人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

15.セーラー服

 翌朝起きてみると、旦那はいつもより早く会社に出かけたらしく部屋にはもう居なかった。
 私はもう一度叔父に相談してみようと思ったけど、やっぱり駄目だと思い直した。
 叔父は女遊びにはいろいろと詳しいみたいだけど、夫婦のことはとても叔父に相談なんかできない。
 何でも相談できる相手は私にはやっぱり大学の時の先輩の芳恵さんしか居ない。
 だけど芳恵さんはこの昨日私が痴漢に遭ったとき、自分も痴漢にあってるとメールしてきたのも変。
 本当に芳恵さんが痴漢に遭ってたのかもしれないけど、だとしたらメールなんか送ってくるはずはない。
 誰かが芳恵さんの携帯でイタズラしたとすれば話は合う。
 とりあえず電話してみようと思って芳恵さんにかけてみたけど電話口の芳恵さんは普段と同じ口調。
 やっぱり誰かが芳恵さんの携帯を使ってイタズラしたみたいなのでほっとした。
 いくら相手が芳恵さんでもランジェリーパブや、デリヘルの話はしないほうが良さそう。
 最近旦那の元気がないので、お色気ネグリジェで迫ったら立たなくなったと芳恵さんに切り出すと「そうねえ、男の人ってそうゆう事もあるみたいね」と言いにくそうに相談に乗ってくれた。
「あれが立たないっていうなら、旦那さん浮気って線もないってことよね」
「なにしろ立たないなら浮気のしようもないし」と芳恵さんが言うので私もなんだか少しは安心した。
「旦那はきっとお色気ネグリジェより別のほうが好きなんじゃないかしらね、ほらいろいろあるでしょう男の人の好きなのって」と芳恵さんが遠回しな言い方をした。
 いつもだったら何でもはっきりと言い切る芳恵さんらしくない言い方に、私は言葉の意図がすぐには分からなかった。
「別のってどんなの」と聞き返すと「だからさ、例えば女子高生のセーラー服とか、テニスウェアの白いプリーツスカートとかチアガールの真っ赤なアンダースコートとか。男の人ってそうゆうの好きみたいだから」と言われると確かに思い当たる節がいろいろある。
 旦那が隠してた裏ビデオもそんなのがいろいろあったし、旦那が撮ったチアガールのビデオもアンダースコートが映ってるのは別に編集してあった。
 芳恵さんが旦那の趣味をしってるってことは、やっぱり大学時代につき合ってたってことになる。
 どこまで深い仲だったのかは問いつめたところで、芳恵さんも旦那もしらを切るに違いない。
「だけど内の旦那そうには見えないけど」と一応は芳恵さんに言い返してみた。
「旦那に相談してもきっと、俺はそうゆう趣味じゃないって言うと思うのよね」
「男の人ってそうゆう事はやっぱり自分からは言い出せないでしょう」
「だからさ、旦那が帰ってきて寝室に入ってみたら、いきなりセーラー服姿の有紀ちゃんがベッドの上で待ってたりしてとかさ。まあいろいろ工夫してみたらいいんじゃないかと思うんだけど」と芳恵さんが言うのでやっぱり怪しい気がした。
 セーラー服姿で旦那に迫るなんてアイデアはどう考えたって普通に思いつく話じゃない。 旦那が以前芳恵さんと付き合ってるとき、芳恵さんににセーラー服を着ろと要求したって事ならつじつまが合う。
 だけど単なる思い過ごしかもしれないしはっきり証拠をつかまない限り問いつめる訳にもいかない。
 芳恵さんは男と女の事は耳年増なだけだけどその分裏の噂話もいろいろとよく知ってる。
 芳恵さんが言うんなら、やっぱり旦那はセーラー服が好きなのに違いない。
 だからスケスケの色気ネグリジェで迫ってもかえって逆効果だったんだ。
 それにこないだのランジェリーパブのビラ、よくよく思い出してみるとネグリジェ姿の女の子の横にセーラー服の女の子も映ってた。
 旦那がセーラー服の女の子が好みというのはやっぱり絶対確かだ。
 ついでにバイブの事も聞いてみようと思ったけど、旦那にバイブを使ったなんてとても言えない。
「芳恵さんバイブって使ったことある」と思い切って聞いてみたけど「そんなのあるわけないでしょ」と言われて話はそれで終わってしまった。
 あまりいろいろ聞いてもやぶ蛇になるのでひとまず、セーラー服を買うことにして電話を切った。
 さっそくインターネットであれこれ調べてみると、セーラー服を売ってる店は結構多い。
 どの店も普通の通販ショップではなく、アダルト向けのコスプレショップみたいで、他にチアリーダの衣装とか、チャイナドレスなんかも売っている。
 だいたい学校の制服なんてものは大抵学校ごとに決まってる。
 通販でセーラー服を買うなんてのはどう考えてもコスプレマニア以外居るはずはない。
 とりあえず良さそうなセーラー服を探してみたけど、デザインは普通のどこにでもあるセーラー服ばかり。
 夏用と冬用の他は襟の線が一本とか三本とかが違うだけ。
 いろいろ調べて見たけど新品で買うとどの店も結構高い。
 安い店を探してみると、中古のセーラー服を安く売ってる店を見つけた。
 店の名前はブルセラショップ「ジュネ」になってる。
 そういえばブルセラショップという名前聞いたことがある。
 ブルマーとセーラー服の事だ。
 どう見ても変な店だけど、とりあえず値段が安いのは助かる。
 お金だけ払ってうっかり変な品物が届いてもまずいと思って直接店に行ってみることにした。
 翌日旦那が会社に出かけた後、池袋にあるというブルセラショップ「ジュネ」に行ってみた。
 駅から降りて住所を確かめると、裏通りの奥にそれらしいビルがある。
 近くまで行ってみると、普通のマンションだけど店の看板も出てる。
 エレベータで上にあがると奥のドアに「ジュネ」という張り紙をしたドアがある。
 不安な気持ちでドアを開けると、奥行きのある狭い部屋にセーラー服やブルマーやらがたくさん並べられていた。
 すこし奧にはいるとセーラー服のがたくさんならんでいたので、私はなんでもいいと思って一番安いのを選んだ。
 店の奧のレジにいってみると、レジの横には有名女子高の制服が結構な値段で売られていた。
 私立女子校らしいセーラー服はデザインがしゃれた感じで旦那が喜びそうな気がした。
 中には女子中学生の写真も付いているセーラー服もあってこれはまた値段がまたさらに高い。
 いったいどんな女子が写真なんか撮らせるのかしらと思って何気なくセーラー服に留めてある写真を見てみると、どこかで見たような顔を見つけた。
 東大の五月際でチアリーディングの公演を見たときのラブファイターズの由香利さんとよく似てる気がした。
 かなり値段が高かったけど、旦那が喜んだ方がいいと思ってその写真の付いているセーラー服も買うことにした。
 レジでセーラー服の二着分のお金を払うと、これもおまけですとDVDを一枚渡された。
 黒い色のDVDには何が入ってるのか判らなかったけど、店の人の話ではこのセーラー服を着ている女の子を撮ったビデオらしい。
 DVDが付いているから値段が高いのだと理由が分かったけど、いまさらDVDだけ返す訳にも行かないので受け取った。
 他に買うようなものは無いかと店の奥に入ってみると、のれんみたいなカーテンの奥はには女性の下着がたくさん置いてある。
 それもレースのひらひらのお色気下着ばかり。
 どう見ても怪しげな男の客が黒いレースのガーターベルトを手に持っているのが目にはいって私は慌てて店から出た。
 客の男もすぐに私の後から店を出てくるのが見えた。
 男が私を追いかけてくるような気がして、私は駅まで小走りで急いだ。
 夕食の支度も終わってあとは旦那が帰ってくる時間も待つだけになって、私はさっそく買ってきたセーラー服に着替ようと包みを開いた。
 セーラー服を手にするなんてのは、高校生の時以来なので、紺のプリーツスカートを手に取るとなんだか胸が熱くなって来ちゃう。
 旦那が喜びそうなのは、どっちのセーラー服だろうと思って買ってきた二着を比べてみた。
 男の人が好きなのはやっぱりおしゃれなデザインの有名私立校のセーラー服に違いない。
 写真付きで売って来た方のセーラー服を着てみると私はびっくりした。
 スカートは私が高校生だった頃よりも信じられないくらい短い。
 ちょっと前屈みにでもなったら後ろからパンティーが丸見えになっちゃう位。
 今の女子高生ってこんな短いスカートを履くのかしらとドキドキする気分で鏡に向かって一回りしてみた。
 久しぶりに女子高生になった気分で部屋の掃除をしたり、洗濯物の片付けをしたりしてると何だか気分が浮き浮きして楽しくてたまらない。
 鏡でもう一度確かめてみると、やっぱりセーラー服を着たら髪はゴムで結んだ方が女子高生らしく見える。
 頭の後ろで髪を左右に分けてゴムで結んでみると、もう見た目は女子高生そのまま。
 何度も鏡で自分のセーラー服姿を確かめて見ては、まだまだ結構行けてると嬉しくてたまらない。
 もう一着のセーラー服をしまおうと思って包んて仕舞い直そうとすると、いっしょに紙切れが入っる。
 お店の宣伝のビラらしいけど、よくよく見ると女性のバイト募集のビラ。
 セーラー服を着てビデオを撮るとお金をもらえるらしい。
 それに女性がコスプレで男性の相手をする、風俗店の募集のビラもある。
 やっぱり男の人の中には、セーラー服のコスプレに目がない人が結構いるらしい。
 旦那がセーラー服のマニアでもちっともおかしくない話だと思えてきた。
 夜中過ぎに旦那が帰ってきたので、さっそく玄関先でセーラー服姿で出迎えた。
 旦那はドアを開けて私を見るとびっくりして目を丸くして立ちつくしたまま動かない。
 何で私がセーラー服を着てるのか理由が分からない顔つきだったので、私は「ねえ、男の人ってセーラー服好きなんでしょう」と言ってみた。
 それでも旦那は訳が分からない顔をしているので私は「だからあ、セーラー服の女の子を見ると興奮するんでしょう、男の人って」とまた大げさに言ってみた。
 芳恵さんにアドバイスされたとうっかり口を滑らせそうになったけど、慌てて口を閉じて言葉を飲み込んだ。
 私が色っぽい仕草をして何度か微笑んで見せると、やっと私がセーラー服を着た理由が分かったらしくて旦那は照れて恥ずかしそうに下を向いた。
 お腹が空いてるというのでとりあえず、先に夜食をすませることにしてキッチンにきてもらった。
 セーラー服を着たままで料理を運ぶと、旦那はちらちらと私の方を見て気にしてる様子。
 食後に台所で夕食を簡単に済ませる時は、いつもだったら旦那はお風呂に入る手順だ。
 お茶を出した後私が食器を流しに片づけると、すぐに旦那も席を立ってすぐ私の後ろから付いてきた。
 私が流しに食器置いて水道の蛇口をひねった瞬間に瞬間に旦那が後ろから両手で私に抱きついてきた。
 私は思わず「いや」と小声で叫んでしまった。
 こんな事を旦那がするのは初めてだったのでびっくりしてしまったんだけど言った瞬間にまずいと思った。
 旦那は私の体から手を離すと「ごめん、悪かった」と言って今度は私に背を向けてお風呂に行こうとした。
「何よ、途中で止めないでよ」と私がまた言うと旦那は戸惑ったようすで「だから、俺は何すれば良いんだ」と半分泣き出しそうな顔だった。
「男の人は、したい事を何でもしてもいいのよ」と私が小さい子供をなだめるように言うと「だけどいやなんだろう」とまたべそをかいたような顔で言いだした。
「いや、って言ってもホントにいやな訳じゃないのよ、いやと言われたって止めなくて良いのよ」と私が丁寧に説明すると旦那はやっと訳が分かった顔で「じゃあ、いいんだな」と良いながらまた私を後ろから抱きかかえてきた。
 私は今度はうっかり「いや」とか「だめ」とか言わないように気を付けて息を大きく吸ってため息を繰り返した。
 旦那の手が何度も私の胸を押し回した後、急に身体を捩りながら私の身体を強く抱きしめてきた。
 苦しくて息が詰まりそうになると、今度は旦那の両手が私の脇腹を何度もこするようになで上げてきた。
 目眩がして喉の奥から思わず小さく叫び声を上げると、旦那の手が私のスカートを後ろからめくり上げた。
 まるで電車の中で痴漢に遭ってるような気がして、私は足元が震えてきた。
 こねくり回すように旦那の手のひらが私のお尻に強く押しつけられてくると私はもう立って居られない。
 半分身体を預けるように旦那に倒れかかると、旦那は私の身体を抱きかかえたまま後ろから腰を押しつけてきた。
 すっかり大きくなった感触が私のお尻に押しつけられると私はもう嬉しくてたまらない。
 電車の中で痴漢にこんな事されたら絶対やだけど、相手が旦那なら話は別。
 しばらくどうやっても立たなかったのがやっと立ったと思うと涙が出ちゃうくらい嬉しい。
 このまま寝室のベッドまでなんとかなれば後は大丈夫なはず。
「ねえ、そろそろ」とそれとなく誘ってみると旦那も「うんそうだな」と息を吐き出しながら途切れ途切れに言った。
 旦那に後ろから抱きかかえられたまま私は寝室までゆっくりと歩いた。
 寝室のドアを入るともうこれで大丈夫と思って私は旦那の目の前でセーラー服を脱いだ。
 旦那の目つきがいつもと違うのが判って私は期待で胸がいっぱいになった。
 手早くこの間のスケスケネグリジェに着替えてベッドの横の鏡で念を入れて確かめた。
 下着もお色気たっぷりのレース模様だし、お化粧もしてあるしこれでばっちり大丈夫なはず。
 ベッドに入って仰向けに両足を開いて横になると、旦那もすぐに服を脱いでる。
 私はもう待ちきれなくてネグリジェの前をはだけて、足を一杯に広げて腰を浮かせた。
 旦那もやるき十分で私の前に屈み込むと、すぐに唇を重ねてきた。
 私が舌を絡めると、旦那の身体が武者震いでもするように震えるのが判った。
 思わず私が両手を旦那の背中に廻してしがみつくと、旦那の身体が背を伸ばして引きつった。
 もうこれで絶対大丈夫と思って私は両足を旦那の腰に絡めた。
 旦那が私の上に覆い被さるように腰を落として来たとき、急に旦那が「だめだ」と小さく叫んだ。
 いったい何が駄目なのと思った瞬間に旦那がまた「だめだ、やっぱりだめだ」とまた繰り返した。
 さっきまであんなに元気だったんだし、旦那だってやる気十分だったはず。
 いきなり駄目になっちゃうなんて、そんなの有るはず無い。
 私は右手を旦那の腰の下伸ばして大きさを確かめた。
 やっぱりだめ。
 立派だった物が、一瞬で子供どころか赤ちゃん並になっちゃうなんて男の人ってどうなってるの。
 この間もそうだったけどお色気スケスケネグリジェじゃ旦那は立たなく成っちゃうらしい。
 セーラー服を着てれば確かに旦那はものすごっく興奮するけど、セーラー服を脱ぐともう駄目。
 なんでこんな事になるのか、旦那が普通じゃないのか、男の人はみんなそうなのかさっぱり判らない。
 だけどセーラー服を着たままではやりようがない。
 なんとかここは一頑張りするしかない。
 私は旦那に必死で抱きつくと体を擦りつけて「ねえ、あなたあ」と甘い声で精一杯甘えてみた。
 だけど旦那は体をこわばらせたままどうにもならないまま。
 なんとかするしかないと思ったけど、どうしたらいいのか判らない。
 とっさに目を閉じて思い切り頭を仰け反らせて喉の奥から喘ぎ声をだしてみた。
 自分でもお色気たっぷりだと感心するくらいの名演技。
 旦那だって喜ぶはずと思って今度は旦那の背中をかきむしるように指で探ってみた。
 両手で旦那の背中を撫で回すと、旦那の身体が反応して小刻みに震えるのが指先に伝わってきた。
 そうよド淫乱のドスケベ女は男を誘うのが上手いのよ、私だってやればできるのよと思った瞬間に急に旦那が「俺仕事思い出した」と言い出すと慌てた様子で私から身体を離して起きあがった。
 ベッドから降りると旦那は私をベッドの上に残したまま寝室から出て行ってしまった。
 ばたばたと廊下を歩く音が真夜中の静けさの中で大きく響くと、旦那はパソコンの部屋に入ったきり戻ってこない。
 この間もそうだったけど、一人で寝るつもりらしい。
 一人でベッドの中で毛布をかぶって寝ていると、情けなくて私は涙が止まらなかった。
 いったいどうして旦那が駄目になっちゃうのか考えても判らない。
 ベッドに入る直前までは、立派な男性そのまま。
 いざというその時に急に駄目になるなんてどうなってるのか訳がわからない。
 もう私に女としての魅力を感じないって事なんだろうか。
 確かにテレビなんかで、嫁さんを女として見てないなんてことよく言ってる。
 ランジェリーパブなんかでお色気たっぷりのホステスさん口説いてる方が楽しいんだろうか。
 ランジェリーパブって下着姿で女の子が接客する所だって叔父が言ってた。
 お酒を飲むだけでお客が金を払うわけ無い。
 エッチなサービスなんかもしてもらえるんならそっちの方がいいに決まってる。
 それともシロートの人妻相手に浮気してるんだろうか。
 一番怪しいのは大学の時から親しくしてる芳恵さんだ。
 芳恵さんが旦那の趣味をいろいろ知ってるなんてどう考えても怪しすぎる。
 芳恵さんがセーラー服を着て黒のガーターベルトをつけて旦那に抱かれてる姿を想像すると悔しくてまた涙がでてきた。
 旦那が浮気してるんなら私だって浮気してやると思ったけど浮気の相手なんかいるわけない。
 身近にいる男性で私を口説いてくれそうなのは旦那の叔父だけだ。
 あんな中年のドスケベ男にしか相手にされないなんて思うと自分が情けない。
 そう思うとまた悔しくて涙が止まらない。
 何が悔しいのか自分でも判らないけど、ともかく悔しくて悔しくて腹が立つだけ。
 急に思いついたように右手をパンティーの下に入って花園をなぞってみた。
 火がついたように熱く燃え上がるともう止められない。
 そうよ私だって浮気してやんのよと、叔父に抱きしめられるのを想像してみた。
 あんなお腹の出たみっともない中年男に抱かれるなんて女なら絶対いやなはず。
 いやだと思えば思うほど抱かれたら凄いだろうという気持ちがこみ上げてくる。
 どんな目に遭わされるんだろうと想像するともうだめ。
 身体が一気に熱くなるともう止められなくなった。

14.スケスケネグリジェ<< ページトップ >>16.ガーターベルト

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII