイムの音が分かっているはずなのに、後ろから突き上げる腰の動きを止めようとはしない。
 必死で喉から声が漏れそうになるのをこらえて、ドアスコープからドアの外を確かめると真っ赤なセーターは長崎君らしい。
 こんな所を長崎君になんか見つかったらそれこそ大変。
 だけど止めてなんて声にだして言えるわけ無い。
 身体を捩って邦夫さんから逃げようとしたけど、邦夫さんの両手は私の腰をしっかりと掴んで私を逃がさない。
 繰り返し何度も後ろから突き上げられて私は声も出せずに気絶しそうになって半分倒れ込んだ。
 それでも邦夫さんの両手が私の腰をしっかりと掴んで私を立たせたまま逃がさない。
 玄関の床に両手を付いて、必死で邦夫さんの激しい一撃をこらえたけどもう駄目。
 思わず「助けてー」と声にならない声で叫んだけど、もうドアのチャイムの音は聞こえてこない。
 長崎君がどう思ったか分からないけどドアスコープで見てもドアの前には誰もいなかった。
 私は体中から力が抜けて玄関のマットにしゃがみ込んだまま動けなかった。
 邦夫さんが玄関先から居間に通じる廊下の横に置いてある電話機を持って私の前にたった。
「おい、いますぐ由香利に電話するんだ、電話して今すぐここに呼べ」と邦夫さんに言われて私は困ってしまった。
 邦夫さんはたったいまドアの外に居たのが由香利さんだと本気で思いこんじゃってるみたいだ。
 それでいますぐ由香利さんを呼べといってるらしいけど、本当はドアの外に居たのは長崎君だ。
 由香利さんを呼べと言われても代わりに長崎君を呼びつける訳にもいかない。
「おい、いますぐ由香利を呼ぶんだ」ともう一度邦夫さんに大声で怒鳴りつけられて私は泣き出してしまった。
「まだ中学生なんです許して」と私が嘘を付くと邦夫さんもそれで納得したみたい。
「それなら一番仲の良い女友達に電話しろ、それでもいい」と邦夫さんに言われて私は電話するなら芳恵さんしかいないと決心した。
 芳恵さんが電話に出ると、私の声が変なのにすぐ気が付いて「何かあったの」と心配そうに聞いてきた。
「今あったことを話すんだ」と邦夫さんに言われて「今玄関の前で入れられたの」と芳恵さんに報告した。
「あらなんだ、旦那さん元気になったの良かったじゃないの」と芳恵さんが嬉しそうな声で返事をしてきた。
「相手は旦那じゃないの」と私がまた言うと「あれっ、じゃあ長崎君でしょう、男の子はやっぱり元気が有るわね、なかなかやるじゃないの」とまた素っ頓狂な返事。
「そうじゃないの」と私がまた言うと芳恵さんはちょっと心配そうな口調で「じゃあ誰なのよ」と聞き返してきた。
「今日あったことを全部話すんだ」邦夫さんに命令されて私は今日の出来事を残らず芳恵さんに話した。
 長崎君に見られた事も話そうと思ったけど、邦夫さんには由香利さんだと言ってあるので、由香利さんに見られたと嘘をついた。
 由香利さんが私の家に遊びに来たことにしてなんとか話しの辻褄を合わせるとすぐ側で邦夫さんが納得した顔付きで頷いてる。
 芳恵さんは信じられない様子で返事もせずに黙って聞いているだけだった。
 一通り話が終わると「ねえ、有紀ちゃん大丈夫、夢でも見てたんじゃないの」と心配そうな口調で話しかけてきた。
 邦夫さんが私の手から受話器を取るとなにか芳恵さんと話をしてるのが聞こえた。
 大声で言い争ってるような芳恵さんの口調が電話口から私の耳にも聞こえてきた。
 だけど邦夫さんがあれこれと話しを続ける内に芳恵さんの口調は大人しくて素直に「はい」という返事を繰り返すのが続いた。
 由香利さんの話をしてるらしいけど、邦夫さんが芳恵さんから何を聞き出そうとしてるのかは聞いていてもわからない。
 邦夫さんが携帯を取り出すと、携帯の画面が何度か切り替わった後に由香利さんの顔が映った。
 以前どこかの痴漢掲示板に載っていた由香利さんの写真らしい。
 どうやら邦夫さんは由香利さんの事を芳恵さんから聞き出したらしい。
 まずいことになったと思ったけど、なにがどう不味いのかは私にも判らない。
「俺をごまかせると思ってるのか」とか邦夫さんの乱暴な言葉が続いた後急に芳恵さんの返事が素直になった。
「足を広げるんだ」とか「指をいれろ」とか何だか変な会話だと思ったけど何の話をしてるのかまでは分からなかった。
 しばらく芳恵さんと電話で話を続けながら邦夫さんが今度は私に向き直って「おいそこに四つんばいになれ」と命じた。
 私は訳も判らずに邦夫さんにお尻を向けて両手をついて四つんばいになった。
 芳恵さんと電話を続けながら邦夫さんは後ろから私のスカートをめくり上げ、力強い勢いでさっきのように責め始めた。
 邦夫さんが芳恵さんを怒鳴りつけるような口調が何度も聞こえてなんだか様子が変だと思ったら邦夫さんが私の耳に受話器を押しつけてきた。
 芳恵さんが「お願い、入れて私にもオチ×チ×入れて」と大きな声で叫ぶのが聞こえてきて私はびっくりしてしまった。
 急に邦夫さんが腰の動きを強くしてくると芳恵さんにも私の泣きじゃくる声がきこえたらしくて「有紀ちゃん、アナルが気持ちいいのね」と芳恵さんの声が聞こえてきた。
 邦夫さんがまた私から受話器を取り上げると「この雌豚め」と何度も芳恵さんを怒鳴りつける声が聞こえた。
 邦夫さんが私から身体を離すと私は崩れ落ちるように廊下の床に倒れ込んだ。
 受話器を持ったまままだ邦夫さんが芳恵さんと何か話してるけど、なんの話しか判らない。
 何度か確かめるように聞き返した後邦夫さんは受話器を置いた。
 私は邦夫さんの足元で横になったまま動けない。
 邦夫さんが私の脇の下に手を入れて抱え上げて立たせた。
 そのままベッドルームまで私を運ぶと、邦夫さんはいつもは夫婦で寝ていたベッドに私を押し倒した。
 旦那以外男の人が入ったことのないベッドルームで他の男に抱かれるなんて、ド変態女のすることとは分かっているけどもう止められるわけない。
 邦夫さんが服を脱いで私の上に身体を重ねてくると、私は我慢できなくて邦夫さんの身体に両手を回してしがみついた。
 邦夫さんは私の両足を掴んで、いきなり足首にさっきの手錠をかけると、ベッドの柱にひっかけて縛り付けた。
 両足をいっぱいに開かせられた恥ずかしい格好で私は身動きが取れなくなった。
 邦夫さんは私に目隠しをして電気を消すと、私の花園に舌を使い始めた。
 自分でももうびちょびちょになってるのは判ってたけど、邦夫さんの舌がぴちゃぴちゃと音を立てるとやっぱり恥ずかしくて身体が暑くなった。
 邦夫さんが急に身体を離すとベッドから降りて部屋から出て行った。
 きっとトイレにでもいったんだ、すぐに帰ってくるとばかり思ってたけどなかなか帰ってくる気配がない。
 随分と時間がたってからこのまま置き去りにされたんじゃないかと気が付いて急に寒気がしてきた。
 セーラー服姿でベッドにこんな格好で縛られている所に旦那が帰ってきたりしたら大変だ。
 なんとか手錠を外そうとはしてみたけど、ちょっと動いただけでも金具が肌に食い込んで痛くてとても外せない。
 こんな所を誰かに見つかったら大変だと思って耳を澄ませてみると、誰かが玄関のドアを開けてはいってきた気配がする。
 旦那だろうか、それとも長崎君だろうかそれとも邦夫さんが戻ってきたんだろうか。
 寝室のドアが開く音がして、誰かがベッドの上に上がり込んだ。
 私の両足をしっかりと押さえながら舌先が花園に触れてきた。
 旦那がクンニなんかするわけない。
 邦夫さんが戻ってきてくれたんだと思うと急に嬉しくなった。
 私の身体はまたすぐにさっきの様に熱く燃え上がると、乾ききった花園がまたすぐにびちょびちょに濡れてきた。
 邦夫さんが身体を重ねてくると私は嬉しくて体中が震えて止まらなかった。
 繰り返し腰を巧みに使いながら責め続けると邦夫さんがまた急に身体を離した。
 ベッドから降りて出て行く気配がして私はなんだか変な気がした。
 なんで途中で止めちゃうんだろう。
 すぐに出て行っちゃうのはどうしてかしらと思った途端に私は今のはもしかして邦夫さんじゃなかったのかもしれないと気が付いた。
 いったい誰だったのと思った瞬間に私は寒気がして身体がガタガタ震えて縮み上がった。 しばらくしてまた玄関のドアの開く音がしたが、今度も誰だか判らない。
 男が明け方まで何人も私の身体を楽しむと、私は目眩がして気が遠くなった。
 部屋が明るくなって気が付いてみると、私を縛っていたはずの手錠はなく部屋には誰もいなかった。

18.強制生フェラ<< ページトップ >>20.ランジェリーパブ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII