人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

14.スケスケネグリジェ

 学会発表は準備は大変だが、始まってしまえば観光旅行をしてるような物。
 しばらくは研究室はお休みになる。
 学会が終わるまでは実験医学研究所でのアルバイトは当分暇なので、ひさしぶりに気分転換でもしようと思って、デパートに買い物にでかけてみた。
 デパートの婦人服売り場を適当に見て歩いたらずいぶんと気が楽になった。
 ひさしぶりに婦人物の下着売り場なんかも見て回ると、信じられないようなお色気たっぷりの下着やネグリジェが並んでる。
 テレクラの男も私がスケスケネグリジェを着てると聞いただけで鼻息が荒くなった。
 男の人って女性のお色気ネグリジェには弱いらしいがとても旦那と一緒に買いになんか来れない。
 ついでに旦那の服も見ていこうと他の階にも回ってみたら結構かっこいい男の子もいる。
 もしかしてナンパでもされちゃったらどうしようかと思ったけど、デーパートの中でナンパなんかされるわけない。
 そういえば駅前の広場で待ち合わせのフリをして立ってるとナンパされるとか聞いたことがある。
 試しに池袋の駅前の大通りにをしばらく行ったり来たりしてみたけど、ナンパなんかされる気配は全然ない。
 あきらめて家に帰って見ると玄関の前に紙くずが散らかってる。
 家を出るときは気がつかなかったけど昨日の夜からあったみたい。
 破いて捨てたらしい紙の切れ端には女性のネグリジェらしい姿が見える。
 それも超ミニのスケスケでデパートで見たお色気ネグリジェと比べても大胆すぎるデザイン。
 どうもこれは変だとピンと来た。
 私は玄関の前に散らばってる紙切れを拾えるだけ拾って部屋に戻ると紙を繋ぎ合わせてみた。
 丁寧に端から並べてみると、名刺くらいの大きさの紙。
 ピンク色の文字はランジェリーパブと読める。
 見た感じは何かの宣伝のビラみたい。
 よくよく見るとこのビラは電話ボックスなんかに貼り付けてある風俗店のビラらしい。
 他にももう一枚ビラらしい物があって、バイブレータの説明書みたいな紙。
 誰かがわざと嫌がらせに玄関に置いたんだろうか。
 どう考えても思い当たる節はない。
 だいたい風俗店のビラを破いて捨てても嫌がらせになんかならない。
 昨日旦那の帰りは遅かったので旦那がドアの前で破いて捨てたというのは有りそうな話し。
 そうなるとまた話は別。
 女が客の相手をする店というのは怪しすぎる。
 このランジェリーパブとかで旦那が店の女の子を相手に浮気をしてるという事かもしれない。
 ここの所旦那は仕事が忙しいからと言って言い訳してあっちのほうは全然だけど、浮気してるってことなら話があう。
 いくら忙しいからといって男なんだから浮気でもしてないかぎり全然だめなんてことある訳ない。
 だけどランジェリーパブってなんなんだろう。
 ランジェリーと言うからには下着のこと。
 女の子がお色気下着を着てるってことらしいけど、下着くらい着てるのは当たり前。
 だけど風俗の店なんか行ったことがないから判らない。
 旦那が浮気してると決まった訳ではないけど、どうしたらいいのか判らない。
 誰かに相談しようかと思ったが、大学の先輩の芳恵さんは女だしランジェリーパブになんか知ってるはず無い。
 私はこの手の事だったら旦那の叔父に相談してみるのが一番よさそうだと思いついた。
 旦那の叔父は、旦那よりかなり年が上でいろいろと経験豊富な顔してる。
 旦那の浮気の相談なら、旦那の叔父が一番いい相談相手に違いない。
 とりあえず電話をして話を聞くだけでも聞いてもらおうと受話器を取った。
 電話に出た叔父に何と言って話したらいいのか判らなくて「あの、郵便受けにランジェリーパブのアルバイト募集のビラが入ってたんですけど」と適当に思いついたまま言ってみた。
「あ、ランジェリーパブだったらデリヘルじゃないからバイトしても大丈夫安心だよ」といきなり叔父が言いだした。
 デリヘルじゃないってどうゆうことなんだろう、だいたいデリヘルってのがよくわからない。
「デリヘルってなんですか」と思わず言葉が先にでてしまった。
「有紀ちゃん、デリヘルで働きたいんだね、いや隠さなくてもいいんだよ」と勝手に叔父が言い出すので私は呆れてしまった。
「女だったら誰でもデリヘルで働きたいと思うからね」
「何しろ毎晩男とセックスできるんだからね」
「それに、デリヘルは一度やったらもう止められないからね」
「男が欲しくてたまらない身体に成って、毎晩男を取るのが止められなくなるんだ」
「有紀ちゃん本当は結婚前はデリヘルでバイトしてたんだろう」と叔父が勝手に決めつけるので私はびっくりしてしまった。
「いやそうじゃないんです、ランジェリーパブってどうゆう所なんでしょうか」と私はうなんとか言い直してみた。
「ランジェリーパブだったら男と遊びたい人妻にはぴったりだよ、お金も入るし楽しめるしね」
「女だったら誰でも一度はやってみたいバイトだよ、人妻ならなおさらだね。男に口説かれる気分を味わうなら、ランジェリーパブ。すぐに男が欲しいならデリヘルだね」と叔父はアルバイトの相談だと思ったのかどうも話しが通じない。
 これはしょうがないとおもって「旦那がランジェリーパブで浮気してるらしんです」と話しの矛先を変えてみた。
 さすがに叔父も一瞬言葉につまったけど「それはだね、男だったら誰でもランジェリーパブで遊んだり位の事はするからね」と全然平気な口調。
 私が強く「でも浮気なんですよ」と言ってみても「男ってのは浮気をしてやっと一人前の男なんだよ。それに相手の女がランジェリーパブの女なら安心だよ、相手はプロだから金で話しは済むから」と相変わらずトンチンカンな話が続くだけ。
「だからあ、浮気してるか確かめたいんです」と一番肝心な事をやっとの思いで切り出すと「それならいい方法があるからやってごらん」とやっと相談に乗ってくれた。
「もう間違いなく浮気が一発で判る方法あるんだ、それはね怪しいと思った夜にスケスケのネグリジェとパンティーを着てね、旦那に迫るんだ」
「浮気した後は、男ってのは二度目はできないからすぐわかるよ」と叔父が笑いながら言うので、なるほど男の気持ちはやっぱり男の方がよく分かるものだと納得した。
「それでビラは他にはなかったのランジェリーパブの他に」と叔父に言われて私はバイブの事も聞いてみることにした。
「バイブレータ使うとデリヘルで働きたくなるって本当ですか」とそれとなく言ってみると叔父は驚いた様子もなく「旦那が相手をしてくれなくて、パイプ狂いになる人妻は結構いるからね、そうなったらデリヘルで働きたくなるのもしょうがないよ。旦那が悪いんだからねもとはと言えば」と随分といろいろ知ってる様子。
 人妻がバイブに夢中になるのは、珍しいことでは無いらしいのでほっとした。
 バイブには色々と形があってそれぞれ使い方が違うらしい。
「俺はバイブの使い方を教えるのが旨いんだよ、もう本当なんだから」と叔父が言いだしたのでこれはちょっと都合が悪くなりそう。
 もうすぐ旦那が帰る時間だからと適当にいい訳をして電話を切った。
 叔父の話を聞いてなるほどスケスケのお色気ネグリジェをデパートで売ってる理由が判った。
 だけどデパートでみたお色気ネグリジェは目の玉が飛び出るほど値段が高い。
 インターネットの通販ならもっとやすいはずと早速探してみた。
 あれこれ探して見ると結構安いのもあるので一安心。
 とりあえずランジェリーパブの宣伝ビラで見たのと似た感じの、ミニ丈のお色気ネグリジェと、スケスケのレース模様のパンティーを注文した。
 他に買う物はないかと探してみると、同じインターネット通販の店でバイブレータも売ってる。
 色や形もいろいろあって、男性の形そっくりの物もあってびっくりした
 これは誰かに教えてもらわないと判らないと思ったけど、叔父に聞くのはちょっと出来そうにない。
 あれこれ見たあと適当によさそうなのを選んで一緒に買うことにした。
 三日ほどたって、宅急便で届いたスケスケネグリジェとパンティーを確かめて見ると私はびっくりした。
 本当に生地がスケスケでこれじゃ何も着てないのと同じ。
 なるほどこれがランジェリーパブの女の子の衣装なのかと納得した。
 これなら男の人は喜ぶはずだ。
 旦那がランジェリーパブに通うってのも無理のない話。
 バイブレータも形が凄くて、一度体験したら病みつきになりそう。
 さしあたって私は旦那に見つからないように押入の奥にこっそり隠した。
 しばらくして旦那の帰りが夜中過ぎになった夜、私は今日こそ不倫と問いつめるチャンスだと直感した。
 旦那がお風呂の後寝室に入ったのを確かめて、私は隠して置いたスケスケネグリジェを引っ張り出した。
 実際に着てみるとレース模様の薄い生地は丸裸で何も着てないのと同じで、アンダーヘアーも丸見え。
 自分でも驚いちゃうほどの大胆で凄すぎるくらい。
 だけどチャンスは今しかないと思い詰めて私はスケスケネグリジェを着て寝室に入った。
 旦那はまだ裸のまま、タオルで体を拭いてる。
「ねえあなた」と旦那に声を掛けると、旦那が振り返って私を見た。
 その瞬間に旦那の目がぎょっとして驚いた顔をして固まった。
 視線が私の下半身に凍り付いて離れないのを私は見逃さなかった。
 これならうまく行きそうと思った次の瞬間旦那はいやな顔をして横を向いてしまった。
 これは絶対に旦那が浮気してるんだと私はピンときた。
 私は「ねえあなた浮気しるんでしょう、仕事だとかいって本当は浮気なんでしょう」と旦那の前に歩み寄って強引に迫った。
 旦那の顔が怒ったように、私の顔をにらみ付けてきた。
 こうなったらとことん追いつめるしかない。
「今日もランジェリーパブで女と遊んできたんでしょう」と私が強い口調で問いつめると旦那の表情が変わった。
 やっぱり不倫してるらしい。
 これはまずいと思ったのか旦那はすぐに私をベッドに押し倒してきた。
 いつもなら遠慮がちな旦那の手の動きが今日に限って随分と大胆だ。
 そうよ男はこうでなくちゃ、乱暴なくらいの強引さに女は弱いのよ。
 これは上手く行ったと私は心のなかでほくそ笑んだ。
 旦那の手がネグリジェの上から私の胸をわしづかみにしてきた。
 痛くて叫び声がでそうになったけど我慢するしかない。
 旦那の手がすぐにスケスケパンティを掴んで引きずり降ろした。
 旦那だってやっぱり男、一度火がついたらもう止められないはず。
 期待で胸がいっぱいになってもう嬉しくてたまらない気分。
 だけど、急に旦那の動きが止まった。
 どうもなんだか変だ。
「ねえあなた、どうかしたの」と聞いてみると旦那は「どうも変だ、変だな」と呟いた。
「何が変なのよ、このネグリジェどっか変」と聞いてみると「あ、いやそうじゃなくて、立たないんだ」と旦那が言いだした。
「何が立たないのよ」と私は半分言いかけてから大変なことに気が付いた。
 旦那のあれが立たないらしい。
 いつもなら私の胸をいじってるとすぐにピンピンになってるのにいつもと違う。
 旦那も困った顔をしてるが、立たない物は立たない。
 自分の意志ではどうにもならないらしくて旦那は済まなそうな顔をするだけ。
 私はとっさに通販で買ったバイブレータを思い出した。
 女が気持ちよくなるなら、男だって気持ちがよくなるに違いない。
 押入からバイブレータを取りだして旦那に渡すと「これ、使うのか」とあまり気乗りしない様子。
 電源を入れると、申し訳なさそうに私の腿に軽く当ててきた。
「そうじゃなくて、あなたが使うのよ」と私が言っても、要領が判らないらしい。
 私が旦那の手からバイブレータを取り上げると旦那の股間に押しつけた。
「おいだめ、止めろ」と旦那が叫んだけど止めるわけにはいかない。
 女が気持ちいいんだから男だってすぐ気持ちよくなっておっきくなるはず。
 男の人は先端が一番感じるはずだと思って、バイブの先をまだ小さいままの旦那に押しつけた。
「ああ、だめだ」と旦那が叫んだ瞬間に私の手に冷たい飛沫がはねた。
 こんなはずはない。
 まだ小さいままなのに終わっちゃってるなんてどうゆうことなの。
 こんなのってあるのと思ったけど、男の人ってどんな仕組みになってるのか判らない。
 旦那が急に「俺ちょっと仕事思い出した」と言って寝室から出て行ってしまった。
 しばらく待っても帰って来ないので、おそるおそるパソコンの部屋を確かめてみると電気がついてない。
 こっそりとドアの隙間から覗いてみると旦那はいつも長崎君が寝てるソファに横になってる。
 これはまずいことになったと思ったけど旦那にどう声をかけていいのか判らない。
 寝室に戻って一人でベッドに横になってみたけど、気持ちがむしゃくしゃして寝る気分にはなれない。
 寝返りを打つとちょうど手元にさっき旦那に渡したバイブが指に触れた。
 布団の下で使えばバイブの音は旦那には聞こえないはず。
 スイッチを入れて音を確かめるともう我慢できない。
 感じる所に押しつけると心地よい振動が伝わってきた。
 もう旦那の事は考えたくない。
 そうよ私はテレクラに電話して相手の男に近くの公園に呼び出されるのよ。
 いけないとは思っても妄想が始まるともう止められない。
 私は公園のトイレでレイプされるのを想像して、バイブを繰り返し感じる所に押しつけた。

13.バイブレータ<< ページトップ >>15.セーラー服

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII