人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

6.ビデオチャットの女

 一週間もしてようやくビデオ編集の作業が終わったらしくて、日曜日に芳恵さんがビデオを見に遊びに来ることになった。
 当日の午後玄関のチャイムがなると、芳恵さんが手土産のケーキの箱をもって訪ねてきた。
 私がコーヒーの支度をしていると、もう旦那はすぐにテレビのスイッチをいれた。
 さっそく出来上がったDVDをデッキに入れて画面が映ると綺麗にタイトルが出て、くるくると回りながら画面が変わった。
 芳恵さんは「すごい、まるでプロが作ったみたいね」と思わずコーヒーをこぼしそうになりながら感動していた。
 旦那はすっかり上機嫌で、ビデオだったらいつでも撮ってあげると芳恵さんに約束していた。
 翌日の朝、旦那が会社に出かけた後芳恵さんから電話がかかってきて「ねえ、旦那さんだけどね、他に趣味とかないの」
「ビデオに夢中になるのはいいんだけど、仕事の方はどうなのよ、ビデオの編集やってる時間があるなんて、仕事はどうしてるの」とちょっと心配そうに言ってくれた。
 大学の時旦那は物理学科だったので西浦電気に就職しときも、研究所かなにかに配属されるとばかり思って居たようだが、実際に配属されたのは「ソリューション事業部」というコンピュータの部署だ。
「内の旦那パソコンは得意なんだけど、コンピュータの仕事は好きじゃないみたいなの」と私が答えると「なまじっか、パソコンが使えたりしたから、コンピュータの部署に配属されちゃったんでしょう、パソコンなんか出来なかったらよかったのにね」とまた芳恵さんに言われた。
 私は旦那の仕事の事はよく知らないので何と答えていいのか判らなかった。
 私はこのあいだの地下鉄の痴漢の事が気になって芳恵さんならなにか知ってるかもしれないと思い「ねえ、前からあの地下鉄痴漢多かったなんて話しあったかしら」と遠回しに聞いてみた。
「あ、あの地下鉄ね、最近痴漢すごいのよ、ほら乗り換えできたでしょう」
「インターネットの掲示板になんか、痴漢に遭った女の子の隠し撮りとか堂々と平気で投稿してるくらいよ」とさっそく教えてくれた。
 私がなるほどと思って聞いていると、いきなり「あなたもこの間痴漢にあったんでしょう」と突っ込まれた。
 私が思わず返事の困って口ごもると、痴漢に遭ったと決めつけられてしまったみたい。
「そうよねえ、痴漢に遭いたくてあの地下鉄に乗る人妻もいるくらだから」とまるで当たり前の口調。
「ところでさあ、有紀ちゃん。旦那はあっちの方はどうなの」とまた芳恵さんが心配そうな口調で聞いてきた。
 あっちの方と言えばもちろん夜の夫婦生活の事だ。
「あまり気が進まないみたいなの、だからあまり」と私が中途半端に答えると「そうよね、旦那は頭使う仕事だから、あっちの方は全然だめよね」
「だったらさあ、不倫よ、不倫、満足させてくれる男性を見つけるのよそれしかないのよ」とまた強引に話しを向けてきた。
「ほら最近はインターネットで不倫相手見つける奥さん多いのよ」と言われて、そういえばこの間のテレビの深夜番組でもそんな話しをやっていたと思い出した。
「ところで、旦那に仕事の事は一度よく話しを聞いておいた方が良いわよ」と芳恵さんが話しを旦那の話題に戻したので私も「そうね、やっぱり一度旦那の気持ちを確かめた方が良いかもしれないわね」と適当に返事をした。
 旦那が帰ってきてから「仕事のほうは今どうなの、やりがいがある仕事なの」と聞いてみた。
 すると旦那が言うには「今の仕事は大学の時の物理学とは全然関係なくてね、金融関係の仕事なんだ」
「手形だの小切手だの俺には訳の分からない言葉がいっぱい出てきてまったくうんざりだ」と滅多に私には愚痴をこぼさない旦那が、随分と困った顔で話しを続けるので私はびっくりしてしまった。
 私が気が付かなかっただけで旦那は今の仕事がいやでしょうがないらしい。
 だけど聞きたいのは仕事の話しだけじゃない。
「下請けの会社にも若い女の子のプログラマーとかいるんでしょう」とそれとなく探りをいれてみた。
 だけど旦那は何の話しか気が付かない様子で「下請け会社の女なんてろくなのは居ないよ、仕事もろくにできなくて」とまた愚痴が始まった
 旦那がため息混じりに打ち明けてくれるのを聞いていると、これではいけないような気がして「ねえもっとやりがいのある仕事に回してもらったりはできないの」と言ってみた。
 すると旦那は「そうだな、いつまでもこんな仕事してても仕方ないからな」とつぶやくように答えた。
 週末になって旦那がいつもより早く帰ってくると嬉しそうな顔で「これからは、宇宙開発の仕事をさせてもらえるんだ」と話してくれた。
「頼んでみたらちょうど俺にぴったりの仕事で人が足りなくて困ってるんだそうだ」と旦那は上機嫌。
 私はお祝いにビールの栓を抜いて旦那にお酌をしながら「それでどんな仕事なの」と聞いてみた。
 旦那は私のことなど上の空で「今度の仕事はね、人工衛星を使った航空管制システムなんだ」
「ほらGPSっていうのあるだろう自動車のカーナビに使ってるシステムで、人工衛星を使って自分の位置が分かる奴、あれを航空機の管制に使うんだ」
「自動車と同じ事やっていたら位置の精度が足りないから、今回特別な技術を使うことになってね」
「来年の一九九九年の八月に打ち上げられる多目的衛星のMTSATというのを使うんだ」
「そのソフトがどうしても上手く出来なくて、困り果てていたという話しを聞いてね」
「『俺ならやってみせます』と売り込んで志願したんだ」と得意そうにしゃべり続けた。
 私は少し心配になって「ねえ大丈夫なの、今度の仕事大変なんじゃないの」と聞いてみると「大丈夫だ、俺に良いアイデアがあるんだ」と自身たっぷりの返事。
 私は旦那が言うようにうまくいくのかしらと不安な気持ちになったけど何も言い返せなかった。
 旦那はビールを飲み終わるとさっそく部屋に閉じこもってパソコンをいじりはじめた。
 会社の人工衛星用コンピュータを旦那の部屋のパソコンからインターネットで使ってるらしい。
 もちろんそんなことは会社からは禁止されてるけど、旦那はこっそり会社のコンピュータを細工したらしい。
 直接には人工衛星用のコンピュータには繋ぐことはできないけど、旦那が今まで使ってた会計ソフトのコンピュータには誰でも簡単に繋げられるんだとか。
 その会計ソフト用のコンピュータ経由でなら、人工衛星用のコンピュータにも簡単につながるらしい。
 うっかりそんな話し人に漏らしたら大変なことになるので私は黙ってるより仕方ない。
 旦那は会社からは結構早く帰ってくるけど食事の後は、パソコンを置いてある部屋に閉じこもりっきりで、夜遅くまで仕事に夢中でいつ寝たのかも私には判らないくらいだ。
 一週間ほど経って夜中に私が夜食とコーヒーのお盆を持って旦那の部屋に入ろうとすると部屋の様子がなんだか変。
 おそるおそるドアを開けて旦那の様子を伺うと旦那は誰かと話してるらしい。
 頭にヘッドホンを着けて、マイクを使って話してる。
 もちろん旦那がテレクラになんか電話するはずはない。
 パソコンの画面には赤い服を着たメガネの女の子が映ってる。
 私はこれはビデオチャットだとピンと来た。
 とすれば相手は人妻。
 なんのことはない旦那は人妻相手のビデオチャットに夢中で仕事なんかしてなかったんだ。
 会話は弾んでるらしくて旦那は楽しそうに笑ってる。
 私と話すときはいつも退屈そうな顔してるのに。
 しばらく様子を伺っていると旦那は私に気が付いたのか、慌ててパソコンのウィンドウを閉じてヘッドホンもテーブルの下に隠した。
 翌日旦那が会社に出かけてから旦那のパソコンを調べるとやっぱり小型のビデオカメラがディスプレーの上に取り付けてある。
 それにテーブルの下にはマイク付のヘッドホンも入ってる。
 きっと何処かの人妻チャットクラブかなんかに入会してるに違いないと旦那のパソコンをあれこれ調べてみたけど、なにがどうなってるのか判らない。
 いろいろパソコンを弄ってるうち、この間のチアリーディングのビデオ画像が出てきた。
 だけど見てると変だ。
 この間芳恵さんに見せたのとは違う。
 女の子が足を上げた時に見えるアンダースコートばかり大写しになってる。
 そういえば旦那のビデオカメラ普通に撮影しても後でズームで大写しに編集できる最新式。
 どうやら旦那はチアリーダーのアンダースコートが大好きらしい。
 それで二つ返事でチアリーディングの撮影なんかを引き受けたんだ。
 部屋で夢中になってやってたのは、会社の仕事なんかじゃなくてこのアンダースコート大写しのビデオの編集に違いない。
 まったくあきれ果てて物も言えない。
 さらにその上今度は人妻チャットクラブだ。
 私ははらわたが煮えくりかえって、どう旦那を問いつめてやろうかと頭に血が上った。
 夕方旦那はいつものように早めに帰宅するとパソコンの部屋にこもってまたビデオチャットしてる様子。
 私は何と言って旦那をとっちめようかと思案はしてみるが上手い手は思いつかない。
 もう夜遅くになって、ひとまず旦那の夜食を買いにコンビニに行くことにした。
 公園の前を通り過ぎると丁度赤いセーターを着たメガネの女の子がトイレから出てきた。
 ジーパン姿の女の子は公園の入り口の門の前で回りをきょろきょろと見回してる。
 この女きっとテレクラにでも電話して男と待ち合わせしてフェラチオをしてたあの時の女に違いない。
 私は腹立ち紛れにコンビニで激辛のカップヌードルを買って家に戻った。
 この激辛カップヌードルは、テレビでもやってたけど飛んでもなく辛くて舌が痺れるくらいだ。
 ついでに唐辛子もいっぱい入れてやった。
 旦那の部屋を軽くノックして「夜食が出来たわよ」と言って部屋に入ると私はびっくりした。
 さっきの女だ。
 赤いセータを着てる。
 それも旦那のすぐ横に座って旦那に肩をよせてる。
 いったいなんてことなの。
 あのテレクラのフェラチオ狂い女がなんでここにいるよの。
 私は腹が立って旦那のパソコンの横に立って「あなたカップヌードル出来たわよ」と大声で言った。
「あ、奥さん失礼してます」と言って振り向いた赤いセーターのメガネの女、女じゃ無くて声が男。
 よくよく顔を確かめると、お化粧もしていない顔は確かに男だ。
 それもどっかで見たことがある。
 あの五月祭の囲碁部の合コンで中浦二段プロポーズしてた長崎君だ。
「あ、お腹すいてるだろう、よかったら食べてくれないか、俺はいいから」と旦那が長崎君にカップヌードルを勧めた。
 まずいと思ったがもう遅い。
 長崎君私の用意した激辛カップヌードルをするすると食べ始めた。
 追加の唐辛子もたっぷり入れてある激辛カップヌードル、出された以上食べないといけないと思ったのか長崎君必死で食べてる。
 あまりの辛さに鼻水と一緒に涙も流してる。
 無理して食べなくて良いのにと思ってると、どうやら長崎君嬉しくて泣いてるらしい。
 この激辛カップヌードル、長崎君にはとても買えない値段らしくて、こんな豪華なカップヌードルを食べさせてもらって感激してる様子。
 まあ本人が喜んでるんだから、私が悪い訳じゃない。
 長崎君が何で旦那の部屋にいるのか、長崎君が激辛カップヌードルを食べている間に旦那が一応は説明してくれた。
 長崎君旦那の仕事を手伝ってるらしくて、それで旦那と度々ビデオチャットしてたらしい。
 それでビデオチャットではどうにも話しが通じなくてとうとう家まで来たらしい。
 赤いセーターを着てるのは、お金がなくて田舎からお姉さんのお下がりのセーターを送ってきてもらってるせい。
 髪が長いのはお洒落で長くしてるのではなく散髪代がないだけ。
 メガネもお洒落ではなく前に使ってたメガネを無くして仕方なく特売で一番安いのを買っただけ。
 ジーパンもお洒落ですり切れたのを穿いてる訳ではなく、よく見ると本当にすり切れてる。
 女物の赤いセーターを見て私が長崎君の事を女と思いこんだだけで結局私の早とちりだっただけみたい。
 べつに意識して女っぽくしてるってわけでもないらしい。
 やれやれ一安心とは思ったけど、なんか今ひとつ納得が行かない気分。

5.テレホンクラブ<< ページトップ >>7.人妻チャット調教

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII